スキンケア大学 ヘルスケア大学 メンズスキンケア大学

シミ・そばかす対策におすすめの化粧品

日焼けした!アフターケアにおすすめの美白美容液と使い方のポイント

更新日:2018/09/26 公開日:2018/09/12

杉本由美

この記事の監修専門家

美肌研究家・ライター

杉本由美

日焼けで赤くなったり、肌が黒くなったりしたときに、気になるのが美白ケアではないでしょうか。

美白ケアを目的とした化粧品は、非常に多くの種類があります。普段使用する化粧水を美白化粧水に変える方法もありますが、実は美白ケアは美容液で行うのがおすすめです。ここからは、化粧水よりも美容液が良い理由とおすすめの美白美容液、日焼け後の美白ケアの方法について解説します。

日焼けのアフターケアに美白美容液をすすめる理由

日焼けで肌が黒くなってしまったときのアフターケアでは、化粧水を美白成分が配合されたものに変えるという方もいるようです。しかし、化粧水よりも美容液を美白成分配合にすることがおすすめです。それは、美容液と化粧水の役割の違いに理由があります。

化粧水と美容液には、以下のような役割の違いがあります。

  • 化粧水:肌に水分と水溶成分を届ける
  • 美容液:肌により多くの美容成分を届ける

つまり、基本的には美容液のほうが美容成分を豊富に含んでいることが多いのです。

最近では、化粧水でも保湿成分だけでなく美白成分はもちろん、さまざまな美容成分をたっぷり配合している製品もあります。そのため、必ずしも美容液のほうが美容成分を多く配合しているとは言えないこともあります。しかし、それでも、全体的に見れば美容液の方が美容成分をしっかり配合しているものが多く見られます。

このようなことから、日焼けで肌が黒くなってからも化粧水や乳液などは今までと同じものを使い、美容液で美白成分を与えるケアがおすすめです。次に紹介するおすすめの美白美容液のように、「4MSK」や「コウジ酸」などの美白成分をしっかり配合した美容液を活用しましょう。

おすすめ美白美容液5選

ホワイトショット SXS(POLA)

  ホワイトショット SXS POLA

販売価格(編集部調べ):12,960円(税込)
内容量:20g
医薬部外品

おすすめの理由
メラニン生成そのものの抑制に働きかける独自成分「ルシノール」が、肌になじみやすく、密着性の高いクリームが特徴。春から秋にかけて起こりやすいシミやくすみの予防と鎮静機能に期待がもてるのが、このアイテムの最大の魅力。日焼けをしてしまった肌はまず炎症を抑えることが大切。ダメージを和らげながらメラニンの生成を抑制してくれる効果に期待ができます。

監修者の写真 美肌研究家 ライター 杉本由美

使ってみた感想
ちょっと硬めのテクスチャで、気になるところにしっかり密着してくれて、効率よくケアできるのがうれしい!こっくりとした美容液が、美白ケアだけでなくうるおいも与えてくれる感じ。紫外線を浴びて乾燥しがちな肌や、集中美白ケアをしたときの部分的な乾燥が気になるという方も、これなら乾燥を気にせず使えるはずですよ。

HAKU|メラノフォーカスV(資生堂)

 HAKU メラノフォーカスV 資生堂

販売価格(編集部調べ):10,800円(税込)
内容量:45g
医薬部外品

詳しくはこちら

おすすめの理由
さらに独自技術で美白有効成分「4MSK」「m-トラネキサム酸」を同時配合した「抗メラノ機能体」がシミの生成を抑制した美白ケアを叶えてくれます。さらに、注目したいのは紫外線を浴びた肌をうるおいで満たしてくれる、「Vカット複合体」という、資生堂独自の保湿&整肌成分を配合。日焼け後のアフターケアに必要な保湿と美白を兼ね備えたアイテムです。

監修者の写真 美肌研究家 ライター 杉本由美

使ってみた感想
肌のうえをスッとのびて、なじみやすいテクスチャ。乾燥しやすい日焼け後の肌に必要な、うるおいをしっかり与えながら美白ケアができるのが嬉しい!肌の透明感とワントーンアップを感じられる仕上がりが、美白ケアの継続を後押ししてくれますよね。

サエル|ホワイトニング エッセンス コンセントレート(DECENCIA)

  サエル ホワイトニング エッセンス コンセントレート DECENCIA

販売価格(編集部調べ):8,100円(税込)
内容量:36ml
医薬部外品

おすすめの理由
敏感肌用の化粧品を追求するディセンシアの美白スキンケアライン「サエル」の美白美容液。化粧品でありながら、シミの原因として考えられる精神的なストレスにまで着目し、くすみケアや保湿ケアまでこなす優秀なアイテム。ストレス肌にアプローチする独自成分「ジンセンX」などが、夏に受けたダメージ肌を透明感ある肌へと導いてくれるのは大きな魅力です。

監修者の写真 美肌研究家 ライター 杉本由美

使ってみた感想
サラッとしたテクスチャでのびもよく、するすると肌になじんでくれます。保湿成分をヒト型セラミドで囲んだカプセルも配合されており、しっかり保湿も感じられるアイテム。すっきりとした香りも、合成香料ではなく天然の香り。こうした細かいところの優しさが、敏感肌用の美白アイテムとして納得できますよね。

ONE BY KOSE|メラノショット ホワイト(コーセー)

 ONE BY KOSE メラノショット ホワイト コーセー

販売価格(編集部調べ):5,724円(税込)
内容量:40ml
医薬部外品

詳しくはこちら

おすすめの理由
濃いシミや、目立つ部分のシミを防いで透明感ある肌へと導いてくれるアイテム。シミをつくるメラノサイトに、美白有効成分「コウジ酸」がしっかり働きかけるのが最大の魅力。肌への浸透にも優れているため、紫外線が原因で乾燥してしまったゴワついた肌にもサッと浸透し、みずみずしい肌へと導いてくれるのがうれしい!

監修者の写真 美肌研究家 ライター 杉本由美

使ってみた感想
のびもよく、うるおいは感じられるものの嫌なベタつきもなく、重めのテクスチャが苦手な方でも使いやすいと思います。さらにこのアイテムは、お肌の透明感がアップするところに魅力を感じる方も多いはず。夏の強い紫外線によってできてしまったくすみが気になる方にもおすすめしたいアイテムです。

ホワイト-プラス インテンシヴ ブライト セラム(クラランス)

  ホワイト-プラス インテンシヴ ブライト セラム クラランス

販売価格(編集部調べ):11,448円(税込)
内容量:30ml
医薬部外品

おすすめの理由
夏の厳しい紫外線ダメージにより、乾いてくすんでしまった肌に美しい輝きを取り戻してくれるアイテム。ビタミンC誘導体の美白有効成分に、スーパーフルーツ「アセロラ」のエキスを配合。抗酸化作用と豊富なビタミンが、ダメージを受けてしまった肌を、内側から透明感あふれる美白肌へと導いてくれることに期待できるアイテムです。

監修者の写真 美肌研究家 ライター 杉本由美

使ってみた感想
みずみずしいテクスチャで、するするとのびもよく肌に素早くなじんでべたつかない。さっぱりしつつも、うるおいは感じられるので、全ての肌タイプの方にも万能に使えるアイテムです。使うたびに肌の透明感が増す感じが、美白ケアの継続の後押しをしてくれそう。

日焼け後の美白美容液の使い方

美容液を選んだら、使い方も簡単にチェックしましょう。

使い方と言っても、難しいことはありません。日焼けしたときに気をつけたいポイントと、美容液を使うタイミングを確認しておきましょう。

日焼け直後は美白ケアNG

ひどい日焼けをしたとき、その当日から翌日くらいは肌が赤くヒリヒリしています。そのようなときには、今回紹介した美容液を使ったものを含め、美白ケアをやめましょう。

日焼けは身近な肌トラブルなので油断しがちですが、日焼けした肌は軽いやけどを負っているのと同じ状態です。そのため、肌は大きなダメージを受けて、ボロボロになっています。そのような肌に、美白成分はかえって刺激になる場合があるのです。

美白ケアを始めるのは、赤みや痛みがおさまってからで遅くありません。肌に無用なダメージを与えないためにも、日焼け直後の美白ケアは避けましょう。

なお、赤みやヒリヒリ感があるときは、肌に負担をかけるメイクやピーリングなどの角質ケアも避けたほうがよいでしょう。しっかり冷やし、できるだけ低刺激の化粧水と乳液かクリームで保湿するにとどめてください。

黒くなってきたら美白美容液を

日焼け直後の赤みやヒリヒリ感がなくってくると、紫外線の刺激で作られたメラニン色素によって肌が黒くなり始めます。そうなったら美白ケアの始めどきです。

美白美容液を使ったケアは、長く続ける必要があります。これは、化粧品に配合される美白成分が効果を表すまでに、少なくとも1か月から数か月はかかるといわれているためです。使い始めてすぐに日焼けの色に変化が現れる、といった即効性は期待できません。

すぐには効果を実感できなくても、まずは1本、美容液を使い切ってみてください。

美容液は化粧水の後に使う

美容液は、化粧水の後、クリームや乳液の前に使うのがスタンダードです。ブースター美容液のように化粧水の前に使用するものなど、製品によっては使用するタイミングが異なるものもありますが、基本は化粧水や美容液などの水溶性の化粧品を塗ったあとに、油分を含む油溶性の乳液やクリームを使いましょう。

理由は明確で、油分は水分をはじくため、先に水溶性の化粧品を塗ることがポイントになります。この順番を間違えてしまうと、せっかくの美容成分がしっかり肌に浸透しない場合もあるため、注意しましょう。

なお、美容液の中には美白成分だけでなく保湿成分もしっかり含んでいるものがあります。そのようなものを使う場合は、化粧水をつけずに美容液をつけたり、美容液の後に乳液をつけなくてもよい場合もあります。肌の様子を見ながら、使うアイテムを選択していくのもよいでしょう。

美白ケアとあわせて行いたいケア

日焼け後には、このような美容液を使ったスキンケアとあわせて以下のケアも必要です。

  • 紫外線対策
  • 生活習慣の見直し(食べ物・睡眠など)

具体的なケアのポイントをご紹介します。

紫外線対策は日焼けしてからも必須

日に焼けてしまうと、紫外線を浴びてしまったなら対策はもういい!という気持ちになってしまうかもしれませんが、美しい肌を取り戻すためには、日焼けした後でもしっかりと対策をすることが重要です。

また、日焼け直後の肌は普段以上に外部からのダメージを受けやすい状態になっているので、日やけ後はより紫外線や外部からの刺激に対して慎重になる必要があります。

せっかく美白美容液でケアしていても、あらたにメラニン色素が作り出されていては意味がありません。このようなことから、紫外線対策は日焼け後も必要なのです。

ひどい日焼けをしたときは、日焼け止めを塗ると痛いときもあるでしょう。UV対策は日焼け止めだけにこだわるのではなく、日傘や帽子、UVカット機能つきの上着などを活用ししましょう。

食べ物や睡眠を見直してすこやかな肌を育てる

一度身につければ、日焼け後の美白ケアだけでなく普段からすこやかな肌をキープするのに良い習慣となるのが、食事や睡眠です。忙しくなるとつい加工食品ばかりを頼るようになったり、睡眠も不規則になったりしがちです。しかし、これらは肌のターンオーバーを正常化して、肌を健康に保つためには無視できない要素です。

食べ物では、肌の細胞のもととなるタンパク質のほか、ターンオーバーに関与するビタミンAや亜鉛、抗酸化作用があるといわれるビタミンCなどを積極的にとりましょう。また、女性の場合は栄養や酸素を運ぶ赤血球の材料である鉄分が不足することも多いため、鉄分も意識してとったほうがよいでしょう。

ビタミンAはカボチャやほうれんそうなどの緑黄色野菜に、亜鉛は牡蠣(かき)やビーフジャーキーなどに多く含まれています。ビタミンCは、フルーツなどに多く含まれることでおなじみかもしれませんね。鉄分はレバーに多く含まれていますが、レバーが苦手な人も多いですよね。そのような方は、魚や貝類、緑黄色野菜などから摂取しましょう。

また、睡眠不足や生活リズムの乱れは、肌のターンオーバーの乱れを招きます。できるだけ決まった時間に就寝できるように、生活リズムを整えましょう。

睡眠不足は睡眠時間が足りないこともありますが、睡眠の質が低下して熟睡できていない場合もあります。就寝前にテレビやパソコン、スマートフォンなどの強い光を見ていると、脳が活性化して熟睡できなくなるといわれています。就寝前はスマートフォンなどを控え、ゆったりと過ごしましょう。寝室の気温を調節したり、遮光カーテンで暗くしたりするのも熟睡できる環境を整えるのにおすすめです。

まとめ

日焼けのアフターケアには、美白成分をしっかり配合した美白美容液がおすすめです。今回紹介したおすすめ美容液も含め、自分の肌に合う美白美容液を日ごろのケアにとり入れてみてください。赤くヒリヒリするほどひどい日焼けをした場合は、痛みや赤みがおさまってから美白ケアしましょう。

また、美白ケアとあわせて、紫外線対策と生活習慣の見直しも行いたいところです。紫外線は、夏に限らず1年中浴びるものです。紫外線のダメージを蓄積しないためにも、日焼けした後も紫外線ケアを続けましょう。生活習慣では、食事の内容や睡眠不足に気をつけてください。

肌のダメージを回復してもとの色に戻すには、長期的なケアが必要です。しかし、このようなスキンケアや生活習慣を身につければ、日焼けしたときだけではなく肌をすこやかに保つのに役立つと考えられます。日焼けをきっかけに、健康的な肌をキープする習慣も身につけてみましょう。

あわせて読みたい

シミ・そばかす対策におすすめの化粧品

キーワード

【注目キーワード】

シミ・そばかすの他の記事を読む