スキンケア大学 ヘルスケア大学 メンズスキンケア大学

紫外線・UVケア

美白有効成分を知ればもっと上手に選べる!美白化粧品の基礎知識

更新日:2019/04/22 公開日:2019/04/22

スキンケア製品を持つ女性

美白ケアに欠かせない美白化粧品ですが、皆さんは商品を選ぶときにどういった点に注目していますか?お気に入りのメーカーやクチコミ、新作だからという理由で選ぶよりも、自分の肌に合った美白化粧品であるかどうかが重要なポイント。

美白化粧品はどんな効果が期待できるのか?どうやって選べばいいのか?美白化粧品の基礎知識を学んで、シミに悩まない若々しい肌を目指しましょう。

美白化粧品をなんとなく選んでいるあなたへ

美白化粧品を知ろう!

美白化粧品の商品説明は、「医薬部外品」「有効成分配合」といった言葉が並び、難しそうなイメージがありますよね。でも、ちょっとしたポイントを知っているだけで、納得の行くケアや化粧品選びができるようになり、実感も変わってきます。

美白化粧品の目的

美白化粧品は医薬部外品

美白化粧品とは、日焼けによるシミ・そばかすを防ぐ医薬部外品(薬用化粧品)のこと。美白有効成分が配合されていて、紫外線によって作られるシミの素になるメラニンの生成を抑えてくれます。

シミができるメカニズム

紫外線を浴びた肌の内部では、皮膚の色を濃くするメラニン色素が生成されます。肌にはターンオーバーという生まれ変わりのサイクルがあるので、作られたメラニンはしだいに皮膚表面まで押し上げられて、古い角質とともにはがれて排出されます。

しかし、紫外線のダメージを長年に渡って受けていると、メラニン色素が過剰に作られ続けたり、ターンオーバーが乱れて排出されにくくなることも。すると、メラニン色素が肌にとどまってしまいシミとなります。

主な美白有効成分の役割

主な美白化粧品の有効成分

美白化粧品に含まれる美白有効成分はさまざまな種類があり、メーカーごとに独自に開発された成分もあります。どれもシミを予防する目的は同じですが、メラニン色素の生成から排出までのプロセスの中で作用するポイントが少しずつ異なります。

メラニンの生成を抑える

主な美白有効成分:トラネキサム酸、カモミラET、ルシノール

メラニン色素を作りだすメラノサイトという色素細胞を活性化させないようにしたり、色素細胞内でメラニン色素を作り出すチロシン(アミノ酸)とチロシナーゼ酵素の合体を防いだりすることで、メラニン色素の生成を抑えます。

チロシナーゼ酵素の働きを抑える

主な美白有効成分:プラセンタエキス、アルブチン、コウジ酸

メラニン色素の生成を促すチロシナーゼ酵素の働きを阻害したり活性を抑えたりすることで、メラニンの生成に歯止めをかけることができます。

メラニン色素の還元

主な美白有効成分:ビタミンC誘導体

メラノサイトから排出されたメラニン色素に作用して薄くすることで、色素沈着を防いでシミ予防を目指します。ビタミンCは水の中で壊れやすいことがデメリットでしたが、その短所を補って肌に浸透しやすくしたのがビタミンC誘導体です。ビタミンC誘導体はメラニン生成の抑制や排出もサポートしてくれる成分です。

メラニンの排出をうながす

主な美白有効成分:プラセンタエキス

メラニンは肌のターンオーバーによって肌表面まで押し上げられて排出されるため、美白有効成分が新陳代謝を促進するなどしてスムーズな排出をうながします。プラセンタエキスは、排出だけでなくチロシナーゼ酵素の抑制もサポートしてくれる成分です。

美白化粧品を選ぶときは成分を見て選ぼう

美白化粧品は成分で選ぶ

美白有効成分によってシミを防ぐ作用に違いがあることを見てきましたが、自分にとってどの成分が効果を実感しやすいかは、使ってみないとわかりません。かといって、やみくもに新しい美白化粧品を買うのも大変ですよね。

そこで、まずは今使っているものやこれから買おうとする美白化粧品に、どのような美白効成分が含まれていて、アプローチするのかを調べてみましょう。次に選ぶときの一つの参考情報になります。例えば、今効果をあまり実感できない場合は、次はメラニンに対して別のアプローチができる美白有効成分に着目する、といったことが可能になります。

あくまで予防の観点で使用すること

美白化粧品でシミは消えない

美白化粧品はシミ予防のケアに有効ですが、「これさえ使っていれば大丈夫」というわけではありません。効果をきちんと実感したいなら、日常生活での紫外線対策も併せて行うことが大切です。シーンに応じた日焼け止めを使い、2〜3時間ごとにこまめに塗り直すこと、日傘や帽子も組み合わせて使うこと心がけてください。

せっかくの美白化粧品をしっかり活用するためにも、正しい使い方と紫外線対策を組み合わせて、美しい肌を目指していきましょう!

あわせて読みたい

紫外線・UVケア

キーワード

【注目キーワード】