スキンケア大学 メンズスキンケア大学

専門機関レベルの純ハイドロキノン5%配合!「LANTELNO」のスキンケア

更新日:2020/01/31

美白有効成分として認められているハイドロキノン配合で人気のスキンケア「LANTELNO(ランテルノ)」。高濃度と成分にこだわり、実感力を追求した製品開発をしている株式会社Kolohaの河本 亜弓さんにお話を伺いました。

専門機関で使われるハイドロキノンを化粧品に配合!

LANTELNO01

株式会社Koloha
EC division Manager
河本 亜弓さん

ハイドロキノン配合で人気の「LANTELNO(ランテルノ)」ですが、どういった背景からハイドロキノンを選び、どんな想いで作られたのですか?

河本:

「くすみの点*に悩む女性を救いたい。実感力の高い化粧品を作るためにはどうしたら良いか?」という思いから、主成分であるハイドロキノンを選定しました。

しかし、ハイドロキノンは非常に安定性が悪いうえに、酸化しやすく、品質のよい化粧品をつくるのは、非常に難易度が高い物質なのです。製品化を考えると、とても扱いにくく、超えるべき課題がいくつもありました。そのリスクを取ってでも、当社がハイドロキノンを高配合した商品をつくったのは、世の中にたくさんの化粧品があふれる昨今、中途半端な商品をつくるより、ユーザーに「実感力」を感じてもらえる商品をつくりたかったためです。

*角質層まで

コンセプトの「実感力」を軸に、配合濃度0.1%までこだわりぬく

「実感力」を感じられるというのが、「LANTELNO」のブランドコンセプトなのですか?

河本:

はい。「LANTELNO」は"白への感動・実感力"を追求した化粧品メーカーです。"白を実感していだだく化粧品をつくる"ことを最重要視し、開発には一切の妥協をいたしません。

化粧品は、配合成分はもちろん、配合濃度や製造過程など、たったひとつの配合成分、わずか0.1%の配合濃度、ひとつの製造過程の違いだけで、その感触が変わってしまうためです。

化粧品づくりに関わる全ての工程にこだわり、これまでの化粧品とは一線を画すものをつくりたい――お客様の肌が変化を感じられるものをお届けするのが、私たちの役目と思っています。

安定型ではない、純ハイドロキノン成分へのこだわり

LANTELNO02

ハイドロキノンの種類にもこだわって作ったのですか??

河本:

はい。メインアイテムの「White HQ Cream」は、紫外線トラブルに働きかける"純ハイドロキノン"を5%配合しました。深刻な肌の悩みに集中アプローチしていきます。

ハイドロキノンを5%も配合しているのですね!でも、なぜ"純ハイドロキノン"と表現しているのですか?

河本:

ハイドロキノン成分は酸化しやすく、非常に扱いにくいものとされています。そのため近年では、安定性が重視され、"安定型ハイドロキノン"という成分が開発されました。しかしこの成分は"純ハイドロキノン"に、他の成分が複合されてつくられたものなので、純ハイドロキノン自体の濃度は薄まってしまいます。

実感力を求めるのであれば、濃度以前に、純度を重視しなくてはいけません。

例えば、安定型5%のハイドロキノンクリームに含まれた純ハイドロキノン成分は1.5%程度の配合である場合もあるのですその違いは3倍になります。ですから「White HQ Cream」は、お客様の感覚の変化を追及するため、純ハイドロキノンにこだわりました。

安定性の悪い純ハイドロキノンをどのように配合されたのですか?

河本:

ハイドロキノンの酸化しやすいデメリットを和らげるため、グリセリン(保湿成分)をベースにしました。その結果、安定性を極限まで保つことに成功しています。

ハイドロキノンクリームは市販・通販問わず、水がベースで設計されていることが多いのですが、水をベースにしてしまうと水分量が多くなり、すぐに酸化してしまい、安定性を保つことができません。 すぐに茶色くなって結晶ができてしまい、肌への刺激となります。 白く酸化しない、品質状態を保つのは難しいなかで、良い処方組ができた商品と自負しています。

ハイドロキノン以外にも様々な成分を配合しているんですね?

河本:

ハイドロキノンだけでなく、ビタミンC誘導体やビタミンA誘導体など、相乗効果と実感力が高まる12の成分を配合し、合成着色料・合成香料・エタノール・石油系界面活性剤・シリコーン・紫外線吸収剤・パラベンの7つの成分フリーという、肌にやさしい配合となっています。「White HQ Cream」は、成分・製法・濃度、全てにこだわった美容クリームです。

実感力が高い分、使い方には注意も必要。

LANTELNO03

「White HQ Cream」は、どのように使うのがおすすめですか?

河本:

洗顔後、化粧水や美容液などでお肌を整え、最後に「White HQ Cream」をご使用ください。お悩みの箇所にのみの使用をお願いしています。はみだしてしまったら綿棒でふき取ってください。ピンポイントで、ご使用量の目安はお悩み部分が白く薄くみえなくなる程度です。

使用頻度は夜のみ1日1回の使用を推奨しております。気になる箇所に、3ヶ月~6ヶ月間使用し、経過を確認しながら、ご使用ください。塗布後の肌は、紫外線の影響を受けやすい状態となりますので、紫外線にあたる可能性がある場合は、SPF20以上の日焼け止めのご使用をお願いしています。

なぜピンポイントのみ、夜の使用を推奨されているのですか?また、日焼け止めが必要な理由も教えてください。

河本:

実感力の高い成分と濃度ですので、肌への負担を軽減させ、経過をよく観察する必要があります。ビタミンCなどの一般的な有名成分に比べ、約100倍の効果があるとも言われていますので、 お肌にかかる負担を考え、夜のみのご使用をおすすめします。

ハイドロキノンの使用期間中は、塗っていない時でも、肌がデリケートになっている状態です。 紫外線のダメージを直接感じてしまうことで、悩みがより悪化してしまう恐れがあります。ご使用されない昼間も、日焼け止めを塗り、紫外線対策は十分に行ってくださいね。

また、ハイドロキノンは体質によりお使いいただけない場合があります。使用前には必ずパッチテストをおこなってください。

使用上の注意はしっかり守る必要があるのですね。

河本:

はい。当社では、過大な表現をすることは避け、使用上の注意もしっかりお伝えすることが、化粧品メーカーとしての義務と思っています。使用上の注意は守っていただきながら、ぜひお客様の肌でお試しいただき、このブランドの魅力を感じていただきたいですね。

ブランド情報

私達LANTELNOは "白への感動・実感力"を追及する化粧品メーカーです。

"白を実感していただく化粧品をつくる"ことを最重要視し、開発には、 一切の妥協を許しません。

化粧品づくりにかかわる全ての工程にこだわり、実感できるものをお届けするのが私たちの役目として、化粧品を展開しています。

https://lantelno.jp/

他の「ブランドインタビュー」の記事を読む

ジャンルを選択してください


美ログ