スキンケア大学 ヘルスケア大学 メンズスキンケア大学

GUNZE

インタビュー

女性向けに着ごこちのよさを追求

(スキンケア大学)  KIREILABOについてどのようなお取組みをされているのか、お伺いできますでしょうか?

(後藤) 女性用下着は、解剖学・形態学をベースに、女性のカラダを、多少ムリがあっても、造形美によって美しくみせることに焦点をあてた商品づくりが主流となっています。

それに対しわたしたちグンゼは、男性用の下着メーカーとしてスタートしていることもあり、「着ごこちのよさ」を追求してきました。

着ごこちのよさを女性向けに追求し、その中で生まれたのが「KIREILABO」です。KIREILABOは、解剖学・形態学的アプローチによる「造形美」ではなく、生理学的観点のアプローチにより、ムリをして追求する美しさではなく、ここちよさ・快適性に根ざした女性の美を提案して商品開発に取り組んでいます。

きっかけはお客様からのお問い合わせでした。40歳を過ぎたお客さまから「肌触りが変わったが素材を変えたのか?」、「きつくなったがサイズを変えたのか?」など、着ごこちに関するお問い合わせが多くなることに気づきました。

いつもと同じ商品を購入しているのに、何か違和感を感じ始めるという、この事実を調査分析した結果、実は、この時期に変化が現れる女性ホルモンが大きく影響しているのではないかという結論に至りました。

KIREILABOは、対馬ルリ子女性ライフクリニック銀座 院長であり、NPO法人女性医療ネットワーク 理事長でもある、対馬ルリ子先生や文化・服装学院 文化服装形態機能研究所 所長の伊藤由美子教授にもご協力をいただき、女性ホルモンの減少など生理学的な身体変化、加齢による体型変化に基づいた下着の快適性を追求しています。体へ負担をかけず、体の変化に対応することで、生活の質の向上を目指しています。

女性ホルモンの低下や加齢によってお肌の変化があらわれるエイジング世代の方を対象とした商品開発、ならびにイベント、セミナーなどを行いながら、下着選びや自分自身の体ときちんと向き合うことをみなさまに提案しています。

皮膚のような下着の開発

(スキンケア大学)  オトナ思春期について教えて下さい。

(後藤)  女性の体は、人生の中で二度の大きな変化を迎えます。一度目は女性ホルモンの分泌が始まる10代の思春期、そして二度目が、女性ホルモンが低下する「更年期」と呼ばれる40~50代です。この時期には体型の変化だけでなく、思春期同様に感受性が豊かになる時期でもあります。

更年期に対して不安を抱える方も多いと思うのですが、私たちは第二の思春期=『オトナ思春期』と定義することで、特別なものでもなく、女性なら誰でも起こる普通のこと、そして自分ごととしてきちんと向き合い上手に過ごしていただきたいと考えています。

また、いつまでも若々しく、元気な方が多くなり、マインド年齢や外見は若々しい女性たちが増えてきましたが、一方でカラダの実年齢はというと、オトナ思春期を迎えていることに気付いていない方も大勢いらっしゃいます。

肌は人体最大の臓器であり、感覚器です。ホルモンや免疫、自律神経などにも密接に関わっているため、肌に密着している下着が人のカラダや脳にどのような影響を与えるのか、加齢によってどのように変化するのか、引き続き追求していきます。

(スキンケア大学)  商品開発でこだわっている点を伺えますか?

(後藤)  オトナ思春期世代の下着の条件として、4つあげられます。
まず、“低刺激”であること。刺激に敏感で、弱くなっている肌には、一日中接している下着からの刺激をできる限り減らすべきだと考えており、物理的刺激と化学的刺激のどちらも与えにくい設計をしています。

下着には、繊維や縫製、タグ等による肌への刺激である物理的刺激と、繊維の加工工程において、肌触りのよさを向上させるための柔軟剤等、薬剤による化学的処理がされており、この薬剤による肌への化学的刺激があります。
物理的刺激に対しては、無縫製にしたり、タグをつけずに洗濯表示は転写するなどの工夫を施しています。
化学的刺激に対しては、肌への安全性の高い薬剤のみを使用しています。

その基準として、グンゼでは、薬剤などの化学的刺激に対する商品の安全性試験について、培養ヒト皮膚モデル法(JIS L1918)の規格に準拠した試験を行っています。それにより測定される、「皮膚細胞生存率80%以上」という基準をクリアした商品のみが、グンゼの商品としてお客さまに提供されています。

特にKIREILABOにおいては、生地面に肌の保湿構造を再現し、皮膚からの水分蒸発を抑える独自の「スキンタッチ加工」を採用し、オトナ思春期世代の敏感な肌を守ることを実現しました。

次に“低着圧”であること。下着の締め付けが自律神経のバランスに影響してくることがわかってきました。女性ホルモンのバランスが崩れがちな、オトナ思春期世代の女性は、自律神経のバランスも崩しがちです。できる限りストレスを感じないためにも、締め付けがないようにしています。

また、若い頃のように、肌にハリや弾力があった頃は、多少高い着圧で締めつけても肌の弾力性が下着の着圧に負けず、きれいな体型が実現できました。ですが、オトナ思春期になると、肌の弾力がなくなり、また、着圧の高い締めつけも、若い頃よりキツく感じるようになってきます。弾力性がなくなったオトナ思春期の脂肪は、締めつけたからといってなくなるわけではなく、締めつけられた周辺に、脇肉や段差肉となって現れます。若い頃のように「締めつける」造形美ではなく、「包み込んで」シルエットを整える美が、オトナ思春期世代の女性たちに必要な補整の考え方だと思います。

さらに“蒸れにくい”下着であることも重要です。女性ホルモンの低下に伴い体温の調節機能が衰え、ホットフラッシュと呼ばれる顔や上半身のほてり、発汗が起こりやすくなってきます。温度と湿度のバランスを適切に保つために、KIREILABOでは、吸水速乾機能を備えています。

最後に“動きやすさ”です。動きづらさによってストレスを感じる方が多く、サイズの大きいものを選ぶ方が多くなるのもこの世代。無意識のうちにそのストレスを感じているのではないでしょうか?

KIREILABOでは、動いている人間の運動量を考慮したパターンや素材、編み方を研究して、皮膚の動きに近くなるようにしています。

肌ストレスのない下着選びを

(スキンケア大学)私たちが下着を選ぶ際に注意すべきこと、そして女性のみなさまにメッセージをお願いします。

(後藤)  若いうちは気付かなくても、年齢を重ね、肌や体調に変化を感じた時には、サイズだけでなく、肌へのストレスを考えた下着の選び方を見直していただきたいと思います。締め付けるのではなく、シルエットをキレイにみせるための補正は必要ですから、なるべく体の動きについてきて、体を優しく包み込むような着圧のものを選ぶようにしましょう。

また、近年新しい素材がどんどん出てきており、繊維による赤みやかゆみなどの肌トラブルも多様化しています。化粧品などと違い、薬事法に準ずるものがないため、今後はそのような基準が必要になる時がくるかもしれません。

わたしたちグンゼでは、メディカル事業部で人工皮膚を作るノウハウがあるため、独自の技術として業界をリードしています。グンゼ基準を定め、皮膚細胞生存率を定義し、全ロット、全製品厳しい検査を済ませていますから、みなさまには安心のできる着心地をお約束しています。

GUNZE 企業情報

グンゼ株式会社は1896年に生糸の製造から事業を開始し、118年の歴史を持っています。1934年からストッキングを、1946年から下着を作り、商品を通してお客さまに「ここちよさ」をお届けし続けています。
カラダもココロもここちよく過ごせる理想の下着を追求し、1994年、業界に先駆けてインナーウエアの快適性を研究するラボ「快適工房」を設立。生理人類学に基づいた科学の視点で“肌着の快適性”を研究し、身体に負担をかけない「着ごこち」のいい下着の開発に取り組んでいます。

GUNZEのサイトへ

GUNZE

ビューティーサポーターズ

ビューティーサポーターズニュース

更に最新記事を見る

閉じる

参加企業