スキンケア大学 メンズスキンケア大学

ミュゼプラチナムが目指す「お客さま第一主義の姿」!

更新日:2020/04/16

株式会社ミュゼプラチナムではお客さまのことを最優先に考え、美容脱毛やスキンケア商品の開発など、さまざまなサービスを展開しています。コスメ事業部次長の野瀬さんに、同社の事業の根幹となっている想いや考え方についてお話を伺いました。

キレイになっていくことを後押しする!

株式会社ミュゼプラチナム 野瀬寛彦さんの画像

株式会社ミュゼプラチナム
コスメ事業部 次長 野瀬 寛彦さん

御社が事業を展開されていくなかで、大切にされている考え方を教えていただけますか?

野瀬:

私たちは、お客さまに満足していただくことを何よりも大切にしています。ミュゼプラチナムは「すべての女性がキレイになっていく後押しをしていきたい」という想いから事業をスタートした会社です。その想いを原動力にして、2003年7月福島県郡山市に「美容脱毛サロン ミュゼプラチナム」の1号店を開店しました。

以来、お客さまの悩みをしっかりと伺ったうえで、より良いサービスを提供していくことを心がけてきました。

ミュゼプラチナムでは、創業して以降お客さま第一主義を掲げていますが、「サービスを受ける方や商品を購入される方の気持ちを知ることが、お客さま第一主義の原点である」と考えています。そのため私たちは、いかにしてお客さまにご満足いただけるか、ということに重点を置いて日々の業務に取り組んでいます。

それは、まさに「お客さま第一主義」ですね!

野瀬:

先ほど「お客さまの気持ちを知ることが、サービスの原点」というお話をしましたが、新人研修ではまず、社員がお客さまと同じ立場になって、ミュゼプラチナムの美容脱毛サービスを受けるところからスタートします。

自分自身が一度サービスを受けることで、ミュゼプラチナムの大切にしている想いや待遇のスキルを身につけていける研修になっています。

このような意識を持ちながら、お客さまを最優先に考えた事業を続けていくなかで、サロンを拡大し、より多くの方へより良いサービスを提供していく会社へと成長を遂げてきたと思っています。

「お客さまの気持ちを知ること」は、お客さまの声に耳を傾けるという意味でもあります。サロンの運営を通じてお客さまの声や知見を蓄積し、生かしていった結果、現在はボディケア商品だけではなくスキンケア商品やオーラル商品の開発などにも着手しています。

女性がキレイになっていくことを後押しする幅広い事業を展開しています。

サロン発のサロン品質ブランド!

Sシリーズ商品画像

野瀬さんはコスメ事業部でスキンケア商品の開発に携わっていますが、やはりスキンケア商品の開発においても、お客さまの声を大切にされているのですか?

野瀬:

そうですね。お客さまの声をもとに、ミュゼプラチナムだからこそできる「サロン品質のスキンケア開発」を心がけています。例えばサロンでお話を伺うなかで、お客さまの中には乾燥で悩まれている方が非常に多くいらっしゃることがわかってきました。

一般的にはあまり知られていないかもしれませんが、美容脱毛サービスを提供する前後は、しっかりとした保湿ケアを行うことが必要になってきます。乾燥で悩んでいるお客さまの声と、これまでサロンで培ってきた保湿ケアの知見を生かして、お客さまに満足していただける保湿ケア商品を開発しました。

こうした開発のスタンスは、サロン発ブランドの「ミュゼコスメ」の特徴でもあります。

肌へのやさしさを追求して商品を開発!

「お客さまの声」と「サロンの知見」の両方を生かしながら商品開発を行われているのですね。

野瀬:

はい。「肌へのやさしさを追求していく」方針も、サロンを運営していくなかで自然と芽生えた考え方です。お客さまの声を伺っていく過程で、肌へのやさしさをスキンケア商品に求めている方はとても多く、私たちが美容脱毛サービスを提供していくなかでも、肌へのやさしさを常に意識してサービスを提供してきました。

商品の開発を進めていく際には、理論的に「やさしい」と断定されたものであったとしても、机上の理論を鵜呑みにすることはしません。試作品を、私たちの知見と照らし合わせてテストを実施しています。

納得のいくまで自分たちの肌で何度も試し、「ミュゼ基準に合った商品である」と太鼓判を押したものだけを商品としてご提供しています。

あらゆる面で、お客さまを大切にし続ける

プラセンタシリーズ商品画像

サロンを運営されていて、商品を使ったお客さまの声を直に聞く機会も多いと思いますが、どのような反応がありますか?

野瀬:

私たちが実感しているのは、多くのお客さまに満足してもらっているということです。高い評価をいただいた声は、開発の励みにもなっています。

もちろん、お話を伺うなかで「もっと自分がイメージするような商品を出してほしい」「今よりも角度の異なるアイテムを出してほしい」などの声もいただいていますので、お客さまの本音の意見を次の商品開発に生かしていきたいと思っています。

その一方で「美容脱毛サロン ミュゼプラチナム」は知っていても「ミュゼコスメ」を知らない方はたくさんいらっしゃいます。

また「ミュゼコスメ」ブランドはボディケア商品とフェイシャルケア商品の両方を展開していますが、サロンの印象が強すぎるためか、ボディケア商品専門のブランドだと思われている方もいらっしゃるのが現状です。

冒頭からお伝えしているように、私たちの会社は「すべての女性がキレイになっていく後押しをしていきたい」という想いからスタートした会社です。その想いは、これからも決して変わることはありません。

サロンでの美容脱毛サービスやボディケアはもちろん、スキンケアにおいても、すべての女性のキレイのために全面的にサポートしていきたいですね。

ブランド情報

「すべては女性のキレイのために」

ミュゼプラチナムでは、その想いのもと、お客さま目線を何よりも大切にしてきました。

サロンを通じてお客さまの声に耳を傾けてきたことで、女性のなりたい肌や肌の悩みについて、本音に触れることができたのです。

この声を生かし、サロンを越えて「キレイ」を叶えるお手伝いがしたい。
そんな想いから生まれたミュゼ発の化粧品ブランドです。

https://museecosme.com/

他の「ブランドインタビュー」の記事を読む

ジャンルを選択してください


美ログ