スキンケア大学 メンズスキンケア大学

スキンケア大学タイアップ企画 [PR]

更新日:2020/06/09 提供:株式会社コーセー

大人の肌に潜む「シミのもと」を無色化*ケアしてクリアな肌に

スキンケア大学編集部

この記事の著者

スキンケア大学編集部

シミのない肌を見て安心している女性のイメージ

「早ければ早いほどいい」とよく言われる美白ケア。まだシミがない人は「気が早いのでは?」と思うかもしれませんね。

でも少しずつ紫外線を浴びてきた大人の肌には「シミのもと」が潜んでいることがあります。シミになる前に美白美容液で備えて、明るく澄んだ肌を保ちましょう!

知らず知らず蓄積する紫外線ダメージ

部屋の窓辺で日差しを浴びる女性イメージ

近所のコンビニへ行くときや洗濯物を干すときなど、「ちょっとだけだから…」とすっぴんで外に出ることはありませんか?

毎日の生活の中で、少しずつ紫外線ダメージが蓄積していくと、メラニンをつくるメラノサイトが活性化。メラノサイトでつくられたメラニンは「メラノソーム」という袋に貯まっていきます。

メラノソームが表皮細胞に受け渡されるイメージ

袋がメラニンでいっぱいになると、真っ黒な「シミのもと」に。これが表皮細胞に受け渡され、シミにつながります。

大人の肌に潜むシミのもとを、シミに変えないために、早めの美白ケアが効果的なんですよ。

シミを防ぐためのポイントはメラノソームの無色化*

「メラニンができてから美白ケアしても手遅れなのでは?」と思う人もいますよね。実はメラニンは、最初から黒いわけではありません。

メラノソームが成熟するイメージ

生まれたてのメラノソーム(Ⅰ型メラノソーム)は無色透明。チロシナーゼという酵素がメラノソームに働きかけて、徐々に真っ黒なメラノソーム(Ⅳ型メラノソーム)になります。

たとえば白いタマネギのみじん切りは、炒めると色がついてキツネ色からあめ色になっていきますよね。チロシナーゼはいわば、タマネギを炒める職人。でも職人に仕事をさせなければ、どんなにタマネギがあっても白いままです。

シミも同じようにチロシナーゼの働きを抑制できれば、シミのもと(Ⅳ型メラノソーム)の無色化*が可能に。そのために働くのが美白有効成分「コウジ酸」です。

*メラニンのかたまりを黒色化させないこと。メラニンの生成を抑え、シミ・ソバカスを防ぎます。

濃いシミも目立つシミもつくらせない美白美容液

ONE BY KOSÉ メラノショット ホワイト D商品画像

ONE BY KOSÉ メラノショット ホワイト D [医薬部外品]
40mL 5,830円(税込)/付けかえ用40mL 5,500円(税込)
65mL 7,920円(税込)/付けかえ用65mL 7,590円(税込)

詳しくはこちら

ONE BY KOSÉ『メラノショット ホワイト D』は、美白有効成分コウジ酸配合の美白美容液。チロシナーゼの活性を抑制してメラニンの生成を抑え、シミ・ソバカスを防ぎます。

コウジ酸の美白メカニズム

コウジ酸は日本で生まれた天然由来の美白有効成分。コウジに触れる杜氏(お酒を造る職人)の手が白いことから、研究・開発されました。

コウジ酸がシミのもとを無色化するイメージ

コウジ酸はメラノソームが成熟していく全過程(Ⅰ型・Ⅱ型・Ⅲ型・Ⅳ型)で、チロシナーゼの活性を抑えます。真っ黒なメラノソーム(IV型メラノソーム)をつくらせず、シミのもとを無色化*。さらにほぼ無色のⅠ型・Ⅱ型メラノソームの割合を高めます。

コウジ酸は1988年に日本で初めて美白有効成分として認められ、その後ずっと活用され続けてきた成分なんですよ。

メラノシューティカル処方でメラノサイトを直撃

メラノショットホワイトDのテクスチャー

コウジ酸やその他の美容成分をより効率よく届ける「メラノシューティカル処方」を採用。浸透促進成分(オレイン酸エチル)が硬くなった肌を柔らかくほぐし、美容液の通り道をつくります。

コウジ酸をメラノサイトへ直接届けながら、その他の美容成分が角層のすみずみに浸透。肌をしっとりと整え、うるおって透明感のある肌に導きます。

10代~20代のころにアウトドアを楽しんだ人も、まだ大丈夫!シミのもとを無色化*して、濃いシミも目立つシミも徹底的に防ぎましょう。

詳しくはこちら

ブランドサイトはこちら

*メラニンのかたまりを黒色化させないこと。メラニンの生成を抑え、シミ・ソバカスを防ぎます。

美ログ