スキンケア大学 メンズスキンケア大学

スキンケア大学タイアップ企画 [PR]

更新日:2021/08/03 提供:サラヤ株式会社

マスクを洗う洗剤で肌荒れに!?刺激リスクを減らす洗剤の選び方

スキンケア大学編集部

この記事の著者

スキンケア大学編集部

マスクによる肌荒れが気になる女性のイメージ画像

マスク着用がニューノーマルな今。
布マスクは使い捨てタイプよりもコスパがよく、好みの素材やサイズ、カラーなどが選べると人気ですよね。

一方で
肌のためを思って選んだ布マスクで、肌荒れが…
という人も多いのではないでしょうか。

布マスクで肌荒れを起こす主な原因は「摩擦」「ムレ」「乾燥」「洗濯洗剤」の4つが考えられます。特に洗濯洗剤の成分が影響している可能性も。

まずは4つの原因を押さえておきましょう。

1.マスクとの摩擦による肌荒れ

素材、デザイン豊富な布マスクの画像

私たちの肌は「角層」に覆われ、外部刺激から守られています。顔の角層の厚みは、わずか約0.02mm。マスクが肌を摩擦すると、角層が傷ついてしまい、炎症を起こしやすくなります。

布マスクの素材をチェック

布マスクには綿やシルク、麻、ポリエステルなどの素材があります。素材をチェックして、肌に合うものを探してみましょう。

2.マスク内のムレによる肌荒れ

ムレのイメージ画像

肌荒れの原因となる雑菌は、高温多湿な環境を好みます。雑菌のエサになる皮脂や汗も増えるため、吹き出物ができやすくなります。

適宜マスクをはずす

屋外や換気された場所で、人と2メートル以上の距離がとれる場合は、マスクを外してムレを逃がしましょう。

3.肌の乾燥

保湿ケアする女性の画像

マスクをしていると、肌がうるおっているような気がしますよね。しかしマスクを外してムレを逃すとき、肌の水分も一緒に蒸散していき、乾燥しやすくなります。

保湿ケアを丁寧に

化粧水と乳液はどちらも適量をきちんとつけて、角層のうるおいを守りましょう。

4.洗剤の添加物による肌荒れ

添加物を含む洗たく洗剤のイメージ画像

マスクに付いた雑菌を落とし、清潔に保つためにも使いたい洗濯洗剤。しかし多くの洗濯洗剤には、さまざまな添加物が使われています。それらの中にはマスクの繊維に残留し、肌に接触したときに刺激や負担となる成分も…。

洗濯洗剤に使われる主な添加物

  • 蛍光増白剤(蛍光剤)
  • 酵素(タンパク質分解酵素)
  • 漂白剤
  • 抗菌成分・消臭成分
  • 合成香料
  • 着色料

香害にも注意を

マスクは鼻を覆うため、合成香料によるアレルギー(化学物質過敏症)を引き起こす恐れもあります。いわゆる「香害」は自分だけではなく、第三者にも影響がおよぶ可能性があるので気を付けたいですね。

思わぬ肌荒れや香害を避けるために、洗濯洗剤を見直してみましょう。

無添加洗剤を選んで
予期せぬ刺激要因から肌を守ろう

マスクを手洗いしている女性のイメージ画像

肌に合わないマスク素材や間違ったスキンケアなど、肌荒れの原因はさまざま。洗濯洗剤の添加物が、すべての方の肌に悪影響を与えるわけではありません。

しかし肌荒れの原因がわからないとき、マスクを洗う洗剤を見直すことは、原因を絞り込む手段になります。

洗浄力が高いものを選ぶとなお良し

無添加の洗剤で刺激リスクを減らすとはいっても、無添加の基準はメーカーによって違いがあります。何が無添加なのかチェックしましょう。

またマスクを清潔に保つためには、ウイルスや細菌、汚れを落とす洗浄力が大切。しかし残留した洗浄成分が肌を刺激しないよう、洗剤残りのないものを選ぶのもポイントです。

マスク洗いにも!編集部おすすめの
ヤシノミ洗たく洗剤 濃縮タイプ

ヤシノミ洗たく洗剤 濃縮タイプ商品画像

洗剤による刺激を極力避けるために、編集部が自信を持っておすすめするのが「ヤシノミシリーズ」の洗濯洗剤です。

  • 高い洗浄力を持ちながら、繊維に残りにくい植物性の洗浄成分
  • 蛍光増白剤、抗菌剤、漂白剤、合成香料、着色料などは無添加

無添加でもしっかり洗浄できるから、ファンデーション汚れがひどいマスクも…

マスク画像

↓↓↓

マスク画像

10分ほどつけてから軽く押し洗いするだけで、スッキリきれいになりますよ。

生地を傷めず汚れスッキリ!マスクの洗い方

  1. 洗い桶に水道水を入れ、洗濯洗剤を溶かす。水1Lに対して洗濯洗剤はティースプーン1杯が目安
  2. マスクを入れて10分置き、軽く押し洗いする
  3. 桶の洗剤を流し、水道水で溜めすすぎする
  4. 手のひらで押して水気を切り、タオルに挟んで水気を取る
  5. 形を整えてから陰干しする

つけ置きの時間がないときは、ネットに入れて洗濯機で洗ってもOKです。ただしネットの中でマスクが動くと、擦れて傷んでしまいます。マスクが動かないように、ネットの余った部分を結んでおくといいですよ。

ヤシノミ洗たく洗剤は、肌が敏感な人の衣類用洗剤として編集部でも愛用者多数!

  • ネットに入れたマスクを、衣類と一緒に洗濯できる手軽さ
  • 1本で約60回分も洗濯できるコスパの良さ

なども支持される理由です。

詳しくはこちら

編集部からは、

「洗剤の香りが苦手だけど、無香料のヤシノミで洗うと気にならない」
「マスクについたメイク汚れもしっかり落ちる」
「手洗いでもすすぎが簡単」

など、マスク洗い用の洗剤としても好評の声が続々。

かしこく洗剤を選んで、肌を刺激から守りながら、マスク生活を乗り切りましょう!

美ログ