スキンケア大学 ヘルスケア大学 メンズスキンケア大学

血圧が高めの方におすすめ。「カルピス酸乳」由来のサプリメント/ラクトウェル

血圧が高めの方に適した機能性表示食品として、2017年10月に発売された「ラクトウェル」。「カルピス酸乳」から生まれたサプリメントとは、どのような商品なのでしょうか?アサヒカルピスウェルネス株式会社の野中さんに話を伺いました。

アサヒカルピスウェルネス株式会社
ダイレクトマーケティング部
課長 野中 敦子 さん

「カルピス酸乳」の研究が開発の原点

ractwel1

「ラクトウェル」は、どのような背景から生まれた商品なのでしょうか?

野中:

「ラクトウェル」は、皆さんもご存知の乳酸菌飲料「カルピス」の素となる「カルピス酸乳」から生まれた商品です。実は、「カルピス」というのは、カルピス菌を使って牛乳を発酵させてつくられる飲み物なんですよ。

カルピス菌は乳酸菌と酵母のふたつの菌の混合物で、それぞれの菌が発酵を行うことで「カルピス」ができ上がります。ふたつの菌によって2回の発酵が行われ、牛乳が「カルピス」になっていくのですが、乳酸菌が1回目の発酵を行い、すっぱい発酵乳をつくりだします。その後、酵母が2回目の発酵を行い、それによって発酵乳に味や香りがつき乳酸菌飲料の「カルピス」になります。

この乳酸菌による1回目の発酵によってつくりだされる発酵乳のことを、「カルピス酸乳」と呼んでいます。私たちの会社では1970年代から「カルピス酸乳」の生理機能に着目し、研究を重ねてきました。その過程で、「ラクトトリペプチド」という機能性関与成分を発見したのです。「ラクトトリペプチド」に「高めの血圧を低下させる機能」があるということが明らかになり、商品の開発がスタートしました。それが、「ラクトウェル」誕生の原点となっています。

長く続けられるような商品を開発

先ほど、「ラクトウェル」誕生の原点についてお話がありましたが、そこからすぐに「ラクトウェル」が開発されたのではないということですか?

野中:

私たちは、「ラクトトリペプチド」を1992年に発見しました。その直後に開発に取り組んだのは、飲料タイプの商品です。1997年に特定保健用食品(トクホ)の許可を取得して、「カルピス酸乳/アミールS」という商品を発売しています。この商品は、現在も私たちのグループ会社であるアサヒ飲料株式会社から販売されており、今でもお客さまから根強い支持をいただいています。

その一方で、こうした商品というのは長く続けることで効果が実感しやすい商品になりますので、「どうしたらより長く続けていただける商品になるか?」ということを常に考えてきました。より手軽で継続しやすいサプリメントタイプの商品として開発したのが「ラクトウェル」になります。

発酵乳の「カルピス酸乳」を飲料タイプから粒タイプにするのには、大変なことも多かったのではありませんか?

野中:

「カルピス酸乳/アミールS」にはペットボトル1本200mlのなかに「ラクトトリペプチド」が3.4mg含まれているのですが、「ラクトウェル」には小さな3粒(0.963g)のなかに4.8mgの「ラクトトリペプチド」が含まれているんです。粒タイプの商品をつくっていくためには「ラクトトリペプチド」の配合率が高い原材料が必要になってくるんですよ。発酵乳のなかに含まれている「ラクトトリペプチド」を効率的に取り出す方法を見つけ出すのに苦労しましたね。

「ラクトトリペプチド」というのはVPP(バリン・プロリン・プロリン)とIPP(イソロイシン・プロリン・プロリン)という3つのアミノ酸がつながった2種類のペプチドの総称です。アミノ酸が数個つながるとペプチドになり、さらに多くつながるとタンパク質になります。たくさんのアミノ酸がつながっている牛乳のタンパク質のなかから、VPPとIPPいうふたつのペプチドが切り出され、「ラクトトリペプチド」になります。

長年の研究から、乳酸菌がタンパク質からVPPとIPPを切り出しているということはわかっていましたので、そのメカニズムを突き詰めていくことで、より配合率の高い原材料を開発しました。その結果、手軽に長く続けていただける粒タイプの商品を完成させることに成功したのです。「ラクトウェル」は1日3粒を目安に飲み、それを長く続けていただく商品になっていますが、「もっと手軽に飲めたり、さらにコンパクトにならないか?」ということを常に考えながら、今後も商品のさらなるブラッシュアップを図りたいと思っています。

特徴は、牛乳由来の発酵技術を活用した機能性表示食品

ractwel2

「ラクトウェル」の特徴は、どのようなところにありますか?

野中:

発酵から生まれた技術を活用した牛乳由来の成分を使っていることです。乳酸菌や酵母など、微生物のチカラを長年研究してきた私たちだからからこそつくることができた商品だと思っています。「ラクトウェル」の「ラクト」というのはラテン語で「乳」を意味しており、「ラクトウェル」という名前には「牛乳由来の健康成分で、体にいい商品をつくりたい」という私たちの想いが込められています。

そしてもうひとつ、私たちの会社の「カルピス健康通販」だけで限定販売を行っていることも、「ラクトウェル」の特徴です。通販で購入していただいたほうが買い忘れもなくなりますし、できるだけ長く続けていただけるように「定期お届けコース」も設けています。

多くのお客さまに寄り添える商品に

今後、「ラクトウェル」をどのようなブランドに育てていきたいとお考えですか?

野中:

2017年10月に「ラクトウェル」が発売されて、定期購入をしていただけるお客さまも着実に増えています。しかし、一方で「ラクトウェル」のことを知らない方もまだまだ多くいらっしゃいます。そうした方たちに対して商品の魅力や特徴を伝え、長く寄り添っていけるような商品にしていきたいですね。

「ラクトウェル」をご支持いただいている方のなかには、「カルピス」のブランド力を信頼して下さる方も多くいらっしゃいます。「カルピスを昔から飲んでいたので、安心できる」と感じているお客さまに、「ラクトウェル」を通じて、信頼感をさらに高めていくことができたらうれしいです。

ractwel3

ブランド情報

「ラクトウェル」は高めの血圧を低下させる機能が報告されている「ラクトトリペプチド」(VPP、IPP)が配合された「カルピス健康通販」限定のサプリメント(機能性表示食品)です。

「ラクトトリペプチド」(VPP、IPP)は、乳酸菌飲料「カルピス」の素となった「カルピス酸乳」の研究により発見された乳由来の成分です。高めの血圧が気になる方におすすめです。

https://www.calpis-shop.jp/products/lactowell.html/

fem.リサーチ