スキンケア大学 ヘルスケア大学 メンズスキンケア大学

新たに見つかった「卵殻膜」の美容効果にせまる!

更新日:2018/12/19

民間療法として使用されてきた「卵殻膜」ですが2018年の秋、その秘められた効果が新たに解明され、学会などでも話題を集めています。そんな中、この卵殻膜をいち早く化粧品やドリンクに取り入れたパイオニア的存在であるメーカーに、スキンケア大学が取材をしてきました。

なぜそこに目をつけた?「卵殻膜」の効果解明と製品化までの軌跡

arumado1

株式会社アルマード
代表取締役社長 荒西 俊和さん

卵殻膜は、ゆで卵にしたときについてくる、内側のうす皮のアレですよね。非常に身近な素材を製品化されており驚きました。様々な素材がある中で、あえて卵殻膜に注目したきっかけを教えてください。

荒西:

卵殻膜は、昔から民間療法として傷口に貼ることで治りを促すといった方法が行われていました。弊社の創業者であり現会長である長谷部も幼少時代にケガをした際、祖母がゆで卵の殻についている薄い卵殻膜を傷口に貼って傷がキレイに治った…という体験があったようです。

傷がキレイに消えるのであれば美容にも良いのだろう、という仮説のもと研究を重ね、2000年に卵殻膜配合化粧品として製品化が実現しました。以降、それまで未知であった卵殻膜のメカニズムについても解明しようと考え、大学との共同研究をスタートさせました。

なんとなく良いものとして伝わっていたことを、製品化と同時に科学的にも解明しようとしたんですね。

荒西:

はい、卵殻膜は水にも油にも溶けず、またあの膜を食べても消化できずお腹を壊してしまうこともあるため、研究には向かない素材といわれ、メカニズムの解明が遅れていました。弊社やパートナー企業が卵殻膜加工技術を開発し、水溶化、摂取可能になったことで、化粧品やサプリメントの製品化が可能になり、同時にメカニズムについても研究ができるようになりました。

現在は東京大学とは卵殻膜の摂取についての有効性、東京農工大学とは卵殻膜の皮膚塗布への有効性とメカニズムを研究しております。

卵殻膜が持つ美容効果には、どういったことが期待できるのでしょうか?

荒西:

簡単に言うと、コラーゲンを塗布するのではなく、自ら生み出す力を高めてくれる、ということです。真皮の線維芽細胞を刺激し、線維芽細胞がIII型コラーゲンを生成させるように促すことが、マウスでの実験で解明されています。

また、人の肌に塗布したところ、肌の弾力が改善されたり、シワの面積率が減少するという症例もみられました。この研究成果は先日2018年11月にアメリカの科学誌[cell & Tissue Research]に掲載されました。

arumado2

Ⅲ型コラーゲンとは…?

荒西:

III型コラーゲンは、肌の弾力を司るコラーゲンです。実は、コラーゲンは28種類ほどが存在するのですが、ハリ弾力に影響するのがこのIII型コラーゲンです。このIII型コラーゲンが年齢によって低下するため、症状としてたるみやシワが出てくるのです。

卵殻膜は、そのIII型コラーゲンの生成を促進させることが研究で明らかになっています。

それは女性には嬉しい効果ですね!卵殻膜の秘めた可能性が、研究によってわかってきたんですね

荒西:

はい。卵殻膜配合化粧品はお客様のリピート率が高く、高い効果実感を得られているという声を数多くいただいております。

実は美容だけでなく、摂取による体内への効果も研究で証明されているのです。こちらも海外の科学誌「scientific report」で取り上げられたのですが、卵殻膜摂取により潰瘍性大腸炎の改善、腸内環境の改善の効果もマウスへの実験で見られました。

メカニズムと有効性は、今後さらに解明されていくと思います。現時点でも、とても期待が持てる素材です。われわれアルマードは、その素材を活用した製品で人々の美容と健康に寄与したいと考えています。

「卵殻膜」の可能性 ~美容領域を飛び越えて~

卵殻膜を使った製品が、今後さらに注目を浴びそうですね。

荒西:

そうですね。実は、卵殻膜は美容の領域だけでなく、医療の領域でも期待される素材です。たとえば、アメリカでは、膝関節用の卵殻膜のサプリメントが売られていたり、ヘルスケア先進国のノルウェーでは糖尿病や床ずれの創傷治癒商品が開発され、ヨーロッパでは研究・臨床の実験も始まっています。

そのような活用方法もあるんですね。では、最後に貴社の今後の方向性を教えてください

荒西:

美容だけではなく、活用シーンの多様化を考えています。たとえば、床擦れに悩む高齢者や患者のサポート、スポーツ中の接触による傷や怪我など、さまざまなシーンや領域で、卵殻膜を活用した人工皮膚が役立つのではないかと模索しています。今後も研究を進め、卵殻膜がもつ可能性を伸ばしていきたいと考えております。

arumado3

ブランド情報

命のプラントといわれ、雛がヒヨコとして誕生するまでの命を司る「卵殻膜」。
それ自体が豊富な美容成分の宝庫であるとともに、摂取・塗布することで体内へ好循環をもたらすことが研究で解明されています。アルマードでは、すべての商品に卵殻膜を配合し、幅広い年代の方に安心してお使いいただける商品の開発・製造に取り組んでおります。

http://www.almado.jp/rankakumaku/

他の「ブランドインタビュー」の記事を読む

ジャンルを選択してください


美ログ