スキンケア大学 ヘルスケア大学 メンズスキンケア大学

シミ・そばかす対策におすすめの化粧品

くすみの原因7つ!透明肌を取り戻すスキンケア方法とは

更新日:2018/05/29 公開日:2018/05/29

「あれっ、なんだか顔が疲れている?顔色が暗いような……」鏡をのぞき込んだときに、このように感じることはありませんか。顔の印象を左右する肌のくすみは、なぜ起きるのでしょうか。ここでは、くすみの7つの原因とセルフケアによるアプローチ方法について解説します。

くすんだ肌とは

肌のくすみとは、肌の色がくすんで見える症状を指します。具体的には、目のまわりや頬をはじめ、顔の肌の透明感が失われたり、赤みがなくなって黄色っぽさが目立つ状態です。肌の明るさやツヤも失われて暗く見えるため、年齢を感じさせない肌を目指すうえで対策したいもの。しかし、くすみの原因は1つではありません。そのため、原因に応じた対策が重要となります。まずはくすみの7つの原因をご紹介しましょう。

肌のくすみの7つの原因

顔のくすみの原因は、主に7つ考えられます。

肌の乾燥

肌が乾燥すると、肌表面のキメが乱れます。キメの乱れは肌の凹凸が増えることにつながり、皮膚表面に当たった光の乱反射を起こします。それにより、肌がくすんで見えるようになってしまいます。

メラニン色素の蓄積

メラニン色素は、紫外線から細胞を守るために肌の表側にある表皮で作られる色素です。通常は表皮の細胞の代謝によって徐々に排出されるメラニン色素ですが、なんらかの要因でスムーズに排出されないと色素が残り、くすみの原因となります。

角質の蓄積

肌の表面に古い角質が蓄積すると、肌の色が暗く見えます。角質とは、肌の表面にある角質層の細胞のこと。古い角質細胞は本来ターンオーバーの中で自然とはがれ落ちますが、それがはがれ落ちず肌表面に残ることがあります。不要な古い角質細胞は、通常よりも色が黒っぽく、透明感もありません。その古い角質がたまることで、肌全体のくすみを招くのです。

血行不良

血行がよいと肌はうっすら赤みを帯びて生き生きとした色をしていますが、血行が悪くなるとその赤みがなくなり、青黒っぽく見えるようになります。血行不良は疲労や睡眠不足、運動不足などが原因となります。また、タバコにも血行を悪くする作用があります。

糖化

肌のタンパク質が糖化し、黄色もしくは茶色っぽく見える状態が糖化によるくすみです。糖化とは、食事でとりすぎた糖質が体内のタンパク質と結合し、AGEs(糖化最終生成物質)へと変質させる現象のこと。いわゆる肌の「黄ぐすみ」の原因になるほか、肌の弾力を実現するコラーゲンを変化させて弾力を失わせる原因にもなります。

濃い産毛

うぶ毛はカミソリで処理しているという方も多いかもしれませんが、このうぶ毛を放置することでくすんで見える場合があります。

古くなった化粧品などによる油やけ

古くなった化粧品などによる刺激性皮膚炎や炎症後の色素沈着により、肌がくすむことがあります。メーキャップアイテムには基本的に油が使われており、その油が酸化して肌トラブルの原因となるのです。また、化粧をした後、夜落とさないで寝るのも油やけの原因となります。

このように肌のくすみの原因は1つではなく、できるだけ原因に適した対策をすることが大切です。では、どのような対策方法があるのでしょうか。まずは日ごろのスキンケアの中でできるケア方法を見てみましょう。

スキンケアによる肌のくすみ対策方法

スキンケアが大切になるのが、メラニンによるくすみや肌の乾燥によるくすみ、角質の蓄積によるくすみです。順番にスキンケアでできるケア方法について解説します。

美白成分をスキンケアでとり入れる

メラニン色素によるくすみの場合、シミなどのケアと同じく美白ケアがおすすめです。美白ケアを行ううえでおすすめなのが、日焼けによるシミなどへの効果を認められている医薬部外品の美白成分が配合されたスキンケア化粧品を使用すること。たとえば、以下のような美白成分があります。

  • ビタミンC誘導体
  • アルブチン
  • プラセンタエキス
  • トラネキサム酸
  • コウジ酸
  • エラグ酸
  • リノール酸
  • カモミラET
  • 4MSK(4-メトキシサリチル酸カリウム塩)
  • m-トラネキサム酸(トラネキサム酸)
  • アルブチン
  • ビタミンC誘導体
  • エナジーシグナルAMP など

このような美白成分を配合した医薬部外品の化粧水や美容液、クリームなどを選択し、メラニンによるくすみにアプローチしましょう。なお、スキンケアで美白を意識するだけではなく、紫外線対策も同時に行うようにしましょう。

保湿ケアを心がける

肌がゴワついたりカサついたりといった乾燥を感じる場合は、保湿ケアを心がけることが大切です。以下のような保湿に効果的といわれる成分が配合されたスキンケア化粧品を選ぶようにしてください。

  • セラミド
  • スフィンゴ脂質
  • ヒアルロン酸
  • コラーゲン など

これらの成分はもともと人間の皮膚にも存在するものですが、化粧品で肌の外からとり入れることで、角質層で水分をたくわえる働きを期待できます。

また、普段のスキンケアで化粧水しか使わないという方で乾燥が気になる場合は、化粧水の後に乳液やクリームをプラスして、肌に油と脂溶性の美容成分を届けましょう。それに加え、普段から肌をゴシゴシとこするような洗顔をしている場合には、たっぷりと泡立てた洗顔料でやさしく洗うことを心がけるとよいでしょう。洗顔後に肌のうるおいを残すには、できるだけ刺激せず、やさしく洗うことが大切です。

適度な角質ケアを行う

肌の表面に蓄積した古い角質は、ピーリングで取り除くことができます。古い角質によるくすみには、AHAやBHAといったピーリング成分が配合された洗顔料などを適宜使用し、肌表面の角質を取り除くケアも有効です。

ただし、ピーリングは肌への刺激が比較的強いケアです。市販のピーリング剤はクリニックなどで使用するピーリング剤よりも弱い傾向がありますが、肌に負担がかかるケアであることを意識し、あまり頻繁に行わないことが大切です。ピーリング製品のほとんどには使用頻度の目安が記載されているため、それ以上に頻繁には行わないようにしましょう。

くすみ対策におすすめの化粧品5選

ここでは、肌のくすみケアに活用できる美容家おすすめの製品を紹介します。

サエル ホワイトニング ローション コンセントレート(DECENCIA ディセンシア

くすみ対策におすすめの化粧品 DECENCIA(ディセンシア) サエル ホワイトニング ローション コンセントレート DECENCIA

販売価格(編集部調べ):5,400円(税込)
内容量:125ml
医薬部外品

おすすめの理由
通常のセラミドの1/20のサイズにカプセル化された高保湿成分「セラミドナノスフィア」が配合されている化粧水です。角質をしっかりうるおいで満たすようにアプローチしてくれるから、浸透力が高く感じるのが特徴。薬用美白化粧品なので、透明感にも働きかけてくれます。

監修者の写真 一般社団法人 時短美容協会 代表理事 並木まき

使ってみた感想
みずみずしいテクスチャが特徴の薬用美白ローションです。じっくりと肌に浸透させるかのように丁寧にハンドプレスしてお手入れしていくと、うるおいに満たされている実感があります。

ホワイトプロセス エッセンス OP(イプサ)

くすみ対策におすすめの化粧品 IPSA NEW ホワイトプロセス エッセンス OP イプサ

販売価格(編集部調べ):12,960円(税込)
内容量:50ml
医薬部外品

詳しくはこちら

おすすめの理由
リニューアル発売された製品。イプサ独自のコンプレックス成分DMオプティマイザーを配合し、メラニンを含む細胞にアプローチしていくため、初めて“くすみ”ケアを取り入れたい人でも手応えを感じやすいアイテムだと思います。

監修者の写真 一般社団法人 時短美容協会 代表理事 並木まき

使ってみた感想
しっとりした使い心地が特徴で、うるおしながら美白効果が期待できる美容液です。やわらかいテクスチャなのでデイリーのお手入れに加えやすく、使い続けると、お肌のトーンが変わったように感じました。

ホワイトニングローション(オルビス)

くすみ対策におすすめの化粧品 オルビス ホワイトニングローション オルビス

販売価格(編集部調べ):1,944円(税込)
内容量:180ml
医薬部外品

おすすめの理由
ダブルでビタミンC誘導体を配合したパワフルなローション。「速攻」×「持続」に着目して作られているため、シミができやすい肌を痛感していて、本格的な美白ケアを始めてみたい人にも手に取りやすいアイテムです。

監修者の写真 一般社団法人 時短美容協会 代表理事 並木まき

使ってみた感想
透明感を高める保湿成分を配合し、白肌へと導いてくれる化粧水なので、紫外線が特に気になる時期に頼りになるアイテムです。パワフルな成分を配合していますが、やわらかい使い心地で、敏感になっている肌状態のときでも使えています。

HAKU|メラノフォーカスV(資生堂)

くすみ対策におすすめの化粧品 HAKU メラノフォーカスV 資生堂

販売価格(編集部調べ):10,800円(税込)
内容量:45g
医薬部外品

詳しくはこちら

おすすめの理由
シミの根本原因に働きかける薬用美白美容液。美白有効成分の「4MSK」と「m-トラネキサム酸」を配合した本格派です。お肌にダイレクトにアプローチする美白ケアを始めたい人には頼りになる美容液です。

監修者の写真 一般社団法人 時短美容協会 代表理事 並木まき

使ってみた感想
なめらかでやわらかいテクスチャが特徴です。お肌に塗ると、塗った直後からしっとりとしたふっくら感が実感できています。肌から浮くこともなく、しっかりと密着しているような使い心地なので、肌が疲れているときでも使いやすく、重宝しています。

HAKU|メラノクール ホワイトソリッド(資生堂)

くすみ対策におすすめの化粧品 HAKU メラノクール ホワイトソリッド 資生堂

販売価格(編集部調べ):10,800円(税込)
内容量:45g
医薬部外品

詳しくはこちら

おすすめの理由
固形状のクリームで、ひんやりとした冷感触が夏に使いやすい美白ケアアイテム。冷蔵庫で冷やして使うため、お肌のほてりが気になる時期に、クールダウンさせながら美白ケアができます。

監修者の写真 一般社団法人 時短美容協会 代表理事 並木まき

使ってみた感想
肌に塗ると、クリームが溶け始め、やわらかいテクスチャに変化します。ほてっている肌に塗ると、ほどよく肌を冷却してくれる実感があり、うるおいも与えてくれる実感があります。肌がほてるとメラニンの増殖を促がすと言われているため、手元にひとつあると、夏の間のお守りコスメとしても重宝します。

くすみ対策に気をつけたい生活習慣

スキンケアのほかにも気をつけたいのが、生活習慣です。睡眠や食事などの生活習慣も見直し、くすみを感じにくい肌を目指しましょう。

血行をよくする習慣

血行不良は青黒っぽいくすみのもとです。加齢によって血行は悪くなりがちですが、疲労や睡眠不足などさまざまな要因で血行不良が起きます。以下のようなポイントを心がけ、血行をよくする生活を心がけましょう。

  • お風呂につかる
  • ホットタオルで顔や肩をあたためる
  • 有酸素運動をとり入れる
  • マッサージを行う
  • 禁煙する

ただし、マッサージはやり方を間違えると肌に大きな摩擦刺激を与え、色素沈着の原因となる可能性もあります。マッサージをする場合には、必ずクリームなどを使用してすべりをよくするようにしてください。

糖化しにくい食生活

糖化は、血糖値が急激に上昇したり、血糖値が高い状態が続くことで起こりやすくなります。すでに糖化してしまったタンパク質は食事を変えても元に戻りませんが、さらなる糖化を防ぐためにも、食事では以下のような点に気をつけるようにしましょう。

  • 糖分の過剰摂取をやめる(炭水化物も含む)
  • 食物繊維の豊富な食品から食べ始める
  • 血糖値の上昇を穏やかにする酢をとり入れる
  • 早食いのクセがあればゆっくり食べるようにする

食物繊維の多い野菜から食べ始め、ゆっくりと味わうように食べることが糖化対策につながります。

まとめ

肌のくすみを解消するには、くすむ原因をおさえてそれに応じた対策を行うことが大切です。今回紹介したとおり、肌のくすみの原因は主に7つあります。

メラニン色素の蓄積や肌の乾燥、古い角質の蓄積がくすみの原因となっている場合、スキンケアでアプローチできます。いずれも加齢によって起こりやすくなるものなので、年齢を感じさせない美肌を目指すうえでもおすすめです。今回紹介したおすすめ化粧品も参考に化粧品を試し、自分の肌に合う一品を見つけましょう。

また、くすみへの生活習慣からのアプローチも、血行をよくするための運動や入浴、糖質をとりすぎない食生活など健康的な身体を維持するうえでもおすすめの方法です。とり入れられる生活習慣から、どんどんとり入れるようにしましょう。

美しい肌は一日では実現できませんが、毎日のケアの積み重ねが後々現れてきます。5年後、10年後も健康的で美しい肌を目指すためにも、今からケアを心がけましょう。

あわせて読みたい

シミ・そばかす対策におすすめの化粧品

キーワード

【注目キーワード】

シミ・そばかすの他の記事を読む