スキンケア大学 メンズスキンケア大学

「NOV(ノブ)」がおくる敏感肌のためのエイジングケア!L&Wシリーズ

更新日:2020/04/22

「とにかくピリピリしないスキンケアを…」と、敏感肌の方は化粧品に慎重にならざるを得ないことが多いものですよね。そこで今回は、そんな悩み多き肌に寄り添う、低刺激性の化粧品ブランド「NOV(ノブ)」のエイジングケアシリーズに注目!常盤薬品工業株式会社の佐藤さんにお話しを伺いました。

敏感肌でもエイジングケアできるスキンケアを目指して

nov01

常盤薬品工業株式会社
ノブ事業部 学術部 商品企画グループ
課長代理 佐藤 春奈さん

「ノブ L&Wシリーズ」はどのようなコンセプトから生まれたブランドですか?

佐藤:

もともと「NOV(ノブ)」は敏感肌やにきび肌などで悩んでいる方へ向けたブランドです。その中でL&Wシリーズは、高保湿エイジングケアとして生まれたシリーズです。

敏感肌の方は、スキンケアを選ぶとき「まず肌への刺激が少なく使えるもの」「基本のスキンケアができるもの」というところから始めなければいけないので、なかなかエイジングケアまでたどり着けない方が多いのかな、と感じていました。

でも、お肌が敏感な方ほどエイジングが進みやすい傾向があるため、ノブとしてエイジングケアは欠かせないだろう、という発想で生まれたのが「ノブ L&Wシリーズ」です。

敏感肌とエイジングケアがなかなか結び付かない人もいると思うのですが、どうして敏感肌の方は、エイジングが進みやすいのですか?

佐藤:

敏感肌は、「皮膚のバリア機能」が弱まり、常に刺激を受けやすい状態です。肌がうるおいを維持しにくくなっていることから、肌の乾燥に悩まされる方が多いのです。乾燥が続くということは、肌荒れも起こりやすく、乾燥による小ジワが目立ったり、くすみ(*1)によってお顔の印象が暗く見えてしまうことにつながりやすくなります。

そのような悩みに応えるものを作りたいと思い、初めは4品から始まったL&Wシリーズですが、敏感なお肌を考える中で品目が増えていきました。そういった意味でも、すごく敏感肌の方々に求めていただけているシリーズなのかな、という実感を持てています。

こだわりの高保湿「ローションだけで満足しちゃうかも?」

nov02

「L&Wシリーズのここは自信がある!」といったポイントはどのようなところですか?

佐藤:

「高保湿」な設計ですね。敏感肌の方のエイジングケアにとして大切なことはうるおいだと考えています。敏感なお肌はうるおいが抜けやすくなっているので、ただうるおいを与えるだけでなく、保持できる状態までサポートすることが重要です。

そこで、保湿成分をできる限り贅沢にというくらい多く配合しています。たとえば化粧水の「エンリッチローションEX(医薬部外品)」は、開発していく中で「これだけで満足できちゃうのでは?」と言われてしまうくらい保湿力が高くなりました。よかったらお手元に少し塗ってみてください。

ありがとうございます!なるほど、トロッとした感触で美容液やオイルのようですね。保湿力が高いのが分かります。

佐藤:

保湿成分と一口に言っても、水分を抱え込むもの、逃がさないようにするもの、というように、成分によってメカニズムが違います。その中で、使い心地も考えたうえで、油性成分を入れたり分子量を考えたりして、肌なじみのよさも追求しました。

たしかに、これ1本で保湿ケアが完了しそうなもっちり感がありますね!

佐藤:

うれしいです!実は私は、オンラインショップの方も担当していて、お客様のお声をいただいたりするのですが、その中でも敏感肌の方がすごくうるおいを求めていらっしゃるのだな、と感じることが多いんです。

開発するうえで「しっかりうるおいを感じられるものを」ということを大切にしているので、高いうるおい力が、敏感肌の方のハリや弾力感を与えることにつながると思っています。

「ノブ L&Wシリーズ」は敏感肌の方に向けたシリーズなので、とにかく多くの成分をいろいろ入れる、ということが、かえって刺激を与えてしまう可能性が高くなるので、あまり冒険はしません。あくまで敏感肌のために低刺激な設計であることを前提に組み合わせを考えて作っていますので、化粧水からしっかりうるおいを与えたい人にぜひ使ってもらいたいですね。

日中の紫外線を美容液でカットする発想と苦労

nov04

L&Wシリーズには、紫外線カット効果のある「日中用の美容液」があるんですよね

佐藤:

そうなんです。化粧品による肌への負担やトラブルを気にして、日焼け止めの使用を避ける敏感肌の方もいますが、肌が敏感だからこそ、紫外線による肌へのダメージは避けるべきだと考えています。

ノブは肌のために「遮光」を大切にしているため、敏感肌の紫外線対策を少しでもサポートできるよう日中用の美容液「ノブ L&W デイエッセンス UV」を開発しました。

苦労された点もあったのではないですか?

佐藤:

はい。日焼け止めの遮光成分には紫外線吸収剤と紫外線散乱剤の2種類あるのですが、ノブでは肌への負担を考えて紫外線吸収剤を一切使わないというこだわりがあります。一方,紫外線散乱剤だけで遮光値を高めようとすると、使用感が粉っぽくなったり、白く浮きやすくなってしまったりすることも。さらに石けんで落ちにくくなったりと、そういった部分の調整は難しかったと思います。

実は、色合いもこだわったポイントです。ピンクベージュの色がついていて、肌の色をトーンアップ(*2)して見せる効果もあります。この色合いを出すことにも苦労しました。

でも、苦労した甲斐があり、PAは++++、SPFは日常生活レベルでは十分といわれるSPF32を実現し、さらに石けんで落とせて肌への負担が少ない日中用美容液を作り出すことができました。ちょっと近くまでのお出かけなら、こちらとフェイスパウダーをつけていただくだけでも良いと思います。

これからも敏感肌の方に寄り添い続ける商品開発を

nov03

お話を伺って敏感肌の方へのやさしさがつまっているスキンケアなんだな、と感じました。最後に読者の皆様に一言お願いします。

佐藤:

「ノブ L&Wシリーズ」は、敏感肌の方でエイジングケアをしてみたいな、という方にまず手に取っていただきたい、と考えています。美白(*3)用アイテム、部分用アイテムなどシリーズの中にさまざまなアイテムがあるのですが、シリーズ全体を通じてお客さまに寄り添っていきたいと思います。

エイジングケア:年齢に応じたお手入れのこと
*1 乾燥による *2メイクアップ効果による *3メラニンの生成を抑え、しみ・そばかすを防ぐ

ブランド情報

ノブは臨床皮膚医学に基づく化粧品として1985年に誕生した敏感肌やにきび肌といったお肌のトラブルが気になる方のためのスキンケアブランドです。

ノブは、お肌をすこやかに保つために、「洗浄」・「保湿」・「遮光」・「メイク」の4つをスキンケアの基本と考えています。また、製品だけでなく、お肌の状態に合わせた使い方もスキンケアとしてとらえ、研究しつづけています。
これからも、最新の臨床皮膚医学に基づいたスキンケアを提案していきます。

www.nov.jp

他の「ブランドインタビュー」の記事を読む

ジャンルを選択してください


美ログ