スキンケア大学 メンズスキンケア大学

ママの味方「ナナローブ」が提案する「時短×しっかりケア」

更新日:2019/06/12

ベビー用品メーカーとしてママに寄り添ってきたコンビでは、忙しい女性の支えとなるようなスキンケアブランド「ナナローブ」を展開しています。今回は、忙しい女性に人気の「ナナローブ」ブランドのコンセプトや商品開発について、コンビの大盛さんにお話を伺いました。

忙しい女性の毎日を「時短×しっかりケア」でサポート!

combi01

コンビ株式会社
ライフサイエンス事業部長 大盛 達也 さん

「ナナローブ」は、どのようなきっかけから生まれたブランドなのですか?

大盛:

ご存知の方もいらっしゃるかもしれませんが、私たちはベビーカーやチャイルドシートなど、ベビー用品の開発をメインに事業を展開している会社です。ベビー用品というのは「お子さまを支えていく商品であることはもちろん、育児を行う家族全員を支えていく商品である」と私たちは考えています。

そうした考え方に基づいて事業を展開していくなかで「利便性の高いスキンケア商品をつくりだし、子育て中の女性の生活を支えていきたい」という想いを強く持つようになっていきました。

スキンケア商品を開発していくにあたって、まずは「ママのライフスタイル」を理解するところからスタートしました。すると、子育て中の女性の多くは忙しく「スキンケアをする時間がなかなか取れない」ということがわかってきたのです。

確かに、最近はお仕事をされていたりして忙しいママが増えましたよね。

大盛:

そうなんです。そこで、ママにとっての一番の利便性は「時短」なのではないか?という答えに行き着き「忙しくて時間がないけれど、しっかりとスキンケアをしたい方に寄り添うブランド」というコンセプトを立案しました。

「ナナローブ」ブランドには「コロカリア スーパーオールインワン ジェル プレミアムリフト」というロングセラー商品があります。この商品は、化粧水、乳液、クリーム、化粧下地、美容液、マッサージクリームといった6つの機能を兼ね備えた時短スキンケアアイテムなんです。

エビデンスをもとに商品を開発する、ブランドのこだわり

combi02

どのようにして「時短」と「しっかりケア」が両立できるような商品を開発されたのですか?

大盛:

「しっかりケア」という点では、ベビー用品事業とは別の事業の経験が基盤になっています。実は私たちの会社では、スキンケア事業をスタートする前から食品原料の開発を行っており、原料研究のノウハウと豊富なエビデンス(科学的根拠)を持っていました。そうした食品原料づくりの経験が「ナナローブ」の商品開発に活かされています。

先ほどお話をした「コロカリア スーパーオールインワン ジェル プレミアムリフト」には「コロカリア」というツバメの巣由来の美容成分が入っているのですが、この成分はもともと機能性食品素材として開発した成分なのです。

食品素材向けという限定された成分特性に目を向けるのではなく、古くから美容によいと伝えられていたツバメの巣に着目したのです。ツバメの巣には美容によいとされるシアル酸がローヤルゼリーの200倍も含まれているのですが、私たちは独自の酵素分解技術を使って、その性能を引き出し、スキンケアに応用することに成功しました。

「コロカリア スーパーオールインワン ジェル プレミアムリフト」には「コロカリア」以外にも選び抜かれた19種類の美容成分を配合しています。肌に優しい自然派のスキンケア商品であると同時に、忙しくてもしっかりとしたスキンケアが行えるよう、リッチな使い心地を目指しました。

現在では、子育て中の女性だけではなく「手間をかけずに、しっかりケアできる」という商品価値が受け入れられ、幅広い層にお使いいただけるようになってきました。

「生活者の目線」を大切にし、お客さまの多様なニーズに応え続ける!!

combi04

2009年にブランドを立ち上げて約10年、そのなかで大切にしてきたことは何ですか?

大盛:

私たちは常に「生活者の目線」を大切にしてきました。この10年間で、お客さまの生活スタイルや嗜好は、以前にも増して多様になってきています。お客さまが求めている「利便性」も多様化しており、そうしたニーズの広がりに応えていくために、新しい商品をつくりだしてきました。

ロングセラーのオールインワンジェルもリニューアルをしたり、容器の見直しも行ってまいりました。容器については、発売当初はジャータイプだけでしたが、さまざまな生活のシーンを想定してチューブタイプとポンプタイプのアイテムを開発しました。容器が変わるだけで毎日のお手入れのストレスがさらに軽減し、お客様から喜んでいただけています。

また、幅広いスキンケアニーズにも対応すべく、新しいアプローチにも挑戦してきました。たとえば「ナナローブ」ブランドの「マイクロバイオプロモート エッセンスミスト」は「時短×しっかりケア」に加え、「肌バランスを整えるスキンケア」ができる商品です。

私たちが独自に開発した乳酸菌「EC-12(※1)」という成分が入っているのですが「コロカリア」同様、こちらももともとは機能性食品の素材として研究を進めてきた成分です。乳酸菌には「肌に存在する善玉菌(表皮ブドウ球菌)を育むチカラ」があり、美しい肌を作るために、まずは健康な肌の土台を作るというアプローチができます。

市場を見るとエイジングケア(※2)に人気が集中していますが、一歩手前のケアを必要としている人もいる。そこを見逃さずに対応していきたいという思いを大切にしたいと考えています。

※1 整肌成分
※2 年齢に応じたお手入れ

これからも、常に忙しい女性に寄り添うスキンケアブランドとして

今後も、そうした生活者目線の商品開発を続けられていくのでしょうか?

大盛:

そうですね。私たちの社名であるコンビというのは「コンビを組む」ということから命名されていて「ママと赤ちゃんのコンビを応援し、私たちの会社と縁があるすべての方たちを大切にしていきたい」という意味が込められています。

これからも忙しい女性の生活スタイルに目を向け、多様なニーズに応えていくことで、一人ひとりのお客さまとの関係性をより一層密なものにしていきたいですね。

combi03

ブランド情報

ナナローブは、ベビー用品コンビが手掛けるスキンケアブランド。

コンビは、長い間、育児を取り巻く環境で女性に寄り添い続け、育児だけに限らない女性の悩みや願いを身近なところで見届けてまいりました。

「自分のことは後回しでも、誰かのために頑張れる自分でいたい」 そんな女性の強くて優しい願い守りながら、忙しい女性たちの毎日を、豊かに、そしてキレイに。

コンビが培ってきた「やさしさ」と「品質」で応援します。

https://www.nanarobe.net/

他の「ブランドインタビュー」の記事を読む

ジャンルを選択してください


美ログ