スキンケア大学 ヘルスケア大学 メンズスキンケア大学

パリのプレステージブランド「オルラーヌ」が明かす「美の秘密」

更新日:2019/04/19

オルラーヌは、年齢に応じたケアの世界的な先駆者として、スキンケアの歴史に名を残すような数々の名品を創出してきました。同社の日本法人で、代表取締役社長を務めるジラウディさんにインタビューを行い、オルラーヌの「美の哲学」をレポートします。

年齢に応じたケアのパイオニア。それがオルラーヌ

orlane01

ORLANE PARIS JP株式会社
代表取締役社長 ジャン・ルカ・ジラウディさん

オルラーヌのスキンケアは世界的にも有名ですが、どのようなコンセプトを持ったブランドなのですか?

ジラウディ:

オルラーヌは、フランスのパリで誕生したスキンケアブランドです。1947年にブランドを立ち上げて以来、年齢に応じたケアのパイオニアとして「肌の再教育」というコンセプトを掲げてきました。

肌はもともと、さまざまなトラブルを自分でケアする力を持っています。しかし、体調や環境の変化、加齢などで本来持っている力が低下してしまい、トラブルをケアすることができなくなってしまうのです。

そうした肌のメカニズムを理解したうえで、私たちはブランドコンセプトを「肌の再教育」と名付けました。「肌自身で、もう一度力を身につけてほしい」という考え方を「肌が自ら学んで、力をつけていく」というイメージに重ねあわせています。もしかしたら非常にフランス人らしい表現の仕方なのかもしれませんね。

表現の違いはあるにせよ、今では世界中の多くのブランドが「肌がもともと持っている力をサポートする」という考え方を取り入れて、スキンケア商品の開発を行うようになっています。しかし、私たちは70年以上も前から、そうした年齢に応じたケアの哲学を提唱してきました。研究開発を続けていくなかで培ってきたエイジングケア※1のノウハウが、オルラーヌの大きな強みになっています。

※1 年齢に応じたケア

オートクチュールのようなコスメ

orlane02

実際に「肌の再教育」というコンセプトをどのように具現化していったのですか?

ジラウディ:

体調や環境の変化、加齢など、人それぞれで肌の状態や悩みは変わってきます。ですから、私たちは一人ひとりのお客さまに対して、オートクチュールのような商品や、エステティックプログラムを提供しています。この「オートクチュールのようなコスメ」のことを、私たちは「オートコスメ」と呼んでいます。

例えばクリームひとつをとっても14種類の商品があり、しかも一つひとつが違うテクスチャーになっています。肌の状態や目的が違えば、テクスチャーが違ってくるのは当たり前のことですからね。この違いは、オルラーヌが一人ひとりの目的やニーズに合わせてつくられた「オートコスメ」の証(あかし)でもあるのです。

またオルラーヌでは、エステティックサロン「ビューティーインスティテュート」を運営し、お客さま一人ひとりに合ったエステティックプログラムや「オートコスメ」を提供しています。お客さまの肌に触れるエステティシャンの意見を研究所にフィードバックし、研究者との考えを融合させながら、新商品の開発やリニューアルを行っています。

革新的なアプローチで進化を重ねる

orlane03

「新商品の開発やリニューアルを行っている」というお話がありましたが「肌の再教育」という考え方も進化を重ねているのでしょうか?

ジラウディ:

「肌の再教育」という考え方自体は変わりませんが、アプローチは進化していきます。例えば「B21」という、21種類の有用成分とアミノ酸を配合したクリームがその一つです。オルラーヌの名をゆるぎないものにした代表的な商品ですが、2013年に新しく「B21 エクストラオーディネール」を発売しました。エクストラオーディネールは「特別なもの」を意味しており「年齢に応じたケア研究の集大成」として誕生した美容液です。

「B21 エクストラオーディネール」の開発を進めていくなかで、ブランドコンセプト(肌の再教育)を進化させた「ユースリセット」という新しいアプローチを採用しました。ユースリセットは「ダメージによって本来の力を失ってしまった肌を整える」という、これまでの考え方から一歩踏み込んだアプローチになっています。このアプローチを実現するために、21種類のアミノ酸が含まれた「ペールアイリス葉細胞エキス※2」を配合しました。肌を整える働きをする力をより一層進化させた商品になっています。

※2 イリスパリダ葉細胞エキス(保湿成分)

世界のプレステージブランドに!

今後の日本での展開について、どのような考えをお持ちですか?

ジラウディ:

オルラーヌは、サロンでの体験を通じて商品を好きになっていただき、長く使っていただけるようなプレステージブランドを目指しています。その考え方やスタイルは、フランスにおいても日本においても変わることはありません。「使っていただいた方に好きになっていただく」のが、オルラーヌとお客さまのベストコミュニケーションだと考えています。

今は日本の直営店を2店運営していますが、プレステージなサービスをもっとたくさんの方に体験していただけるよう、直営サロンの数を増やしていきたいと思っています。日本のお客さまはとても洗練されたお客さまです。美容意識の高い日本の皆さんに、上質な心地よさを提供していくことで長く愛され、憧憬されるブランドになっていきたいですね。

orlane04

ブランド情報

オルラーヌ パリ ジェーピー3軒目の直営店「ビューティーインスティテュート YOYOGI PARK」がこの夏、7月5日(金)に新規オープンします。同店はいま話題の奥渋谷(オクシブ)に所在し、閑静な高級住宅地「松濤」に面しておりアートギャラリーやカフェなどが点在し、文化的なエリアです。

また、2019年1月よりスプラドゥース(濃縮美容液)6種のオプションエステコースが直営店限定で登場。お肌の悩みに応じて、6種類(ヒアルロン酸・コラーゲン・エラスチン・カフェイン・オメガ3&6・ビタミンC)の中からお選び頂ける「肌のオーダメイドサプリメント」です。

http://www.orlane-paris.jp/

他の「ブランドインタビュー」の記事を読む

ジャンルを選択してください


美ログ