スキンケア大学 ヘルスケア大学 メンズスキンケア大学

カップ麺でもおいしく減塩や低糖質!エースコックの「健活シリーズ」

近年は減塩タイプや低糖質タイプなど、健康を気遣う人にうれしいタイプのカップ麺が増え、おいしさの面でも一般的な商品と変わらなくなってきています。今回はエースコックの梅本さんに、健康志向のカップ麺の進化と、今後の展開についてお伺いしました。

エースコック株式会社
マーケティング部商品開発グループⅠ
主任 梅本 加恵 さん

健康志向のカップ麺を集めた「健活コーナー」を小売店に提案

ace1

まずは、「健活シリーズ」ができた背景についてお聞かせください。

梅本:

カップ麺って、若い人ががっつり食べているイメージがありますよね。でも実は若い世代に限らず、カップ麺が誕生した当初から食べ続けてきた中高年の方々も多いんです。そういう方々がいま、カップ麺も健康志向で選ぶようになってきています。

エースコックは2001年に低カロリーをテーマにしたカップスープ「スープはるさめ」を発売しましたが、その後も多様化するお客様のニーズに合わせて、減塩やグルテンフリー、糖質オフ、食物繊維をプラスしたものなど、健康志向をテーマとした商品を数多く出してきました。

ところが、スーパーなどカップ麺の売り場に行くと商品のサイズごとに棚が分かれていて、どれが健康志向の商品なのか、お客様にはわかりにくいという実状があります。そこで当社では、自社・他社商品を問わず減塩や低糖質、野菜たっぷりなど健康志向のカップ麺を集めた棚を作っていただけるよう、スーパーやドラッグストアなど流通各社に提案し、販促用のPOPなども提供しています。

店頭では、「手軽な食事からスタートする『健全』な食生活を意識した『活動』」という意味で、「健活コーナー」と大きく打ち出しています。カップ麺を選ぶときに、ぜひ注目していただきたいですね。

減塩に機能性関与成分をプラスした「だしの旨みで減塩」

「健活」シリーズのひとつに、「だしの旨みで減塩」があるんですね。

梅本:

そうです。「だしの旨みで減塩」は、2013年より発売しています。日本即席食品工業協会が毎年調査を行っているのですが、消費者の皆様が「カップ麺を食べる際に気になること」として、よく上位にあがるのが、「塩分」なんです。

塩分をそのまま減らしてしまうと味気ないものになってしまうため、当社が追求したのは「だしの風味を活かすこと」でした。たとえば「鶏炊きうどん」では、鶏の水炊き風の旨みのあるだしに柚子胡椒の風味を利かせています。

また、「小海老天そば」では、和風のかつおだしで小海老天の旨みを際立たせていますし、「中華そば」では鶏や魚介のだしにシイタケの旨みを加え、胡椒をアクセントにすることで、塩分40%カット※1でもおいしく食べていただけるよう工夫しています。

「だしの旨みで減塩」はさらに、血圧が高めの方に適した機能があることが報告されているGABAを配合し、カップ麺で初めての機能性表示食品として消費者庁から受理されました。

購買の中心層が中高年の方々や女性なので、サイズはあえて小さめにして、おにぎりなどと一緒でも食べられるようにしていますが、一般的なタテ型カップ麺サイズの商品も用意しています。

タテ型のほうは塩分50%カット※1(1食分2.3g以下)とし、厚生労働省が定める食塩摂取目標量(1日あたり18歳以上男性8g、女性7g)の1食分以下を実現しています。

※1 日本食品標準成分表2015年版(七訂)中華/和風スタイル即席カップめん(油揚げ麺)との比較

つるっとおいしい低糖質麺を実現した「麺ごこち 糖質50%オフ」

ace2

もうひとつ、糖質オフ商品についても教えていただけますか。

梅本:

2017年から発売している「麺ごこち 糖質50%オフ」という商品です。近年は糖質を気にされる方が増えているため、減塩に続く新たなカテゴリの商品として開発しました。

カップ麺のどこに糖質が含まれるかというと、やはり麺の材料である小麦が大きいんですね。「麺ごこち」では小麦を減らし、小麦由来のタンパク質や食物繊維で置き換えることにしました。ただし、そのままだとボソボソとした触感になってしまうため、卵白のつるみを加えるなど独自の技術によって、のど越しなめらかなおいしさを実現しています。

糖質は一般的なノンフライカップ麺と比較して50%オフ※2。白米をお茶碗一杯分(150g)食べると糖質は55.1gにもなりますが、「麺ごこち」1杯なら約半分以下で済みます。

また、「おいしく楽しく適正糖質(=ロカボ)」を提唱する一般社団法人食・楽・健康協会の趣旨に賛同し、同協会の会員企業として、低糖質カップ麺の普及活動にも取り組んでいます。

※2 日本食品標準成分表2015年版(七訂)中華スタイル即席カップめん(非油揚げ麺)との比較

2018年9月、「だしの旨みで減塩」は液体スープでさらにおいしく

健活シリーズを広めていくためのプロモーションは?また、今後の展開について教えてください。

梅本:

これまでに、健康への意識が高まる健康診断シーズンに病院の受付でプロモーションを行ったり、買い物が困難な地域を巡回している移動スーパーで商品サンプリングを行ったり、減塩啓発イベントでブースを出すなど、さまざまなプロモーションをしてきました。

カップ麺市場は一年に1000以上もの新商品が出るといわれており、そのなかで定番商品として続いていくのはほんの一握りです。でも、「だしの旨みで減塩」はさまざまなプロモーションが功を奏したのか、2013年から5年間続いており、市場に定着しつつあるのかなという印象です。

そんな「だしの旨みで減塩」ですが、実は今年の9月10日にミニサイズ3品をリニューアルする予定です。これまでも塩分を段階的に低くしてきたり、GABAを配合して機能的な付加価値をプラスしてきましたが、今回のリニューアルではスープを粉末から液体にすることで、さらにおいしさがアップします。

これまでは健康を気遣う方、常に減塩や低糖質を意識しなければいけない方のための商品ととらえられがちでしたが、これからはおいしさの面でもご満足いただけるため、カップ麺の新しいスタンダード商品としてより若い世代にも受け入れられるのではないかと思っています。減塩しょうゆや減塩味噌はもうあたりまえ。カップ麺もぜひ、同じように捉えて、多くの人に食べていただきたいですね。

ace3

ブランド情報

●麺ごこち 糖質50%オフ

「麺ごこち 糖質50%オフ」シリーズは、おいしさはそのままに糖質50%オフ※を実現した、毎日食べたくなる王道の味わいの低糖質カップめんです。独自技術だからこそできた卵白でつるみを高めた喉越しの心地よい低糖質めんに、素材の旨みを活かしたスープがあわさった上質な味わいを味わっていただけます。

●だしの旨みで減塩

「だしの旨みで減塩」シリーズは、血圧が高めの方に適した機能があることが報告されているGABAを配合した、機能性表示食品のカップめんです。少ない塩だからこそ引き立つだしの風味で、塩分カットを実現しました。だし感溢れるおいしさと機能性で血圧が気になる方におすすめです。

※日本食品標準成分表2015年版(七訂)中華スタイル即席カップめん(非油揚げ麺)との比較

https://www.acecook.co.jp/brand/kenkatsu/index.html

fem.リサーチ