スキンケア大学 メンズスキンケア大学

国境も世代も超える!愛されブランド コーセー「雪肌精」の魅力とは?

更新日:2019/08/09

爽やかなブルーのボトル、さっぱりとしているのにみずみずしい使用感でおなじみのコーセー「雪肌精」。誕生から今年で34年目ということで、皆さんも一度は使ったことがあるのでは?

今回は2019年6月22日に仙台市内で行われたPRイベント「Yuzuru Hanyu meets SEKKISEI PREMIUM TALK SHOW(羽生結弦ミーツ雪肌精 プレミアムトークショー)」をレポート。長年に渡り愛されてきたスキンケアブランドの魅力に迫ります!

 

sekkisei01

5.6秒に1本売れている!「雪肌精」シリーズとは

今から34年前、1985年に誕生したコーセー「雪肌精」。現在では国内のみならず世界16の国と地域で販売され、日本を代表するスキンケアブランドへと成長しています。

和漢植物エキスをバランスよく配合した雪肌精は「肌なじみのよさ」や「保湿感」「さわやかな香り」などが人気。特に医薬部外品の化粧水『薬用 雪肌精』は、累計出荷個数6000万本(※1)を超えるロングセラーアイテムです。5.6秒に1本売れているというデータもあり、母から娘へ、2世代に渡るファンも珍しくないのだとか。

近年では和漢植物成分の恵みはそのままに、うるおいと美白効果(※2)を高めた「雪肌精 SUPREME(シュープレム)」や、エイジングケア(※3)効果を備えた「雪肌精 MYV(みやび)」も登場。肌へのやさしさ、高い効果を追い求めるすべての女性に寄り添う3シリーズを展開しています。

※1 2019年2月時点(各サイズ品・限定品を含む) 
※2 メラニンの生成を抑え、シミ・ソバカスを防ぐ 
※3 エイジングケアとは「年齢に応じたお手入れ」のこと

100を超える成分を試して作り出された「透明美肌レシピ」

sekkisei02

今回のPRイベントは、まず株式会社コーセー コンシューマーブランド事業部・鎌田昌人事業部長の挨拶からスタート。続いて、同社・鴇崎舞プロダクトマネージャーから会場に集まった国内外メディアに向けて「雪肌精」の魅力や開発秘話が語られました。

研究員の「雪のようにみずみずしく、透明感あふれる美しい肌の女性を増やしたい」との想いから誕生した「雪肌精」。肌の根本にアプローチする和漢の発想で100を越える成分を一つひとつ試し、透明美肌へと導くレシピが完成しました。ちなみに開発当時の手書きの企画書や資料は、いまでもコーセー社内に残っているそうです。

なかでも肌にベストな効果を発揮するために選び抜いたのが「ハトムギエキス」「トウキエキス」「メロスリアエキス」の3大成分でした(いずれも保湿成分)。ハトムギは煎じて飲むなど昔から女性に人気の成分、トウキエキスは和漢などでおなじみ。そしてメロスリアエキスは、コーセーがさまざまな肌への効果を学会でも発表するほど力を注いでいるオリジナル成分なのだとか。この3つの成分が一体となることで「雪肌精」独自の美肌効果が生み出されているそうです。

一方、雪がとろけていくような肌なじみのよさも「雪肌精」の魅力。こちらは、油分をごく微粒子化して水の中に均一に分散させる技術が使われているとの紹介がありました。イベントでは実際に使用したときの肌の水分量や明るさの変化のデータも紹介され「雪肌精」の実力をあらためて知る機会となりました。

アンバサダー・羽生結弦選手が語る「雪肌精」の魅力

sekkisei03

フィギュアスケーター 羽生 結弦 選手

イベント後半では、今年新たに「雪肌精」のアンバサダーに就任したフィギュアスケーターの羽生結弦選手を迎えて、なごやかなトークが繰り広げられました。

アンバサダーに就任した理由を聞かれると「雪肌精」がグローバルに展開し、挑戦を続けるブランドであることにインスパイアされたという羽生選手。そして「雪肌精」という名前にも、美しさを追い求める冬のスポーツであるフィギュアスケートとの共通性を感じたそうです。

また、沖縄のサンゴ礁を守る「SAVE the BLUEプロジェクト」といった社会貢献活動を10年以上続けていることにも共感し、アンバサダーを引き受けたと語っていました。

羽生選手も実際に「雪肌精」を使っているということで、その感想を「暑いときは冷やして使うと清涼感があっていいですよね。スケートをしていると暑くなって顔がほてることもあるので、そういうときに気持ちよく使えて好きです。」とコメント。また「こうして人前に出るときは僕も肌が気になるので、すっぴんからキレイになれる化粧水は大切。雪肌精はアスリートとしても男性としてもおすすめしたい商品ですね」と語っていました。

トークショーでは「雪肌精」の香りも話題に。羽生選手が「他の化粧品にはない、独特ないい香りですよね」と語ると、鴇崎プロダクトマネージャーからローズとジャスミンを基調にしている香りという説明がありました。すると羽生選手は「男性は甘い香りや強い香りが苦手な人も多いですよね。でも、雪肌精の香りは心地よくてリラックスできるので好き」と語っていました。

羽生選手の美へのこだわり

その後のトークでは、スケート競技やアイスショーについてもさまざまなこだわりを語っていた羽生選手。

フィギュアスケートにおける美へのこだわりについては「スケートの練習もスキンケアも毎日の積み重ねが大切だと思っているので、常に美について追及している」ことを語り「女性も肌のコンディションを整えたり美しさをキープするために、ぜひ毎日のお手入れに雪肌精を加えてほしいですね」とのメッセージでイベントを締めくくっていました。

sekkisei04

ブランド情報

『雪肌精』は和漢植物エキスをバランスよく配合することにより、透明感のある肌に導く化粧水として1985 年に誕生しました。発売以来、確かな肌効果と使い心地の良さから多くの女性に支持されています。

近年ではベースメイクなどのカテゴリーを追加する一方、販路の拡大にも取り組み、現在では国内のドラッグストア・量販店、海外の百貨店などを中心に販売しています。

当社を代表するスキンケアブランドとして成長しており、特に化粧水は、1985 年の発売から累計出荷個数 6,000 万本※を超えるロングセラー商品です。 当社の重点グローバルブランドのひとつとして、海外でも共通のプロモーションを展開しており、国内外、年代問わず、幅広くご愛用いただいています。

『雪肌精』 ブランドサイト
http://www.sekkisei.com/

 ※2019 年2月末時点、各サイズ品・限定品を含む。

他の「ブランドインタビュー」の記事を読む

ジャンルを選択してください


美ログ