スキンケア大学 ヘルスケア大学 メンズスキンケア大学

シミ・そばかす対策におすすめの化粧品

日焼け後の美白ケアにおすすめの化粧品5選!シミは予防できる?

更新日:2018/09/26 公開日:2018/09/12

海やプール、山などのレジャーで日焼けしてしまうと、気になるのが将来のシミ。ちまたにあふれる美白化粧品は日焼けによるシミを予防できるといわれており、スキンケアの中にとり入れる方も多いでしょう。しかし、本当に効果を期待できるのでしょうか。

美白化粧品の効果やおすすめ化粧品をご紹介します。

日焼け後の美白ケアでシミを予防できるの?

化粧品メーカーから発売されている美白化粧品は、厚生労働省で「メラニンの生成を抑え、シミやソバカスを防ぐ」効果や、類似した効果が認められている有効成分を配合した医薬部外品(薬用化粧品)です。

シミ・ソバカスの予防が期待できる

そのため、美白化粧品を毎日のケアにとり入れることでシミやソバカスの予防効果が期待できます。しかし、美白化粧品でケアをしていれば、確実にシミやソバカスを予防してくれるというものではありません。なぜなら、美白化粧品でのケアをしていれば日中の紫外線対策をしなくても済むというわけではありません。あくまで、日ごろの紫外線対策を行なう中で、美白化粧品によるケアを取り入れる必要があります。

今あるシミに対して効果を発揮するわけではない

美白化粧品を使った美白ケアは「シミができたら始めよう」と考える方が多くいらっしゃいます。しかし、忘れてはならないのが、美白化粧品で認められている効果はあくまで「予防」であり、すでにできてしまったシミを薄くしたり、消したりするような効果があるわけではないのです。

これからできるシミや悪化を防ぐためにも

では、シミができてから美白化粧品を使うことは、全く意味がないのでしょうか?本来はできる前から使っていることが望ましいですが、後になってから美白化粧品を活用することは、今あるシミがより濃くなったり、広がったりしないよう、悪化させないための予防ケアに期待ができます。そのため、シミができた後でも美白化粧品を取り入れるのも手段のひとつ。しかし、普段から紫外線対策を徹底すること、すこやか肌を保つためのケアなど、トータル的なケアを同時に行なう必要があります。よく日焼けをするという方は、一年を通して紫外線への対策を怠らないようにしましょう。

日焼けによるシミの予防に活用できる美白化粧品は、メーカーによって有効成分の種類が変わります。成分による違いについて見ていきましょう。

日焼けによるシミの予防に効果的な成分

メラニンの生成をおさえてシミやソバカスを防ぐ効果が認められている成分は、現在10種類以上あります。ここでは代表的な成分を、そのはたらきとあわせてご紹介します。

ビタミンC誘導体

そのままではもろく、壊れやすい性質を持ったビタミンCですが、人工的に改良を加えたものがビタミンC誘導体という成分です。ビタミンC誘導体の中にもいくつか種類がありますが、いずれもメラニン色素の生成にかかわる酵素チロシナーゼの働きをおさえる効果があります。水溶性のものと脂溶性のものがあります。

4MSK

シミができる部位でのターンオーバーの乱れに着目した美白成分です。チロシナーゼの活性をおさえ、メラニンの生成を防ぐ働きが認められているほか、蓄積したメラニン色素の排出を正常化する効果があるとされています。

トラネキサム酸

メラニン色素は、色素生成の指令をメラノサイトという器官が受け取って生成されます。トラネキサム酸は、メラニンの生成指示を伝える情報伝達物質「エンドリセン」の働きをおさえ、メラニン色素の生成をおさえます。また、シミの部分で起こる弱い炎症をしずめる効果も期待されます。

コウジ酸

日本酒や醤油、味噌の醸造に必要となる米麹から見つかった美白成分です。チロシナーゼの活性をおさえてメラニンの生成を防ぎ、シミ予防に効果的です。

リノール酸

リノール酸は、植物油から抽出される成分です。チロシナーゼを減らすほか、ターンオーバーをサポートしてメラニン色素排出をうながす作用があります。

このほかにも、さまざまな美白成分があります。

一般化粧品と美白化粧品を見分ける方法

美白化粧品は一般の化粧品とは違って、法律ではっきりと分類されています。よく一般化粧品にもかかわらず、「美白」や「シミ」への効果を訴求したりイメージさせる広告や製品があるので注意しましょう。

美白成分が配合された化粧品を見分けるには、パッケージをじっくり見てみましょう。美白有効成分の名前とともに「医薬部外品」「薬用美白」「美白化粧品」といった表記があれば、美白有効成分配合の化粧品です。

ちなみに、医薬部外品とは、化粧品に限らず、厚生労働省が認可した医薬部外品成分を配合している製品に明記するものです。「薬用」は医薬部外品成分が配合された化粧品に使われます。

美白化粧品は非常に数も多く、自分に合うものを選ぶのはなかなか大変です。また、使ってすぐに効果が実感できるものでもないので、使用して肌に異常がなければ2~3か月は継続して使い、様子をみるようにしましょう。

次におすすめの美白化粧品をご紹介します。美白化粧品選びの参考にしてください。

おすすめ美白化粧品5選

サエル|ホワイトニング クリーム コンセントレート(DECENCIA)

  サエル ホワイトニング クリーム コンセントレール DECENCIA

販売価格(編集部調べ):5,940円(税込)
内容量:30g
医薬部外品

おすすめの理由
ストレスに着目した敏感肌用ブランド、ディセンシアの「サエル」シリーズから、使える美白クリーム。肌がストレスから受けるダメージをケアするバリアコンプレックスが新搭載され、メラニンの黒化反応を抑制します。独自技術ヴァイタサイクルヴェールで、敏感肌に必要なでバリア機能と贅沢な保湿成分を肌のすみずみまで与えてくれる敏感肌におすすめ美白ケアアイテムです。

監修者の写真 メイクアップインストラクター 長野智香

使ってみた感想
つるっとなめらかなクリームが肌に吸い付くように密着してくれます。敏感肌用のスキンケアだからこそ、一年を通して心地よく使えるように、ベタつかずにうるおいもがっちりキープできるクリーム。開発段階から納得するまで何度も研究されたこだわりのテクスチャは、違うオイルをバランスよく配合し、みすみずしさと高い保湿力が備わった使い心地!うるおいが肌に透明感と明るさを与えつつ、外的刺激の多い敏感肌のための美白ケアを兼ね備えたクリームです。敏感肌の方だけでなく、疲れやストレスが溜まりやすい方にも試してほしいです。

HAKU|メラノクール ホワイトソリッド(資生堂)

 HAKU メラノクール ホワイトソリッド 資生堂

販売価格(編集部調べ):10,800円(税込)
内容量:45g
医薬部外品

詳しくはこちら

おすすめの理由
オンラインのみで発売されている、冷やして使う新感覚美白クリーム♪厚労省認定の美白有効成分「4MSK」配合でメラニンの生成を抑え、シミ・そばかすを防いでくれます!ニキビに働きかけるグリチルリチン酸ジカリウムの効果でニキビやニキビ跡が気になる方にもおすすめの夜用クリームです。

監修者の写真 メイクアップインストラクター 長野智香

使ってみた感想
ひんやり冷たく、ほてった肌をクールダウンさせる気持ちの良い使用感!バターのようにコクのあるクリームが体温に混ざると、とろけるように肌に浸透します。強い紫外線を浴びた後のほてりに心地よく、しっかりとホワイトニングケアを任せられる最高のスキンケア!肌にうるおいをたっぷり与えつつ、明るさと透明感のあるいきいきとした肌へ導いてくれこと間違えなし。お手入れ大好き!美容命!という方には見逃してほしくない新感覚クリームです。

b.glen ビーグレン |QuSomeホワイトクリーム1.9(ビバリーグレンラボラトリーズ)

 b.glen QuSomeホワイトクリーム1.9 ビバリーグレンラボラトリーズ

販売価格(編集部調べ):6,480円(税込)
内容量:15g

おすすめの理由
紫外線ダメージにアプローチする「ハイドロキノン」が配合されたクリーム!肌に浸透しずらく刺激が強いとされていたハイドロキノンを、独自技術の浸透テクノロジーで超極小カプセルに包み込み、少量でも効果的に角層の奥まで届けられるクリームです!

監修者の写真 メイクアップインストラクター 長野智香

使ってみた感想
美容マニアにクチコミで広がった話題のドクターズコスメ!ビーグレンに配合されているハイドロキノンは1.9%と刺激が少ないため、顔全体に使用できるので広範囲のシミが気になる方には嬉しいクリーム!敏感肌など、いきなり使用するには不安な方にはトライアルキットもあるので、紫外線ダメージを受けた肌への素早い効果と低刺激にこだわる方はぜひともお試しを☆

エリクシール ホワイト|エンリッチド クリアクリーム TB(資生堂)

 エリクシール ホワイト エンリッチド クリアクリーム TB 資生堂

販売価格(編集部調べ):9,180円(税込)
内容量:45g
医薬部外品

詳しくはこちら

おすすめの理由
美白とエイジングケアが一度にできる高機能クリーム!角質層の奥までしっかり届く高濃度に配合されたコラーゲンGLが乾く肌に内側からうるおいを与え、資生堂独自の美白有効成分「4MSK」でメラニンの生成を抑えてシミソバカスを防ぎます。気になる肌のかげりや暗さを見せず、顔の印象まで明るく感じさせてれる優秀アイテムです。

監修者の写真 メイクアップインストラクター 長野智香

使ってみた感想
クリームなのに指先だけで伸ばしてもスルスルとなじんで決して重くならない使い心地。クリームとジェルの間のような質感で、乾燥は気になるけど使い終わりはベタつかせたくない方でも気持ちよく使える濃密さ。ハリ感をアップさせたい時には、指先で優しいくマッサージするようにつけることで効果大!固すぎないクリームだから短時間でマッサージの役割も可能です★このクリーム一つで、美白、ハリ、マッサージのトリプルケアができるスペシャルアイテム!年齢を重ねるごとに肌のくすみやたるみが気になってきた方に、ぜひともお試しいただきたいクリームです。

オルビスユー|ホワイト エキストラ クリーミーモイスチャー(オルビス)

 オルビスユー  ホワイト エキストラ クリーミーモイスチャー オルビス

販売価格(編集部調べ):3,780円(税込)
内容量:30g
医薬部外品

おすすめの理由
オルビスのホワイトシリーズ史上最高の保湿力を実現する高保湿美白ジェル!バリア機能が低下し砂漠化した大人の肌に、まるで美容マスクをしているかのようなクリーミーなうるおいが実感できるジェルクリーム。美白有効成分「トラネキサム酸」が肌に透明感を与え、コラゲモイストコンプレックスによるお手入れ後のハリ感も見逃せないポイントです。

監修者の写真 メイクアップインストラクター 長野智香

使ってみた感想
乾燥しやすい大人の肌をうるおいでしっかりと包み込んでくれる美白ジェルクリーム!100%オイルカットにこだわって作られたオルビスのスキンケアだからこそ感じられる、みずみずしさが肌をぷるっとうるおわせてくれます。美白有効成分もたっぷりと配合され、うるおいと美白、ダブルの効果で肌を内側から明るく透明感を感じさせてくれます。30代以降にみられる乾燥が原因でくすみやシミが気になる方におすすめです。

美白化粧品の使い方ポイント3つ

美白化粧品の使い方は、一般的な化粧品と変わりません。しかし、化粧品の使い方を誤解している方も多いようです。

美白化粧品を選んだら、ついでに化粧品の正しい使い方も改めてチェックしましょう。

適量をつける

化粧品は、たくさん肌につけることで得られる効果も比例するようなイメージがあるかもしれません。しかし、化粧品を過剰に使用することは、肌に負担を与えてしまうので、あくまで適量をつけることが大切です。もちろん、適量よりも少ないこともよくありません。たとえば、化粧水が少なすぎれば、肌全体に行きわたりにくくなります。また、クリームや乳液が少ないと肌に塗るときの摩擦で刺激を与えたり、効果を実感しにくくなります。

適量の目安が書かれている化粧品は、その目安のとおりの量をつけてみましょう。具体的な適量が記載されていない場合は、以下を目安にしてみてください。

  • 化粧水:手で使う場合、500円玉大くらいを2回に分けてつける
  • 乳液:手でつける場合は1円玉大~10円玉大が1回の目安
  • クリーム:パール1粒大くらいが1回の目安

乳液とクリームは、どちらか片方で十分です。皮脂が比較的多い場合は乳液、皮脂が少なくカサつきやすい場合はクリームで油分を肌に与えましょう。

また、クリームはつけすぎるとベタつきやテカリの原因になるため、目安量より少な目にとって伸ばし、足りなければ少しずつプラスするのがおすすめです。

美白化粧品は使い切る

美白化粧品は、使い続けてこそ意味があります。

美白化粧品を使うと、1~2週間くらいで効果が出ることを期待する方も多いかもしれません。しかし、美白有効成分は、すぐにくすみやシミなどに効果を表すものではありません。また、将来のシミの予防の意味もあるため、目に見える効果がすぐに現れないから効果がないとは言えません。

肌にニキビや肌荒れなどのトラブルが現れず、現状を維持できれば、まずはOKと考えましょう。すぐにシミやくすみなどに効果を実感できなくても、そのまま使い続けるのが大切です。

美白化粧品だけじゃない!美白をめざしたい方が心がけたいこと3つ

美白化粧品を使って、5年後、10年後も美しい肌を目指すのはとてもよいことです。しかし、美白化粧品によるケアとあわせて行いたいのが、紫外線対策と生活習慣の見直しです。

紫外線対策を忘れずに

せっかく美白化粧品を使っていても、新たに紫外線によるダメージを受けてしまっては意味がありません。美白効果を実感するためにも、紫外線対策は行いましょう。

紫外線対策は、基本的に1年中行うようにします。「夏の日差しが強い時間だけで大丈夫なのでは?」と思うかもしれませんが、紫外線は強さの違いはあれど年中降り注いでいます。そのため、美白肌を目指すうえでは、日焼け止めや日傘、帽子などを活用して1年中紫外線対策を行いましょう。

健康な肌は食べ物から作る

美白ケアや紫外線対策は身体の外側からのケアですが、健康な肌を育むには細胞を作るための内側からのケアも大切です。内側からのケアの1つが、食べ物でしっかり栄養をとることなのです。

皮膚の細胞を作るうえで欠かせない栄養は、タンパク質、ビタミンA、C、E、鉄分、ビタミンB群などがあげられます。タンパク質は魚や肉などの動物性タンパク質と、大豆などの植物性タンパク質がありますがバランスよく取り入れるようにしましょう。

また、ビタミンAは緑黄色野菜に、ビタミンCは果物やブロッコリーなどにビタミンEはナッツ類やかぼちゃに多く含まれています。ビタミンB群は卵やレバー、大豆、豚肉などタンパク質源といっしょに摂取できます。

特に女性に不足しがちな鉄分は、レバーや魚、ほうれん草などさまざまな食品から摂取できます。毎食栄養バランスに気をつけた食事をとるのは大変ですが、夕食で朝食・昼食であまりとれなかった栄養を意識してとってみたりして1日の中である程度バランスをとるように考えてみましょう。

睡眠も肌のターンオーバーを支えている

睡眠中に分泌される成長ホルモンには、日中に受けたダメージを修復し、肌のターンオーバーを活性化する効果があります。そのため、質のよい睡眠をしっかりとることが、日焼けによるダメージの回復や肌のターンオーバーの正常化につながると考えられます。

昔は「肌のゴールデンタイムは10時~2時」といわれていました。現在では、寝る時間帯よりも、就寝してから一定の時間、熟睡することが大切だという研究結果が出ています。就寝中は深い睡眠と浅い睡眠が90分サイクルでくりかえしています。このうち、深い睡眠に入っているときに成長ホルモンが分泌されるといわれています。

特に寝入ってからすぐの深い睡眠のときに、多く成長ホルモンが分泌される傾向があります。そのため、最低でも寝入ってから90分間はゆっくりと眠れる環境を整えることが大切です。

就寝前、暗い中でスマートフォンやテレビなどの強い光を見つめ続けていると、脳が活性化して睡眠の質が悪くなる傾向があるので、控えましょう。

まとめ

日焼け後の美白ケアにおすすめの化粧品をご紹介しました。

美白有効成分が配合された化粧品は、できたシミの対処のみならず、シミの予防に一番の力を発揮します。理想としては、シミがあまり気にならないうちから予防として美白化粧品を使うのがおすすめです。

しかし、日焼けしてからでも遅くはありません。美白化粧品を賢く使い、早くからケアを始めて美白肌を目指しましょう。

また、美白化粧品とあわせて、紫外線対策も行いましょう。できれば、食事や就寝環境の見直しも行ってみてくださいね。

 

あわせて読みたい

シミ・そばかす対策におすすめの化粧品

キーワード

【注目キーワード】

シミ・そばかすの他の記事を読む