スキンケア大学 ヘルスケア大学 メンズスキンケア大学

シルクのような美髪を手に入れたい人のヘアアイロン「絹女~KINUJO~」

更新日:2019/02/06

発売から順調に売り上げを伸ばしているヘアアイロン「絹女~KINUJO~」。使うとそのよさが実感できると、多くのプロも愛用しています。今回は、世界に誇るモノ作りをしたいと考える、株式会社KINUJO代表取締役の浜田智章さんにお話を伺いました。

日本の美を世界に届けたい

kinujo01

株式会社KINUJO
代表取締役 浜田智章さん

最初に、KINUJO設立のきっかけやブランドのコンセプトを教えてください。

浜田:

私は、もともと業種の異なるメーカーで製造業に携わっていました。その際、美容家電に関わる方たちと知り合う機会があり、美容家電の業界はまだまだ伸びしろがあると感じたことが、KINUJO設立のきっかけになっています。当時は、イメージ先行型で販売を行っている美容家電のメーカーが多く、モノ作りにおける技術力や品質の良さで勝負できるチャンスがあると感じました。

KINUJOのブランドコンセプトは、「日本の美を世界に届けたい」です。かつて日本のモノ作りの技術や性能は世界一とまでいわれましたが、近年は他国に押され気味です。日本のメーカーとして、モノ作りで世界と勝負したいという想いもありました。

弊社の初めての商品が、ヘアアイロンの「絹女~KINUJO~」でした。開発に何年もかけてつくり上げた商品です。発売から4年が経ったいまでも、品質には自信を持っています。とはいえ、メーカーである我々の自己満足にならないよう、ユーザーの皆さんにとって必要な部分の技術開発は続けています。

シルクプレートと熱コントロールで、従来にないヘアアイロン誕生!

ヘアアイロン「絹女~KINUJO~」の具体的な特徴を教えてください。

浜田:

2つの大きな特徴があります。ひとつは、髪を挟むアイロンのプレートです。「絹女~KINUJO~」で採用しているのは、シルクプレートといって弊社で商標登録を取得しているものです。

髪の毛はたくさんの水分を含んでいますが、高温のヘアアイロンを使うと、一瞬で水分が蒸発してしまいます。これがパサつきや髪を傷める原因となります。「絹女~KINUJO~」のシルクプレートは、200℃近くの高温状態で水をかけてもすぐに蒸発しにくいという保湿力を持たせています。

kinujo02

確かにヘアアイロンは髪が傷むというイメージを持っている方も多いですよね。

浜田:

そうなんです。そこで水分が蒸発しにくい保湿力のほかに、摩擦力が低い素材を用いています。それにより、摩擦で髪が傷むこともできるだけ防ぐ仕様になっています。つまり、毎日使っていただくことができ、ツヤツヤで滑らかな美髪を手に入れることが期待できるヘアアイロンなのです。

もうひとつの特徴は、熱のコントロールです。「絹女~KINUJO~」は電源を入れて20秒で180℃になります。このスピードは、世界的に見ても速い起動時間です。また、一度180℃や200℃になっても、しばらくすると温度が下がってきます。

プロの美容師であれば、温度の下がり具合を見ながら調整してヘアアイロンをかけることもできますが、自宅で使う一般の方たちにとってそれはなかなか難しいでしょう。「絹女~KINUJO~」はすぐに温度が上がるので、たとえ温度が下がってもすぐにリカバリーできるのが特徴となっています。プロの方たちにとっても、時間短縮になると評判です。

ここまで高い質のモノを開発するには本当に苦労しましたが、研究者や工場関係者らと時間をかけて、よりよいもの、「世界初・世界№1の製品を目指そう」と努力してきました。世界に誇る「強いブランド」を作るためには、熱い想いを持って一緒に取り組んでくれる外部業者の方たちの力が欠かせません。

ヘアメイクのプロのような仕上がりを自宅で体験してもらいたい!

「絹女~KINUJO~」は、美容のプロの方も多く使われているのでしょうか?

浜田:

はい、多くの方たちにご愛用いただいています。また、使用するとすぐにその良さを感じてくださっています。以前は美容家電だけに限らず、あらゆるモノがプロ向け、一般向けと分かれていましたが、近年はどちらの方も使用する商品が増えてきましたね。

従来、プロ向けのものは扱いにくかったり、デザインが業務的なものだったりしがちでしたが、「絹女~KINUJO~」はプロが使ってもその良さを実感でき、ヘアアイロンを使ったことがない一般の方でも簡単に使うことができるものとして販売しています。

一般ユーザーの方で、実際に購入し使っているのはどんな方ですか?

浜田:

初めてヘアアイロンを使うという方より、ヘアアイロンの使用経験があって「絹女~KINUJO~」を選んだという方、髪に関しての悩みを持っている方、美容意識の高い方たちが多い傾向にあります。パッと見て、イメージだけで購入する方は少ないですね。

特に、初めてヘアアイロンを購入する方にとって1万8,000円は少し高いかもしれませんが、プロから見れば決して高くはなく、逆に「このスペックとしては安い!」といわれています。プロも認めるヘアアイロンを自宅で、しかも簡単に毎日使えるのが「絹女~KINUJO~」です。

年代的なコアターゲットというのは特に想定していませんが、購入されているのは20~40代の女性たちで、働いている方、主婦の方、子育てが終わっている方などさまざまです。ターゲットを絞るのではなく、ヘアアイロンを求めているすべての方におすすめしています。

今後、「絹女~KINUJO~」というブランドをどのように成長させていきたいですか?

浜田:

ここ数年、インスタグラムを通じて、購入してくださる方がとても増えました。自分の好きな人、フォローしている人が使っているから自分も使ってみたい、という方が多いようです。ただ、最近ではこの傾向が減ってきているので、流れが変わり出しているかなと思っています。

インスタグラムの前はフェイスブックを通じての購入が多かったので、フェイスブック、インスタと続いて、次は何がくるかな?と模索しているところです。これからはユーチューブはじめ、動画が購入のきっけかになることが増えるかもしれません。弊社でも少しずつ動画をアップするようにしています。

そして、世界に向けて日本を代表するメーカーになりたいと思っているので、そのためにもまずは国内シェアも上げたいですね。シェア拡大のために、全国の美容室にもアプローチをしていきたいと思っています。美容師や美容室からのクチコミを広げ、一般のお客さまへと波及させていきたいです。

目指すは世界で一番。日本のメーカーとして、誇りを持ってこれからもブランドを育てていきたいです。

kinujo03

ブランド情報

KINUJOは、「日本の美を届けたい」をコンセプトに起ち上げられた美容ブランドです。 最先端の開発技術と、スタイリッシュなデザインで、アナタのライフスタイルを彩ります。
匠の技術と、手間ひまかけた製造方式にこだわり、モノ作りには一切の妥協を許しません。
自社開発のオリジナルブランドだから出来る至福の体験を、日本から世界中に届けていきます。

http://kinujo.jp/

他の「ブランドインタビュー」の記事を読む

ジャンルを選択してください


美ログ