スキンケア大学 ヘルスケア大学 メンズスキンケア大学

シミ・そばかす対策におすすめの化粧品

日焼け直後の美白化粧水は逆効果?正しい使い方とおすすめ化粧水

更新日:2018/09/26 公開日:2018/09/12

日焼け直後の肌は、紫外線によって大きなダメージを受け、外部からの刺激に対して非常にデリケートになっています。そのようなとき、日焼けをしたから美白ケアをしなくちゃ!と、美白化粧水を使った積極的なケアはおすすめできません。なぜなのでしょうか。

日焼け後、美白化粧水を使ったケアを始めるべきタイミングやおすすめの美白化粧水をご紹介します。

日焼け直後は美白化粧水NG!その理由

日焼けしたときに「将来、シミになるんじゃないか」と心配になる方は多いでしょう。そのようなときに頼りたくなるのが、化粧水を含めた美白化粧品ではないでしょうか。

シミが心配になると、とにかく早くから美白化粧水でケアしたくなるかもしれません。また、普段から美白化粧水を使っている方は、日焼けした当日から普段使っている美白化粧水をつけるでしょう。

実は、日焼け直後の肌に化粧水を含む美白化粧品をつけるのはおすすめできません。それは、肌に余計なダメージを与えることになりかねないためです。

日焼け直後の肌の状態

日焼けで赤くなっている肌は、紫外線によって軽いやけどを負ったような状態で、肌の表面では炎症が起きています。

日焼けしたときにお風呂でいつものように体を洗うと、ヒリヒリしたり痛みを感じたことはありませんか?炎症を起こした肌は非常にデリケートで、肌のバリア機能も弱まっています。肌のバリア機能は、水分を維持したり、外部の刺激から肌を守るために働いています。このバリア機能が弱まっているということは、肌が乾燥しやすく外部からの刺激に対して敏感に反応しやすくなっています。

美白化粧水などに配合されている美白有効成分は、シミ予防を目的としていますが、成分の特性上、敏感肌の人にとっては刺激になる場合があります。普段は問題なく使えている美白化粧水でも、日焼けした状態の肌に使用すると刺激を与えてしまう原因となってしまうことがあるのです。

刺激を与えないように冷やす&保湿を最優先

日焼けして肌が赤くなっているときは、美白やパックといった美しい肌を作るためスキンケアではなく、ダメージを受けた状態をケアするための対策に留めることが正解です。

日焼けした当日の肌は、紫外線によって炎症を起こして熱を持った状態です。まずは、肌に刺激を与えないようにして、炎症を鎮めることを最優先に考えましょう。患部に濡らしたタオルをあてたり、体を冷やしすぎない程度に水風呂に浸かるのもいいでしょう。

また、肌バリアが弱っている状態は、肌表面(角層)の水分が抜けやすくなっているので、基礎化粧品で保湿をすることが重要なポイントになります。

同時に、できるだけ患部を刺激しないこと、肌のバリア機能が弱まっていることから保湿するのも大切なポイントです。

低刺激な化粧品を使うように
 
お風呂で体を洗うときのポイント
肌が炎症を起こしているときは、手に洗剤をつけて撫でるように洗うと刺激を抑えることができます。また、普段から顔や身体をゴシゴシと洗うくせのある方は、日焼けを機にこすり洗いをやめましょう。肌が健康なときでも、ボディタオルでゴシゴシとこする洗い方は肌に傷をつけ、乾燥などの肌トラブルを招く洗い方です。特に顔は肌がデリケートなので、しっかり泡立てたもちもちの泡を肌で転がすように洗いましょう。

では、日焼け後の美白ケアはいつから始めるとよいのでしょうか。美白ケアの正しい始めどきと方法をご紹介します。

日焼け後の美白化粧水の正しい使い方

日焼け後に美白ケアを始めるタイミングとしておすすめなのが、日焼けによる赤みやヒリヒリ感が完全になくなってから。たいていは日焼けしてから数日で赤みがなくなるため、それから美白化粧水などによるケアを始めるとよいでしょう。

日焼け後の美白化粧水ケアは特に慎重に

美白化粧水を日焼け後に使うときは、肌の様子を見ながら使い始めます。人や年齢、部位によっても変わりますが、肌の細胞は平均で28日ほどのサイクルで生まれ変わっています。つまり、日焼けしてから1週間程度では、まだ紫外線でダメージを受けた細胞が入れ替わっていないということです。

赤みやヒリヒリ感が引いているとはいえ、肌はまだ敏感になっている可能性があります。そのため、美白化粧水を使うときも、肌にかゆみや赤みなどのトラブルが出ないかチェックしながら使うことが大切です。

美白化粧水はやさしくつける

美白化粧水を含め、化粧水をつけるときは手のひらにとった化粧水を両手で温め、肌を包み込むように両手のひらを当てます。1~2秒ほど待って少し手をずらす、ということをくりかえして肌に化粧水をなじませましょう。

化粧水をつけるとき、パシパシと音が鳴るほど強くたたきこんだり、すり込んだりすることで肌に浸透しやすくなると考えている方もいるようです。しかし、これは肌に刺激を与えてしまう間違った塗り方です。肌は非常にデリケートで、こすったり叩いたりするだけでもダメージを与えてしまいます。また、化粧水をはじめとした化粧品は、チカラ任せにすり込んだり叩き込んだりしたからといって、浸透しやすくなったりはしません。

塗り広げるときなど、手や指による摩擦も大きなダメージになりがちです。肌の刺激は、将来のシミにつながる可能性があります。肌をいたわるように、やさしく化粧水をつけてください。

肌にトラブルがなければ美白化粧水は使い切って

化粧水を含む美白化粧品は、コツコツと使い続けていくことが大切です。肌に異常が出なければ、まずは1本使い切ってみましょう。美白化粧品は、急激に肌の色が白くなるなどのすぐ目に見える効果は期待できません。むしろ、使い続けることでじっくりと作用することが期待されます。

肌に変化がないと「実は効果がないのでは?」と不安になるかもしれません。しかし、美白化粧品を使ってみて、肌にヒリヒリ感や赤み、かゆみ、そのほかのトラブルが起きなければひとまず大丈夫です。将来のシミ予防のアプローチをするためにも、そのまま使い続けましょう。

なお、美白ケアすればそれで完了ではありません。むしろ、美白化粧品だけで美しく白い肌を実現することは不可能です。日焼けした肌に対してのケアだけでなく、新たに日焼けないよう紫外線対策を徹底することが日焼けで黒くなった肌を元の色に戻すためには重要なのです。化粧水の正しい使い方をご紹介しましたが、あわせて日焼け止めなどの紫外線対策もしっかり行うようにしましょう。

美白化粧水の選び方のポイント

美白化粧水は使い方を守ることが大切です。しかし、どの美白化粧水を選べばよいのかも迷いどころですよね。

まずは美白化粧水の選び方をご紹介し、特におすすめの美白化粧水をご紹介します。日焼け後の美白化粧水選びの参考にしてください。

配合されている美白成分をチェック

美白化粧品は、厚生労働省で認可された美白成分が配合されているものをさします。現在、認可されている美白成分は20種類ほどあり、主にシミの原因となるメラニン色素が作られるのを阻害する働きが認められています。

以下が代表的な美白成分です。

  • ビタミンC誘導体(メラニンの生成抑制・メラニン色素の還元・皮脂の分泌抑制など)
  • トラネキサム酸(メラニンの生成抑制・肝斑にも有効)
  • 4MSK(メラニンの生成抑制・肌のターンオーバーを整える働きなど)
  • アルブチン(メラニンの生成抑制)
  • コウジ酸(メラニンの生成抑制)
  • プラセンタエキス(メラニンの生成抑制) など

日焼け後のケアで大切なのは、メラニン色素がつくられるのを抑制することと肌のターンオーバーを整えてメラニン色素が正常に排出されるようにすることです。そのため、ターンオーバーへの働きかけも期待できる4MSKはおすすめです。また、メラニン色素の還元が期待できるビタミンC誘導体もおすすめです。

ただし、一部の美白成分は肌への刺激を感じやすい傾向があります。同じような効果を期待できる成分でも、使用感などに違いが出る場合もあるため、肌の状態をチェックしながらいろいろ試してみるのもよいでしょう。

乾燥や敏感肌が気になる場合は抗炎症成分の有無もチェック

肌が乾燥しがちだったり、もともと肌が敏感だったりする場合は、美白成分とあわせて、抗炎症成分も配合した美白化粧品がおすすめです。

肌が敏感な方の場合、ちょっとした外部刺激でも肌に炎症が起きやすくなっています。また、肌が乾燥しているときも肌バリアが弱くなっているため、外部からの刺激に弱くなっています。

ちょっとした肌の炎症でも、蓄積されて少しずつダメージを与えることになり、それがシミをはじめとした肌トラブルにつながる可能性も考えられます。そのため、肌が乾燥しやすい人や敏感肌の人は、美白有効成分とあわせて、グリチルリチン酸ジカリウムなどの抗炎症成分も配合されているものを選ぶとより安心と考えられます。

このような選び方のポイントも踏まえ、おすすめの美白化粧水をご紹介しましょう。

厳選!おすすめ美白化粧水5選

HAKU|メラノフォーカスV(資生堂)

 HAKU メラノフォーカスV 資生堂

販売価格(編集部調べ):10,800円(税込)
内容量:45g
医薬部外品

詳しくはこちら

おすすめの理由
美白スキンケアで名高い資生堂「HAKU」から発売されている美白美容液!メラニンができる肌特有の状態に着目し、独自の美白有効成分を合体させた「抗メラノ機能体」がメラニンの過剰生成をさまざまな方向から効果的に抑制してくれます。また、新しい技術によって生まれた「Vカット複合体」がプラスされ、これまでにないアプローチを可能にした最新の美白美容液です。

監修者の写真 メイクアップインストラクター 長野智香

使ってみた感想
みずみずしいクリーム状の美容液が肌にぴったりとフィットし乾燥させません。厳しい紫外線を浴びた直後こそ、シミの原因となるメラニンの生成を根本から抑制する絶好のチャンスです!夏の厳しい日差しを受けた方、肌をくすませたくない、シミを増やしたくないなど、徹底的に美白にこだわりたい方こそ使ってほしい美容液★13年連続美白美容液市場NO.1の効果をぜひ体感してみてください。

ホワイトショット CXS(POLA)

  ホワイトショット CXS POLA

販売価格(編集部調べ):16,200円(税込)
内容量:25ml
医薬部外品

おすすめの理由
30代以降で真剣に美白と向き合いたい方にとっておきの美容液!!美白成分と美容成分が複合した「ルシノールEX®」と新開発され美容成分「m-Aクリアエキス」が浸透ナノカプセルによって肌のすみずみまで届けてくれます。美白研究に優れたポーラの美白技術がぎゅっと詰まったスペシャルアイテムです。

監修者の写真 メイクアップインストラクター 長野智香

使ってみた感想
透明でさらっとした化粧水のような美容液。みずみずしい質感でつけた瞬間肌のすみずみまで浸透し、肌をキュっと引き締めてくれます!年齢を重ねた肌だからこそ、人間本来が持つ美しくなる力を高めるスキンケア。夏の暑さで増加した皮脂による皮脂焼けの炎症も抑えられるので、たっぷり浴びた紫外線ケアに夏から秋にかけて特におすすめのアイテムです。

オルビスユー|ホワイト ローション(オルビス)

 オルビスユー  ホワイト ローション オルビス

販売価格(編集部調べ):3,240円(税込)
内容量:180ml
医薬部外品 

おすすめの理由
シミと年齢肌に着目し作られたホワイトシリーズの化粧水。大人の肌を整えることでシミを作らせず、溜め込ませないように導くスキンケア。肌に触れた瞬間に美白や保湿の成分が放たれ角質層の奥底までぐんぐん浸透させてくれます。エイジングケアに嬉しいみずみずしさと美白ケアが大満足の化粧水です。

監修者の写真 メイクアップインストラクター 長野智香

使ってみた感想
SNSでも大人気のオルビスシリーズから発売されている美白化粧水!オイルフリーでさらっとした使い心地はベタつきを感じさせないので、暑い時期でも気持ちの良い使用感です。肌年齢とともに蓄積されるメラニンの生成をアルブチンでブロックし、肌のうるおいバランスを整えるベニバラエキスが明るいつややかな肌を保ってくれます。エイジングと美白ケアが同時にできて低価格というのでコスパも最高!たっぷりと贅沢に化粧水を使いたい方におすすめです。

ホワイトニング 化粧液 I さっぱり(ファンケル)

  ホワイトニング 化粧液 I さっぱり ファンケル

販売価格(編集部調べ):1,836円(税込)
内容量:30ml
医薬部外品

おすすめの理由
お肌がデリケートな方でも使える無添加にこだわって作られた美白化粧液です。シミの原因となる防腐剤だけではなく、香料や合成色素、石油系界面活性剤、紫外線吸収剤など肌にストレスを与える成分を徹底排除。肌ストレスから始まるシミ発生のメカニズムを徹底排除することで肌本来の持っている美白力を引き出してくれます。

監修者の写真 メイクアップインストラクター 長野智香

使ってみた感想
ベタつきやすい夏場でもサラリとした軽いつけ心地。コットンは使わずに指先で顔全体に広げたら手のひらで温めるようになじませることで、角層の奥まで美容成分が浸透していきます。バリア機能の低下からくすみがちなデリケート肌にこそおすすめです!肌タイプ別にしっとりタイプとさっぱりタイプを選べるのも嬉しいポイント。敏感肌で美白ケアを諦めていた方に試して欲しい化粧液です。

ホワイトジェネシス(アテニア)

  ホワイトジェネシス アテニア

販売価格(編集部調べ):5,000円(税込)
内容量:30ml
医薬部外品

おすすめの理由
年齢とともに広がり続けるメラニンの原因にアプローチしてくれる薬用美白美容液。独自成分ジェネシスブライトナーがメラニン運搬遺伝子の働きを抑制し、メラニンの拡散を止め排出を促進してくれます。さらに、ビタミンCの効果を最大に生かすV/Cインジェクター、肌を整え角質のすみずみにまで有効成分を届ける浸透ルート処方で素早く美白効果を発揮してくれます。

監修者の写真 メイクアップインストラクター 長野智香

使ってみた感想
なめらかなミルクのような質感で、なじませた直後からうるおいが広がり肌がふっくらします。さらりとした質感が多い美白美容液ですが、この美容液はしっかりとうるおうので、アンチエイジング世代も大満足の使い心地です。これだけの内容でこの価格は、一流ブランドを3分の1の価格で提供することに挑戦しつづけるアテニアだからこその価格設定です。40代以降の美白、低価格でも美白の効果を実感したい方におすすめです。

まとめ

日焼け後に行う美白ケアは、正しいタイミングで行うことが大切です。化粧水を含めた美白化粧品を使う場合は、日焼け直後を避け、肌の赤みや痛みがなくなってから使い始めましょう。

美白化粧水などの化粧品は「これなら絶対にすべての人に合う」といったものがなく、その人の肌の状態や体質などによって合うものが異なります。今回紹介した美白化粧水も参考に自分に合う化粧水を探し、肌にトラブルや刺激感なく使える化粧水があれば1本使い切ってみてください。

美白ケアは長期戦になります。美白化粧水を1本使い切ったからケアはおしまい、と考えてしまうのはもったいないことです。日焼け後に限らず、日ごろのスキンケアにも美白化粧水をとり入れましょう。

あわせて読みたい

シミ・そばかす対策におすすめの化粧品

キーワード

【注目キーワード】

シミ・そばかすの他の記事を読む