スキンケア大学 メンズスキンケア大学

スキンケア大学タイアップ企画 [PR]

更新日:2019/06/26 提供:ヤーマン株式会社

寝汗の原因は暑さだけじゃない?ストレスケアで朝まで快眠のススメ

スキンケア大学編集部

この記事の著者

スキンケア大学編集部

ヤーマンのマットレスオクタスプリングで寝汗解消

寝ているときにびっしょりと汗をかいて、目覚めてしまった経験はありませんか?「掛布団が厚かったから?」「悪い夢でも見ていたから?」と考えてみても、よくわからないことがしばしばですよね。寝汗の原因と対策を知って、朝まで快適な睡眠ができる生活を手に入れましょう。

精神的・肉体的ストレスと寝汗の関係

ヤーマンのマットレスオクタスプリングで寝汗解消

ストレスを感じて緊張したり焦ったりすると、汗をかくことがありますよね。季節に合わない掛布団はもちろんですが、寝汗にはストレスと自律神経が関わっているケースがあります。自律神経には交感神経と副交感神経があり、ともにバランスをとりながら心拍や発汗などの体の機能を調節しています。

交感神経
興奮や緊張を感じたとき、体を動かしたときなどに優位になる
副交感神経
リラックスしたり体を休ませたりしているときに優位になる

日中のストレスを寝るときまで引きずってしまうと、自律神経のバランスが乱れて寝汗の原因に。なかなか寝つけずに眠りが浅くなることもあります。就寝前はストレスを忘れて、リラックスできる環境をつくりましょう。

  • 間接照明やキャンドルを使い、照明を暗くする
  • 軽いストレッチを行う

などがおすすめです。ハラハラドキドキするようなドラマや読書、スマホのブルーライトなどは、脳を興奮させるので避けましょう。

またストレスには精神的なストレスだけでなく、肉体的なストレスもあります。日中の疲労はもちろんですが、敷布団やベッドが体にストレスを与えている可能性も。

「精神的なストレスは感じていないはず」「あまり体を動かしたりしていない」という人は、さっそく見直してみましょう。

ストレス知らずの眠りは適度な硬さのマットレスが鍵

ヤーマンのマットレスオクタスプリングで寝汗解消

ベッドマットや敷布団を選ぶときに大切なのは、硬さの確認です。柔らかすぎるものや硬すぎるものは、体に負担をかけることがあります。心地よく眠れる姿勢は、自然な立ち姿に近い状態。理想の姿勢をキープできる、適度な硬さのものを探しましょう。

柔らかすぎるもの

胸から腰のあたりが深く沈みこんで、背骨が曲がってしまいます。すると腰に負担がかかって痛みが生じたり、寝返りが増えて眠りが浅くなったりします。

硬すぎるもの

首や肩、腰がリラックスできず、痛みや疲れが生じることがあります。

今の寝具が「体に合っていない」「寝心地が悪い」と感じている人は、マットレスで調整してみませんか?

ラクな寝心地と洗い立てのような爽快感!特許技術のオクタスプリング

奥田スプリング使用カップルイメージ

ヤーマン オクタスプリング
19,800円(税別)

ヤーマンのオクタスプリングは、体をやさしく支える寝心地と通気性のよさを両立した新しいマットレス。メタルスプリング(金属バネ)ではなく、ウレタンフォーム素材の特殊なバネが特徴です。体をやさしくしっかり支え、快眠へと導いてくれますよ。

清潔さを保つ優れた通気性

オクタスプリング

筒状のスプリング形状に加え、側面がハニカム(ハチの巣)構造になっています。ウレタン素材でありながら優れた通気性を保ち、洗い立てのシーツのような寝心地に。

姿勢をサポートし、体にかかる負担を分散

5つのパーツごとに硬さの異なるウレタンスプリングを使用。最も体重のかかる腰の部分には硬めのウレタンスプリングを配置し、首や肩、腰の負担を分散しています。体にストレスをかけにくい、理想的な睡眠姿勢をキープ!

厳しいテストをクリアした耐久性

6万回もの圧縮テストをクリア。機能性マットレスの中では手ごろな価格帯なのに、長期間使用できるのはうれしいですね。

快適な睡眠で体調が整うと、気持ちも晴れやかになるはず。ストレスフリーなオクタスプリングで、寝汗知らずの朝を迎えましょう!

詳しくはこちら

関連記事

キーワード

【注目キーワード】

美ログ