スキンケア大学 ヘルスケア大学 メンズスキンケア大学

スキンケア大学タイアップ企画 [PR]

妊娠中のこむら返りにさよなら!無理なくできる簡単ケアで軽やかに

更新日:2019/04/04 提供:株式会社メリックス

スキンケア大学編集部

この記事の著者

スキンケア大学編集部

おなかが重くなったころに起こりやすいマイナートラブル

妊娠後期に入っておなかが重くなり、ソファに座ってくつろぐ妊婦さん

赤ちゃんとの新生活に想いをはせる妊娠後期。おなかがだいぶ重くなり、足や腰に負担を感じることが増えてきたのではないでしょうか。

そんな妊娠後期に多いトラブルが「こむら返り」。こむら返りとは、ふくらはぎなどの足の筋肉が異常収縮して、強い痛みをともなう状態をいいます。就寝中に、誰しも一度や二度は経験したことがあるのではないでしょうか。

頻繁に起こると寝不足になることもあるので、できることから対策していきたいですね。

さまざまな原因が重なって起こるこむら返り

こむら返りが起こってつらそうな妊娠後期の妊婦さん

こむら返りの原因は、はっきり解明されていませんが、次のような状態のときに起こりやすいと考えられています。

筋肉が疲れている

長時間の買い物や家事などで足が疲れると、起こりやすくなります。特にふくらはぎは力を入れていることが多いので、筋肉に負担がかかります。

血液循環の悪化

冷えや運動不足などで血流が悪くなると、足に酸素や栄養がいきわたりにくくなり、筋肉疲労が起こりやすくなります。

カルシウムなどミネラルの不足

ミネラル類は、筋肉や神経の働きにとって欠かせない栄養素です。カルシウムやマグネシウムが不足すると、こむら返りが起こりやすくなります。

特に妊娠中は、体型や姿勢の変化により、足の筋肉に負担がかかりがち。運動不足から血行不良になることも多いでしょう。また、摂取したカルシウムなどの一部が赤ちゃんの発育に使われるため、ミネラルバランスが崩れて足がつることもあるようです。

不意に襲ってくるこむら返りを防ぐには?

こむら返りを防ぐふくらはぎのマッサージ

こむら返りが起こったら焦らずに、つま先をおなか側に向けて、ふくらはぎをゆっくり伸ばしましょう。またこむら返りは、次のような日常のちょっとした工夫で予防できます。

  • 適度に足を動かしたり、温めたりして、血行を促す
  • カルシウムやビタミンB群、水分を十分に摂取する

ふくらはぎを伸ばすストレッチを行ったり、マッサージでほぐしたりるのもおすすめ。マッサージを行うときは肌を摩擦しないように、ボディクリームを使いましょう。妊娠中のおなかの凸凹ケアと同時に行えば、忘れずに継続しやすいですね。

伸びがよくて全身に使いやすい、低刺激なボディクリームを紹介します!

マッサージにも、おなかのケアにも、ボディクリーム1本でOK!

ミルポッシェオーガニクス ボディケアクリーム

『ミルポッシェオーガニクス ボディケアクリーム』は、妊娠中のボディをやさしくケアするために作られた、天然由来成分99%以上の保湿クリーム。伸びがよくてたっぷりうるおうから、おなかのケアや手足のマッサージにおすすめです。

肌にうるおいと弾力を与える保湿成分

シアバターやホホバオイルなど、自然由来の保湿成分がたっぷり。肌になじみやすく、べたつかないサラッとした使用感が特徴です。ボディクリームでマッサージをしたあとは、すぐに衣類が着られるのがうれしいですね。

8つのフリー処方

妊娠中の肌は、ホルモンバランスの影響で敏感になりがち。界面活性剤・合成着色料・合成香料・防腐剤*・鉱物油・エタノール・シリコン・合成ポリマーの8つのフリー処方を実現しています。

ミルポッシェオーガニクス ボディケアクリーム
160mL/2,700円(税別) 400mL/5,800円(税別)

詳しくはこちら

妊娠後期は疲労を感じることも多いけれど、赤ちゃんと会えるのはもうすぐ。マッサージで定期的に体をいたわって、穏やかな毎日を楽しみながらその日を待ちたいですね。

*薬機法の化粧品基準に定められた防腐剤を使用していません

美ログ