スキンケア大学 ヘルスケア大学 メンズスキンケア大学

夏バテの原因と食事でできる防止策

北川みゆき

この記事の監修者

管理栄養士

北川みゆき

  • クリップ(0)

日差し

これからの季節心配なのが夏バテ!その原因とは?

日差しが照りつけ、汗がにじみ出てくる夏に気をつけたいのが「夏バテ」の症状です。

夏バテは、急激な気温や湿度の変化が原因で起こりやすくなります。
気温が上がると人間の体は発汗を促し、体温を下げようとするのですが、これにより多くのエネルギーが消耗されてしまったり、その他にも、暑さによる食事の偏りや睡眠不足によっても起こりやすくなります。

ここでは、夏バテの改善に効果的な栄養素と、簡単にできる防止策を紹介したいと思います。

夏バテの防止に必要な栄養素とは?

まず、夏バテに見られる主な症状には、「疲労感」と「食欲不振」があります。

激しい運動をしたわけでもなく、睡眠もたっぷりとったのに体の疲れが抜けない、ご飯がおいしくないといった場合には、糖質だけに偏った食事を避け、ビタミンB1を含む食材と酸味のある食材を食べるようにしましょう。
ビタミンB1を含んだ食材は、ご飯やパンなどに含まれる糖質を、効率よくエネルギーに変える働きがあります。

食材では、豚肉をはじめ、うなぎ、玄米、落花生や大豆などの豆類などがあげられます。
特に、夏にオススメしたいのは豚肉を使った料理。ビタミンB群が豊富なごまをプラスして、ごまだれをかけて食べればさらに効果的です。
この他、ビタミンB1の吸収を良くするのは、ニンニクやねぎ類などに含まれている硫化アリルを一緒にとること。豚肉のキムチ炒めなども、これらの食材がまとめて使われているのでオススメですね。

また、酸味のある食材を活用するのも一案。
梅干しや柑橘系の果物、お酢などをプラスしてみましょう。

酸味は食欲を増進し、疲労回復効果もあるので夏バテにはとても効果的!レモンや梅干しに多く含まれるクエン酸は、体の疲れを速やかに癒してくれます。

夏バテを防ぐ3つの対策!

夏バテは私たちの生活環境からも引き起こされます。
これから紹介する注意点を守って、暑い夏を乗り切りましょう!

【クーラーの設定温度は28度!】

部屋の温度は適温にしましょう。室内と外の気温があまりにも違うと体温調節が頻繁におこなわれ、体に余計な負担がかかってしまいます。クーラーの温度は28度を目安に設定しましょう。

【冷たい物を摂り過ぎない!】

とにかく内臓を冷やさないこと。冷たい食べ物や飲み物を取り過ぎると、胃腸が必要以上に冷えてしまい、内臓から弱ってしまいます。食欲不振や下痢にも繋がりますので、注意しましょう。

【こまめな水分補給をすること!】

脱水症状には気をつけましょう。喉が渇いてから水分をとっても、遅いのです。汗をかいたら喉が渇く前に水分を摂取するようにしましょう。少量ずつ頻度を増やして補給することで、体への負担も軽くなります。

美肌レシピ

体力UPについての他の記事

セルフチェックで自分を知る!

美肌講座カテゴリー一覧

新着記事

今週のピックアップレシピ

特集

レシピを探す

美肌レシピ