スキンケア大学 ヘルスケア大学 メンズスキンケア大学

スキンケア大学タイアップ企画 [PR]

お散歩した日はかかとの保湿を!妊婦さんの足元を軽やかにするフットケア

更新日:2019/04/22 提供:株式会社メリックス

スキンケア大学編集部

この記事の著者

スキンケア大学編集部

おなかの凸凹ケアだけじゃダメ?保湿を強化したいパーツとは

手をつないで散歩する妊婦さんとその夫

おなかが少しずつ目立ち始める妊娠中期。「そろそろ凸凹を防ぐケアを始めようかな」と考える頃ですよね。

おなかの皮ふが乾燥していると、柔軟性が低下して伸びにくくなり、凸凹ができやすくなってしまいます。さらに妊娠中はホルモンバランスの乱れなどから、肌の乾燥が進みやすいもの。この時期はおなかをはじめ、全身の保湿ケアに気を配ることが大切です。

保湿ケアをするうえで、意外と忘れがちなのが足の裏。普段は目立ちにくい部分だけに、気づいたら乾燥してガサガサになっていることがあるんですよ。

妊婦さんのかかとが厚くなる原因

乾燥してガサガサになった足の裏を気にする妊婦さん

運動不足になりがちな妊婦さんでも無理なくできるのが、散歩程度のウォーキング。外の景色を見ながら散歩をするのは、よい気分転換にもなりますよね。

ただし妊娠中は体重が急激に増えるため、いつもより足の裏やかかとに負担がかかりがち。歩行時の圧迫や摩擦などの刺激から身を守ろうとして、角質が厚くなることがあります。

ガサガサが気になるからといって角質を削りすぎると、防御反応からますます厚くなることも。日頃からしっかり保湿して、柔軟性を保ちましょう。

かかとからふくらはぎまで伸ばしてスッキリと

むくんだ足に保湿クリームを塗ってマッサージする妊婦さん

かかとケアをするときは、一緒にふくらはぎをやさしくマッサージをするのもおすすめです。妊娠中は、足のむくみに悩まされることも多いもの。むくみがひどくなると、体を動かすどころか、立っているのもつらくなってしまいますよね。

かかとからふくらはぎまで伸びのよいボディクリームを広げて、適度な刺激を与えましょう。マッサージによって、むくんだ足が軽やかになりますよ。

マッサージしながら保湿もできるボディクリーム

ミルポッシェオーガニクス ボディケアクリーム

『ミルポッシェオーガニクス ボディケアクリーム』は、シアバター、ホホバオイル、オリーブオイル*をバランスよく配合した保湿クリーム。肌なじみのよい3種類の天然植物オイルが、ごわつきがちな皮ふにうるおいを与え、弾むようなやわらかい肌へと導きます。

少量でもよく伸びるので、妊婦さんのおなかの凸凹ケアはもちろん、かかとのケアやふくらはぎのマッサージにも便利。軽い使い心地でベタつかないから、すぐに靴下が履けますよ。

*保湿成分

肌のことを考えた8つのフリー処方

敏感になりがちな妊婦さんの肌のことを考えた、低刺激処方。神奈川大学の「三相乳化*」技術により、肌への刺激となる可能性のある界面活性剤不使用を実現しました。さらに、合成着色料、合成香料、防腐剤**、鉱物油、エタノール、シリコン、合成ポリマーもフリー。赤ちゃんや小さなお子さまも使用できます。

*神奈川大学 特許第3855203号「乳化分散剤及びこれを用いた乳化分散方法並びに乳化物」
**薬機法の化粧品基準に定められた防腐剤を使用しておりません

天然由来成分99%以上の恵みでやさしくケア

オーガニック農法で栽培された「月桃」から抽出されたハーブウォーター*を主成分に、沖縄・宮古島に自生する植物エキスをプラス。製品の99%以上が天然由来成分でできています。自然がもたらす豊かな恵みを感じながら、乾燥や肌あれを予防できますよ。

肌が乾燥しやすい妊娠中は、伸びがよく、デリケートな肌も使いやすい『ミルポッシェオーガニクス ボディケアクリーム』で全身の保湿ケアを。特にお散歩したあとはフットケアを取り入れて、足をやさしくいたわってくださいね。

ミルポッシェオーガニクス ボディケアクリーム
160mL/2,700円(税別) 400mL/5,800円(税別)

詳しくはこちら

*保湿成分

美ログ