スキンケア大学 ヘルスケア大学 メンズスキンケア大学

シミ・そばかす対策におすすめの化粧品

美白はスキンケア方法をおさえれば叶う!おすすめ化粧品もチェック

更新日:2018/05/30 公開日:2018/05/30

船山葵

この記事の監修専門家

美容家・美容ライター

船山葵

美白とスキンケアは切っても切れない関係です。美白に効果的な成分が配合された化粧品を選ぶだけではなく、肌をいたわるスキンケア方法を実践することで、しっとりとした美白肌を目指すことができるのです。

美白を目指すうえで身につけたいスキンケア方法と、美白に効果的な化粧品の選び方を両方身につけて、本格的に美しい肌を目指しましょう。

美白=化粧水選びではありません

美白を目指すうえで、スキンケア方法やおすすめのスキンケア化粧品を探す方は多いでしょう。しかし、中には「化粧水さえ美白ケア用のものを使えば美白は叶うはず!」と考えている方もいるようです。

しかし、化粧水さえ変えれば美白が叶うとは限りません。それは、日ごろのスキンケアの中にシミやくすみの原因が隠れている場合があるため。間違ったスキンケア方法を行っていれば、いくら化粧水を変えても美白肌を目指すことは難しいでしょう。

また、美白成分が配合されているのは化粧水だけではありません。化粧水に配合されているのは水溶性の美白成分ですが、乳液やクリーム、ジェルといった油分の配合された化粧品には、油溶性の美白成分が配合されていることも。作用が異なる場合もあるため、本当に自分に合った美白ケアを目指すうえでは、化粧水だけではなく乳液などもチェックしたほうがよいと言えるのです。

ここでは、美白肌を目指すときにチェックしたい、全般的なスキンケア方法のポイントを中心に解説します。簡単なことばかりなので、構えずに最後まで見てみてくださいね。

どうしてシミやくすみができるの?

まずは、美白を目指すうえで対処したいシミやくすみの原因を簡単にご紹介します。

くすみの原因

くすみとは、顔の肌の色が暗く見えること。顔全体が暗く見える場合もあれば、目元や頬など一部分にくすみを感じる場合もあります。

くすみの原因はさまざまですが、スキンケアで対策しやすいくすみとして、以下のものがあげられます。

メラニンが原因のくすみ
紫外線のほか、摩擦などで肌に炎症が起きるとメラニンが大量に生成されます。そのメラニンの排出がうまくできずに肌に蓄積してしまい、くすみが起きている状態です。
乾燥によるくすみ
肌は、乾燥すると固く透明感の失われた状態になります。
角質の蓄積によるくすみ
皮膚の表面に古い角質が蓄積すると、肌表面の光の反射が乱れてくすんだ印象になります。古い角質は、通常は肌の生まれ変わりであるターンオーバーの過程で自然とはがれ落ちます。しかし、ターンオーバーの期間が加齢などの影響で長くなったり、生活習慣の乱れなどでターンオーバーが乱れると、古い角質が肌表面に長くとどまるようになるのです。

このほかに、血行不良や糖質のとりすぎなどによる肌の糖化、濃い産毛などもくすみの原因となります。

シミの原因

シミの直接的な原因は、ご存知の方も多いかもしれませんが「メラニンの過剰生成」です。なんらかの刺激によって、肌の奥にある「メラノサイト」でメラニンが大量に作られるようになり、シミとして現れるのです。

メラノサイトでメラニンが大量に作られるようになるきっかけとして、以下があげられます。

紫外線
紫外線を浴びると、皮膚はメラノサイトにメラニンを生成するよう信号を送ります。紫外線は細胞を攻撃し、細胞内のDNAを傷つけるため、メラニンを作り出して細胞を守っているのです。通常であれば、紫外線を浴びなくなればメラニン色素が作られなくなります。すでに作られたメラニン色素も、ターンオーバーの過程で古い角質とともに排出されます。しかし、皮膚細胞のDNAが変異し、メラノサイトにメラニン色素を作るよう命令を出し続けるようになる場合があります。これがシミの原因の1つです。
皮膚の炎症
炎症とは、肌の免疫システムの働きで起こるもので、皮膚の赤みやかゆみ、乾燥、ブツブツなどをともないます。たとえば、ニキビができたときに赤く腫れる場合がありますが、これは皮脂がつまった毛穴の内部で雑菌が繁殖し、それによって炎症が起きている状態です。皮膚に炎症が起きると、そのダメージを回復するために皮膚は活発に新しい細胞を作ろうとします。それにともない、メラノサイトも活発になってしまうため色素沈着につながるのです。皮膚の炎症は、ニキビや虫刺され、摩擦や日焼けなどでも発生します。

しっとり美白肌を目指すスキンケア方法

シミやくすみには、前述したように以下の要因が関連します。

  • 紫外線
  • 肌の乾燥
  • ターンオーバーの乱れ
  • 摩擦などの刺激

これらに対策するスキンケア方法をご紹介しましょう。

できるだけ刺激を与えない

スキンケア全般で大切なのが、できるだけ皮膚に摩擦刺激を与えないことです。摩擦は、皮膚に炎症を起こす原因になります。皮膚の炎症は色素沈着の原因になるため、スキンケア中にもできるだけこすらないことが大切です。クレンジングや洗顔、保湿ケアの中で、具体的にどのように気をつけるとよいかを解説します。

クレンジング
ふき取るタイプのクレンジング剤はお手軽なのでつい頼りたくなりますが、肌に大きな摩擦刺激を与えます。ふき取るクレンジングは最終手段にしましょう。また、普段のメイクに合った強さのクレンジング剤を使用することと、適切な使用量を守ることも大切です。クレンジング剤が強すぎるとその洗浄力が肌にダメージを与えますが、弱すぎても余分にこすることになります。クレンジング剤の量が少ないのも、肌への摩擦が大きくなるため適量を守りましょう。
洗顔
洗顔時にはしっかりと洗顔料を泡立て、できるだけ指が触れないようにしながら洗いましょう。きめ細かくもちもちの泡をたっぷりと作れば、その泡を転がすように洗うだけでも汚れを落とせます。手で作るのが苦手であれば、泡立てネットや洗顔料の泡立て器を活用するのもおすすめです。また、洗い流すときやタオルで水分を取るときも顔をこすらないようにしましょう。
化粧水・乳液などの保湿ケア
化粧水や乳液、クリームなどを顔につけるときも、できるだけこすらないことが大切です。化粧水は、手のひらにとって少し温め、両手のひらで顔を包み込むようにしてなじませましょう。乳液やクリームをのばすときも、やさしくなでるようにのばしましょう。仕上げに両手のひらで包み込むようにすると、乳液やクリームがよりなじみやすくなります。

スキンケアで保湿を心がける

摩擦しないことの次に心がけてほしいのが、しっかり保湿すること。

特に女性の肌は、30代・40代と年齢を重ねるにつれて皮脂の分泌量が減り、角質層にあるNMF(天然保湿因子)なども減少して乾燥しやすくなる一方。また、最近では20代でも周辺の環境やライフスタイルなどの要因で肌が乾燥しやすい傾向があるようです。

このほか、皮脂は出ているのに肌の内側は乾燥しているインナードライの方もいるため「皮脂がテカるほど出ているから」と保湿を避けるのはNGです。

保湿を心がけるうえでとり入れてほしいのが、以下の成分を配合した化粧水や乳液、クリーム。

  • セラミド
  • ヒアルロン酸
  • NMF(天然保湿因子)
  • コラーゲン など

このような成分を化粧品で与えると、肌の表面にある角質層で水分をたくわえる働きが期待できます。

また、特に皮脂が気になる方は化粧水だけでスキンケアを終えているケースも多いかもしれませんが、それではかえって肌の乾燥を招く可能性があります。化粧水で肌を整えた後は、乳液もしくはクリームで油分と油溶性の美容成分をしっかり肌に届けましょう。

インナードライ傾向があり、皮脂やベタつきが気になる場合は、油分があまり多くない乳液で保湿成分がしっかり配合されているものを選ぶことをおすすめします。

美白有効成分をスキンケアにとり入れる

美白のための対策として一番思い浮かべる人が多いのが、おそらく美白成分を配合したスキンケア化粧品をとり入れることでしょう。化粧水や乳液などに配合される美白成分は多くありまますが、特に選びたいのが厚生労働省に認可されている美白有効成分です。美白有効成分は、以下のものをはじめ約20種類ほどあります。

ビタミンC誘導体
できてしまったメラニンの還元とその生成をおさえる作用があるため、現在気になっているシミへのアプローチが可能な美白有効成分です。美白効果のほかに、毛穴の引き締めや皮脂の分泌抑制などさまざまな作用が期待できる一方で、肌が乾燥しやすい特性があります。
トラネキサム酸
化粧品に配合されているほか、肝斑の治療薬成分として飲み薬にも使用されます。メラニンを生成する際に作用するチロシナーゼという酵素を分解する働きがあり、シミを増やしたくない場合のアプローチにおすすめです。
4MSK
4MSKは、メラニンの生成をおさえるとともに、肌のターンオーバーを改善して古い角質とともにメラニンが排出される働きをサポートします。
アルブチン
チロシナーゼの働きを阻害し、メラニンの生成をおさえる作用があります。

ほとんどの美白有効成分は、今あるシミへのアプローチよりはこれから現れるシミへのアプローチが可能なものです。「美白有効成分を化粧品でとり入れているからシミが薄くなるはず!」と考えず、目的に合った成分を選びましょう。

なお、ビタミンC誘導体には水溶性のものと油溶性のものがあります。一般的に水溶性のものは皮膚に吸収されやすく即効性があり、油溶性のものは肌への刺激が比較的弱くじっくりと吸収されるといわれています。

水溶性のビタミンC誘導体は、主に化粧水や美容液といった水分の多い化粧品に配合され、油溶性のものはクリームなどに配合される傾向があります。そのため、肌が弱い人や乾燥しがちな方はクリームや乳液でビタミンC誘導体をとり入れたほうがよいかもしれません。

紫外線対策も怠らない

紫外線は、シミやくすみをはじめとした肌トラブルの大敵です。夏以外は積極的に紫外線対策を行わないという方もいるかもしれませんが、強さは違っても紫外線は1年中降り注いでいます。そのため、美白肌を目指すうえでは年間を通して紫外線対策を心がけるとよいでしょう。

日傘や帽子、UVカット加工がある衣類などで紫外線対策を行うほか、日焼け止めも積極的に使用して紫外線対策を心がけましょう。

美白をサポートするおすすめのスキンケア化粧品5選

ここからは、美容家がおすすめする美白を意識したスキンケア化粧品を紹介します。

HAKU|メラノディフェンスパワライザー(資生堂)

美白をサポートするおすすめ化粧品 HAKU メラノディフェンスパワライザー 資生堂

販売価格(編集部調べ):6,480円(税込)
内容量:120g
医薬部外品

詳しくはこちら

おすすめの理由
炭酸泡の乳液。新しい感覚でスキンケアを楽しめるアイテムです。ベタつき感もなく、さっぱり感があるものなので、サラッとした仕上がりの乳液を探している方にはおすすめ。肌の角質層までしっかり保湿されているような心地よさがあります。

監修者の写真 美容家・美容ライター 船山葵

使ってみた感想
使用したあともさっぱりとしています。それなのに保湿感もきちんとありますので、ベタつき感がそれほどないもので、保湿力も求めている方におすすめです。泡を出したら、泡を潰すような感じで手のひら全体で優しくハンドプレスしていきます。

ホワイトプロセス エッセンス OP(イプサ)

美白をサポートするおすすめ化粧品 イプサ NEW ホワイトプロセス エッセンス OP イプサ

販売価格(編集部調べ):12,960円(税込)
内容量:50ml
医薬部外品

詳しくはこちら

おすすめの理由
イプサ独自のコンプレックス成分、「DMオプティマイザー」を配合していることで、メラニンを含む細胞にアプローチ。さらに排出を促進させることで、肌全体に透明感が生まれますよ。特に、本格的に美白ケアを徹底したい人におすすめです。

監修者の写真 美容家・美容ライター 船山葵

使ってみた感想
少しとろみのあるテクスチャで、肌にスッと浸透してくれます。肌をふっくらとさせてくれ、1か月ほど使用していくだけで、気になっていたくすみも気にならなくなり、透明感ある肌になりました。紫外線ケアとして欠かせないアイテムです。

クレ・ド・ポー ボーテ|セラムブランプレシユー(資生堂インターナショナル)

美白をサポートするおすすめ化粧品 クレ・ド・ポー ボーテ セラムブランプレシユー 資生堂インターナショナル

販売価格(編集部調べ):16,200円(税込)
内容量:40ml
医薬部外品

詳しくはこちら

おすすめの理由
メラニンの生成を抑えてくれることで、気になるシミ・そばかすを目立ちにくくしてくれます。肌の生まれ変わりをしっかりサポートしてくれます。華やかさの中に深みのあるような心地よい香りで、うっとりとしたスキンケアが楽しめます。

監修者の写真 美容家・美容ライター 船山葵

使ってみた感想
使用していくたびに肌のキメが整い、内側からプルンッとした肌に導いてくれるような気がします。とろみのあるテクスチャで、肌にスーッと浸透させることができますよ。1プッシュでも十分量は足りると言えるくらい、伸びのよい使い心地です。

AYURA|fサインディフェンス バランシングプライマー プレミアム WA(アユーラ ラボラトリーズ)

美白をサポートするおすすめ化粧品 AYURA fサインディフェンス バランシングプライマー プレミアム WA アユーラ ラボラトリーズ

販売価格(編集部調べ):6,480円(税込)
内容量:100ml
医薬部外品

おすすめの理由
乾燥しやすい大人の女性の肌を、瞬時にもちっとした肌に仕上げてくれる美白化粧液。弱酸性なので敏感な肌の方にも使用しやすいと思います。大人のゆらぎやすい肌に…。季節の変わり目に使用すると、肌のピリピリ感もなく、優しくねぎらってくれるような気がします。

監修者の写真 美容家・美容ライター 船山葵

使ってみた感想
少しとろっとしたテクスチャで、本当に肌に優しく安心して使えるような使い心地です。すぐに肌へ浸透してくれるような使用感で、肌に弾力をプラスしてくれるような気がします。私は季節の変わり目で肌がゆらぎやすい時にすぐにこのアイテムを使っています。

HANAorganic|ホワイトジェリー(えそらフォレスト)

美白をサポートするおすすめ化粧品 HANAorganic ホワイトジェリー えそらフォレスト

販売価格(編集部調べ):5,940円(税込)
内容量:30ml

おすすめの理由
あらゆるくすみをこれ1本でケアができる、ホワイトケア美容液です。ローズ水がベースとなり、和漢ブレンドエキスを配合しています。肌を優しくねぎらってくれるような使用感です。100%天然由来成分で作られています。

監修者の写真 美容家・美容ライター 船山葵

使ってみた感想
かなりとろみのあるテクスチャで、肌に伸ばすと、どんどん吸い込んでくれるような心地よさ。肌を優しく保湿してくれ、ほんのりローズの香りでリラックスもできます。少量でも顔全体にきちんと塗れますよ。

美白化粧品はライン使いすべき?

化粧品を選ぶうえで、同じラインで化粧品をそろえるべきか悩む方は多いでしょう。美白化粧品でもラインでそろえられているものは多くありますが、美白化粧品はライン使いすべきなのでしょうか。

化粧品は同じラインでそろえて使用することを想定して作られている場合があります。そのため、ライン使いしてもよいでしょう。しかし、ラインでそろえずに使用しても問題ありません。

たとえば、美白化粧品をラインで使用したときに、保湿力が物足りないと感じたとします。その場合、化粧水だけより高保湿なものに変えたり、保湿成分がたっぷり配合されたクリームに変えたりといった使い方も問題ありません。

また、肌質は常に一定ではなく、生活習慣や季節、ホルモンバランスなどで変化します。ずっと同じ化粧品を使い続ける必要はなく、「肌が特に乾燥するとき用のお守りクリーム」などを持っておくのもおすすめです。

スキンケアでは、あまりメーカーやブランドラインにとらわれすぎず、「自分の肌に合っているコスメ」を使うことが大切なのです。

まとめ

うるおいのある透明肌をキープするには、美白有効成分が配合された化粧品を活用するだけではなく、スキンケア全般で意識したいポイントがあることを解説しました。

  • 肌をできるだけこすらないこと
  • 美白だけでなく保湿も行うこと
  • 紫外線対策を行うこと

特に肌をこすらないようにすることは、シミの原因となる肌の炎症を防ぐうえでも大切なことです。今日からでも、できることから実践していきましょう。また、今回紹介したおすすめ美白化粧品も含め、美白効果を期待できる化粧品も試してみましょう。

自分の肌に合う化粧品を見つけるには、最終的に使ってみることが確実です。自分に合った化粧品でスキンケアを楽しみましょう。

あわせて読みたい

シミ・そばかす対策におすすめの化粧品

キーワード

【注目キーワード】

シミ・そばかすの他の記事を読む