スキンケア大学 ヘルスケア大学 メンズスキンケア大学

スキンケア大学タイアップ企画 [PR]

乾燥して全身ムズムズ!?妊娠中期の肌をすこやかに保つボディケア

更新日:2019/04/04 提供:株式会社メリックス

スキンケア大学編集部

この記事の著者

スキンケア大学編集部

妊娠中期に見られる肌のムズムズとは?

おなかのかゆみが気になる妊娠中期の妊婦さん

安定期を迎えてほっと一安心する妊娠中期。心も体調も落ち着いてくるころですよね。一方でおなかがだんだん大きくなって、ムズムズとしたかゆみを訴える人が増えてきます。

体のかゆみは、妊娠中に起こりやすいマイナートラブル(不快症状)のひとつ。おなかや腰回りのほか、全身にかゆみを感じる人もいるようです。かゆみの原因と対策について紹介しますね。

ムズムズしたらおなかの凸凹にも注意!

妊娠線のケアをしている妊婦さん

妊娠中のかゆみや乾燥は、ホルモンバランスの変化が影響している場合があります。また妊娠中期から、おなかが大きくなることも原因のひとつ。皮ふが急激な伸びに耐えられなくなって、凸凹した線のようなものが現れるときに、かゆみをともなうことがあるのです。

おなかの皮ふが乾燥していると、柔軟性が低下しがち。凸凹ができやすくなるので気をつけてくださいね。

ムズムズ対策はやさしく洗ってやさしく保湿

おなかの肌をすこやかに保ち、ほほえんでいる妊婦さん

毎日のスキンケアでできるムズムズ対策は、皮膚を清潔に保って、保湿することです。体を洗うときは、石けんやボディソープをよく泡立てて、その泡で包み込むようにやさしく洗ってください。泡立ちが少ないと、肌をこすって刺激を与えたり、汚れが落ちにくくなったりする場合があります。

体を洗ったあとは、乾燥が進みやすい状態になっています。皮膚への刺激をできるだけ減らすために、ボディクリームで保湿しましょう。保湿ケアは、おなかの皮ふをなめらかに保つ上でも重要です。

また妊娠中は、ホルモンバランスの影響で皮ふがデリケートになりがち。低刺激なアイテムにこだわりたいところですよね。妊娠中はもちろん、出産後に赤ちゃんと一緒に使えるアイテムを紹介します。

素材にこだわった肌なじみのよいボディクリームで保湿ケアを

ミルポッシェオーガニクス ボディケアクリーム

『ミルポッシェオーガニクス ボディケアクリーム』は、天然由来成分を99%以上使用。主成分のゲットウ葉水*をはじめ、純国産オーガニック素材にこだわって作った、自然の恵みたっぷりの保湿クリームです。

産前・産後のママ50,000人以上への大規模アンケートを実施し「ママとベビーが一緒に使えるスキンケア商品」を目指して開発。界面活性剤・合成着色料・合成香料・防腐剤**・鉱物油・エタノール・シリコン・合成ポリマーの8つのフリー処方を実現しています。

天然由来の保湿成分で肌をなめらかに

シアバターやホホバオイル、オリーブ油*など、肌なじみのよい植物性の油脂を配合。乾燥を防いで、凸凹のないなめらかな肌を守ります。

ミルポッシェオーガニクス ボディケアクリーム
160mL/2,700円(税別) 400mL/5,800円(税別)

詳しくはこちら

デリケートな肌をやさしく洗い上げる固形石けんも

ミルポッシェオーガニクス ハンドメイドソープ

『ミルポッシェオーガニクス ハンドメイドソープ』は、沖縄に生息しているゲットウ葉水*を主成分に、オイルと植物原料で作った石けん。肌への刺激をできるだけ少なくするために、昔ながらの製法で1ヶ月以上かけて熟成し、一つひとつ手づくりしています。

ボディクリームと同様に、合成界面活性剤・合成着色料・合成香料・防腐剤**・保湿成分鉱物油・エタノール・シリコン・合成ポリマーは不使用。赤ちゃんやママの、ボディ用や洗顔石けんとしてお使いいただけます。

妊娠中は生まれてくる赤ちゃんのためにも、できるだけ心穏やかで快適にすごしたいもの。ミルポッシェオーガニクスのソープとボディケアクリームで、肌をやさしくいたわってくださいね。

*保湿成分
**薬機法の化粧品基準に定められた防腐剤を使用していません

美ログ