スキンケア大学 ヘルスケア大学 メンズスキンケア大学

ドクターのこだわりがつまったスキンケア化粧品「フラセラ」

更新日:2018/12/14

Dr.わかば株式会社
代表取締役 工藤 清加さん
(六本木 わかばクリニック 理事長/院長)

「こだわり」から生まれたブランド

drwakaba1

「フラセラ」は、どのような背景から生まれたブランドなのですか?

工藤:

「フラセラ」は、美容皮膚科の経験とこだわりから生まれたブランドです。私自身、美容皮膚科で長年、患者さんとお会いしてきましたが、「化粧品の知識を知らないために肌トラブルを起こすケースが多い」ということを感じていました。

患者さんのなかには、シミやシワ、毛穴、たるみも気になるということで、毎日、複数の化粧品を使っている方がいらっしゃいます。しかし、化粧品にはそれぞれに有効成分があり、一度にいろいろな化粧品を使うことで、有効成分を活かすことができなくなったり、打ち消しあってしまうことがあります。

一般のユーザーさんにとって、成分同士の相性を調べてから化粧品を使うのは、かなりハードルが高いことです。それなら、「ひとつの商品ですべてをカバーできるような化粧品があればいいのでは?」と考えるようになったことが、フラセラの開発に取り組むきっかけでした。

そこで着目したのが、当時注目されていた「フラーレン」と「APPS(進化型ビタミンC誘導体)」という美容成分でした。「フラーレン」は、活性酵素などによるダメージから肌を守る働きがあるといわれている成分で、「APPS」は、肌への刺激が少なく高い浸透力でたくさんのビタミンCを肌に供給することができる成分です。そうした美容成分を、厳しい目で吟味しながら商品の開発を進めていきました。こだわり続け、7年の歳月をかけて生まれたスキンケア化粧品が「フラセラ」になります。

よいものをつくりながら進化する

drwakaba3

その後、「フラセラ」はどのように成長していったのですか?

工藤:

さまざまな角度から美容成分の情報にアンテナを張り、よい成分が見つかれば、それを取り入れながら商品のリニューアルや新アイテムの開発を進めてきました。「常によいものをつくりながら進化していく」というのが、「フラセラ」のコンセプトです。

「フラセラ」は、「フラーレン」と「APPS」というオールマイティーに効果のある処方をベースにして、それに特化した成分を付け加えていくことで商品のアイテムを増やしてきました。たとえば、「ローション」は保湿に手厚く、「美容液」は美白※1にフォーカスしています。また、「クリーム」はエイジングケア※2を強化するというように、それぞれの役割に応じたアイテムを開発しています。特化した成分を配合しながらも、成分同士がお互いを高め合うような配合を考えて商品づくりを行っています。

2017年には、「ウォッシュエマルジョン」を発売しました。この「ウォッシュエマルジョン」は、乳液で洗顔を行うという新しい発想の洗顔料で、今、注目されている美肌成分が配合されています。お肌本来の持つ保湿力を最大限に引き出す工夫をしています。保湿系の洗顔料でも、お肌の乾燥が気になっていた方などに、是非使っていただきたいアイテムです。

※1 メラニンの生成を抑え、シミ・そばかすを防ぐ
※2 年齢に応じたお手入れ

drwakaba2

妥協を許さない商品づくりをモットーに

「よいものをつくりながら進化していく」というお話がありましたが、そのために必要なことは何だとお考えですか?

工藤:

よい商品をつくっていくためには、「妥協をせずに、時間も努力も惜しまないこと」が重要だと考えています。先ほどお話をした、「ウォッシュエマルジョン」を開発するときも、パラベンやフェノキシエタノールを使用しないマイルド処方であることを軸に、肌への効果や影響などをさまざまな角度から検討してきました。それまでも、私たちは肌に影響を与えるような防腐剤を一切使用せずに商品づくりを行ってきたのですが、「ウォッシュエマルジョン」の開発を進めていくなかで、これまで使っていた肌に影響を与えにくい防腐剤でも、肌の表面に存在する美肌菌が死んでしまうことがわかってきたんです。

そこでも妥協をせず、美肌菌を殺さずに商品の品質を維持できるような防腐剤を検討しました。何度も試作を繰り返しながら商品をつくり込み、ようやく納得のできる商品が完成しました。現在は、すべての商品にこの方法を導入すべく、さらなる検証を重ねているところです。

よりよい商品をつくるこだわりは、「ウォッシュエマルジョン」だけではなく、「フラセラ」のこだわりでもあります。成分を設計して終わりではなく、工場や現場と一緒になって商品をつくり込んでおり、だからこそ、自信をもって納得できる商品を提供できていると思っています。

こだわりのアイテムを広げていく!

「フラセラ」を今後、どのようなブランドに育てていきたいとお考えですか?

工藤:

より多くの方に「フラセラ」のよさを伝えていきたいと思っています。「フラセラ」は、フラーレンが高濃度で配合されているスキンケア化粧品ブランドです。このフラーレンというのは高価な素材ですが、できるだけ多くの方に「フラセラ」を使っていただけるよう、リーズナブルな価格で皆さんに商品を提供しています。これは、「多くの方によい商品を使っていただきたい」という想いから会社を設立し、医師も一緒になって商品をつくり込んでいる私たちだからこそ届けられる価値だと思っています。

これからもお客さまに貢献できる商品を開発していきたいですし、商品のアイテムを広げていくことで、いろいろな方に認知されるブランドになっていければと思っています。

drwakaba4

ブランド情報

フラセラ

雑誌やテレビなどで多数紹介されている「美容皮膚科 わかばクリニック(六本木)」院長 工藤清加が開発したドクターズコスメ。
フラーレンや数種類の美肌成分を贅沢に配合し、30万人以上の肌を知るドクターが7年以上の歳月をかけて完成させたスキンケア。
フラセラを使用された方の92%*が実感しております。(*自社調べ)

https://www.fullacera.com/

他の「ブランドインタビュー」の記事を読む

ジャンルを選択してください


美ログ