スキンケア大学 メンズスキンケア大学

スキンケア大学タイアップ企画 [PR]

更新日:2019/08/28 提供:ヤーマン株式会社

忙しくてもうるぷる美肌ママに!奥に*アプローチするRFでエステ級エイジングケア**

顔周りを気にする女性

妻として、母として、働く女性として、自分らしくがんばる毎日。でもふと鏡を見たとき「以前よりうるおいがない」「顔色がくすんでいる***」「フェイスラインが気になる…」と感じて、ため息をつくこともあるのではないでしょうか。

エステに頼りたいけれど、時間とコストを考えるとハードルが高いですよね。そんなときは美顔器でエイジングケア**を始めませんか?年齢が気になり始めた人におすすめの理由を紹介します!

*角質層まで
**年齢に応じたケア
***汚れや古い角質に寄る

化粧品でできること・できないことを知ろう

スキンケアと美顔器の違い

年齢とともに現れる肌悩みの一つは、うるおいを生み出す力の低下。肌が乾燥して透明感が失われ、くすんで見えるようになります。とはいっても肌の乾燥は、自分に合ったスキンケア化粧品で対策できますよね。

化粧品で対策しにくいのは、うるおいの低下、顔まわりの印象ダウン、乾燥によるくすみなど。これらに共通しているのは、化粧品が浸透しにくい部位で起こるということです。

気になる年齢サインは肌の奥で起こる

私たちの肌は上から順に表皮、真皮、皮下組織の3層構造になっています。うるおいの低下は、真皮を構成するコラーゲンの減少やダメージが原因になることも。フェイスラインが気になるときは、皮下組織よりも下にある表情筋のこわばりも影響します。

いつものスキンケアにプラスして、多機能な美顔器が1台あれば、肌や筋肉に心地いい刺激を与えたり、あたためたりするケアが可能に。スキンケア化粧品でうるおいを保ちながら、よりイキイキした肌が目指せますよ。

エステの定番施術RF(ラジオ波)で温ケア

エステでRF(ラジオ波)の施術を受けている女性のイメージ

美顔器にはさまざまな種類や機能がありますが、多忙でお疲れぎみな人におすすめなのがRF(ラジオ波)です。RF(ラジオ波)とは、水分に反応して物を深部*からあたためる高周波。肌の奥*に熱を届けてあたためる美容法として、エステでも多く導入されています。

心地いい熱が肌をめぐると、うるおいが沸き上がってくるような感覚に。たとえばシナシナになった葉物野菜を、50℃ぐらいのお湯に入れるとシャキッとしますよね。肌をあたためることも、それに近いイメージかもしれません。肌があたたまった状態でスキンケアを行うと、浸透*しやすくなるメリットもあります。

1台に6つの機能!あたためてエステ級エイジングケア**

ヤーマン フォトプラス EX

ヤーマン フォトプラス EX
45,000円(税抜)

ヤーマンの「フォトプラス EX」は、1台でさまざまな肌悩みに応えてくれる家庭用美顔器。RF(ラジオ波)は業務用マシンと同じ1MHzの周波数を採用しています。さらにEMS、イオン導入・導出、マイクロカレント、赤色LED、冷却機能を搭載。6つのエイジングケアが行えます。

CLEANモード(イオン導出)

RF(ラジオ波)で肌の奥*まであたためた後、イオンの力で汚れを吸着。ふだんの洗顔では落としきれない毛穴汚れもスッキリ取り除きます。

MOISTUREモード(イオン導入)

RF(ラジオ波)で肌の奥*まであたためた後、イオンの力で化粧水や美容液を肌の奥*に届けます。みずみずしく透明感のある肌に。

EMS UPモード

RF(ラジオ波)で肌をあたためてウォームアップした後、EMS(電気信号)が表情筋を刺激。フェイスラインのもたつきにアプローチします。

COOLモード

お手入れ後の肌を冷却機能でクールダウン。ヘッドを付け替えることなく温冷美容ができて、シャキッとした肌に。

EYE CAREモード

微弱電流「マイクロカレント」で、デリケートな目もとも心地よくトリートメント。

RF LEDモード

赤色LEDとRF(ラジオ波)を同時出力。エステ級のフォトケアが体感できます。

多機能だけど使い方はカンタン!

  1. 電極ヘッド部分にコットンをセット
  2. コットンにお手持ちの化粧水やゲルをつける
  3. モードを選択し、肌の上に滑らせるように動かす

時間がたてば自動的に終了するので、細かい設定はいりません。6つのモードを選んで組み合わせれば、63通りのお手入れコースが楽しめますよ。

詳しくはこちら

忙しい毎日に無理は禁物。でもコツコツ肌をいたわって「ママきれい!」と言われたら、ちょっと誇らしいかも。明日もこれからも自信がもてる肌を目指して、マイペースにケアしてみませんか?

*角質層まで
**年齢に応じたケア

関連記事

キーワード

【注目キーワード】

美ログ