スキンケア大学 ヘルスケア大学 メンズスキンケア大学

年齢を重ねた体の悩みに!再春館製薬所「長白仙参」の開発秘話に迫る!

漢方の製薬会社である再春館製薬所が発売した、年齢を重ねた体の悩みに対応する「長白仙参(ちょうはくぜんじん)」。発売から3年で売上高10億円を突破した「長白仙参」の開発秘話や特徴を、株式会社 再春館製薬所の間地大輔さんにお伺いしました。

株式会社 再春館製薬所
研究開発部 老化研究所長
間地 大輔 さん

長寿ブランドのお客さまに役立ちたいという想いから開発された商品

chouhakusenjinn1

ロングセラーが多い再春館製薬所の商品の中で、「長白仙参」は新しい商品のように思いますが、いつ頃販売されたのですか?

間地:

「長白仙参」は、2015年に発売を開始しました。まだ4年目の商品ですが、もともと当社で50年以上にわたり製造している「痛散湯」を服用する方のために、なにか役に立つ商品を届けたいという想いから生まれた商品なのです。

「痛散湯」は、加齢による体の痛みに悩む方のために、当社が50年以上にわたって製造している漢方に学んだ医薬品です。自然から生まれた生薬の力を取り入れ、痛みの出にくい体へと導くことを目的にしています。

当社の調査では、「痛散湯」の服用3か月くらいまでに変化を実感する方が多いという結果を得ています。有り難いことに、多くの方からご好評いただき、「痛散湯」を選んでよかった、再春館さんに相談してよかった等と、うれしいお声も沢山いただいています。

しかし、そこで満足したくないというのが当社の考え方なのです。

痛みというのは、本人は本当につらく、3か月でも長く感じることでしょう。もっと早く楽になっていただくために、健康をサポートするような商品を開発しよう、という想いから研究がはじまりました。

動ける体になるためには、筋肉をつけることが早道

具体的に、どのような研究があったのですか?

間地:

当社が着目したのは、筋肉をつくり出す力へのアプローチです。

痛みの原因には、さまざまな要因が考えられますが、そのひとつが体を支え、体の動きをつかさどる筋肉量と筋力の低下です。

筋肉量は、55歳頃から減少し始めるといわれています。老化にともない食事量が減少することで、筋肉をつくる材料も減るうえに、加齢により衰えた体は、筋肉の源といわれるアミノ酸を筋肉に変換しにくくなってしまうのです。

さらに、体の痛みに悩む方は、痛みゆえに日常での運動量が減り、それによって筋肉量や筋力がさらに低下してしまうという悪循環から抜け出せなくなってしまいます。それをひっくり返すには、筋力を回復させ、動ける体になること、つまり、動ける体になるためには、筋肉をつけることが早道なのです。

なるほど。でも、筋肉量や筋力は、取り戻せるものなのでしょうか?

間地:

実は、筋肉は関節や骨と比べて蘇生する力が強く、何歳になっても増やすことができるといわれています。

筋肉が生まれ変わる速さは、わずか48日間(※1)で、骨は7年、関節は117年といわれていますから、そのスピードは群を抜いています。筋肉を増やすためには、運動はもちろん、タンパク質が豊富な肉や魚を食べ、筋肉の源となるアミノ酸を摂ることが肝心です。ですが、年齢を重ねるとともに食が細くなり、アミノ酸を十分に摂れなくなってきます。

そこで、当社では、そのアミノ酸を配合した「長白仙参」を開発しました。

(※1)半分生まれ変わるのに必要な日数(出典/筋タンパク質:Volpi JAMA 2001より算出、骨コラーゲン:Manolagas Endocr Rev 2000より算出、関節軟骨コラーゲン:Verziji J Blol Chem 2000)

希少な高麗人参から抽出した「長白参エキス」を独自開発

chouhakusenjinn2

「長白仙参」は、どのようなブランドなのですか?

間地:

「長白仙参」は、体内ではつくれない9種類の必須アミノ酸を厳選して配合した、ゼリータイプの健康食品です。アミノ酸の中でも、筋肉になりやすいロイシンをもっとも多く使用しています。

さらに、希少な高麗人参「長白参(ちょうはくじん)」から抽出した独自成分「長白参エキス」を配合しています。

「長白参」は、高麗人参の特産地である長白山脈にて、こだわりの栽培方法や技術で育てられた希少な高麗人参です。多くの高麗人参が4~6年で収穫されるなか、「長白参」は、畑を途中で植え替え、もっとも成分が豊富になる7年目の時期に収穫されたものです。

この長白参は、1本からわずか2~3%しか採れない細長い「ひげ根」部分に有用成分を豊富に含んでおり、「長白仙参」に配合している「長白参エキス」は、その「ひげ根」だけを使って抽出しています。

この「長白参」は当社の独自成分で、基礎化粧品「ドモホルンリンクル」にも使用しています。そのドモホルンリンクルで培った研究成果や技術も活かし、「長白仙参」は生まれました。長年にわたる漢方の学びと、老化の研究が結びついた商品なのです。

こちらの商品は、錠剤ではなくゼリータイプですね。理由を教えていただけますか?

間地:

ご高齢の方は、服用されている薬も多いので、錠剤や顆粒、カプセルなどいわゆる医薬品の形は最初から候補にはありませんでした。年齢を重ねた方でも食べやすい形状をたくさん試した結果、1本20gのクラッシュタイプゼリーにしました。すぐに噛み砕ける柔らかいゼリーなので、どなたでも飲み込みやすいのが特徴です。また、持ち運びにも便利なスティックタイプにしました。朝食や運動の前後はもちろん、「カバンの中」などに入れて持ち運ぶことができるので、ご自身のライフスタイルに合わせて食べ忘れを防げます。

体の衰えを感じ始める40代・50代の方にもおすすめ

「痛散湯」のユーザーのために開発されたそうですが、「痛散湯」ユーザー以外でも購入はできるのでしょうか。

間地:

はい、もちろんです。体の痛みをヒントとしてとして開発をスタートした「長白仙参」ですが、いつまでも思い通りに動く体づくりのために役に立てて欲しい商品ですので、加齢を感じはじめる40代や50代の方にもおすすめします。

疲れを感じやすくなってきた、窓に映った自分の姿が猫背になっていた、何でもない所でつまずくことが増えてきた、歩くスピードが遅くなってきた、など、年齢を重ねると今まで気にならなかった体の変化を感じることが多くなってくると思います。そのような体の動きの変化に、ぜひ早い時期から本質的なアプローチをしていただきたいと思います。

適切な食事と運動をすることで、年齢と共に衰えた筋力も強くするこができます。だからこそ、私たちは、筋肉の材料となる体内ではつくれない必須アミノ酸を商品に配合すると共に、リハビリの専門家と考案した筋力アップのための運動の提供、また年中無休でお客様をサポートするコールセンターという体制をもって、総合的にお客様にあわせたサービスを展開しております。

いつまでも、好きなことができる身体をキープできるよう、誠心誠意、お客様に向き合ってまいります。

chouhakusenjinn3

ブランド情報

長白仙参は、いつまでも思い通りに動く体づくりを応援するために、体の動きに関わる3大要素(骨、関節、筋肉)の中でも、その生まれ変わりが圧倒的に速い「筋肉」に着目。

希少な高麗人参である長白参から抽出した独自成分「長白参エキス」と体内ではつくり出せない9種類の必須アミノ酸を配合した新発想ゼリー。

https://www.saishunkan.co.jp/chohakusenjin/

fem.リサーチ