スキンケア大学 メンズスキンケア大学

「神の食べ物」チョコレートの美容効果

北川みゆき

この記事の監修者

管理栄養士

北川みゆき

  • クリップ(0)

チョコ

チョコレートの原材料となっているカカオ豆は、古代より「神の食べ物」として重宝され、ヨーロッパでは薬剤として取り扱われていた時代があったそうです。時を超えた現代においても、さまざまな魅惑のあるチョコレートですが、具体的にはどのような効果があるのか、紐解いていきたいと思います。

チョコレートの美容効果とは?

■エイジングケアに役立つ
チョコレートに含まれる代表的な成分カカオ・ポリフェノール。この含有量は、何と赤ワインの2倍以上もあります。このポリフェノールには、肌の老化を引き起こす活性酸素を除去し、ストレスを緩和させる作用もあることから、アンチエイジングを目指す方にとっては注目の成分です。

■代謝が上がり、肥満指数が下がる
チョコレートと美容の関係については昔から研究が進められてきましたが、カカオに含まれるエビカテキンが代謝に作用する成分であることが判明しました。また、「チョコレートを普段からたしなんでいる方ほど、肥満指数が低い」といった発表もあり、今後も目が離せない成分です。

■リラックス作用がある
チョコレートに含まれるカカオ・ポリフェノールには、精神的ストレスに対する抵抗力を強め、苦み成分であるテオブロミンには、興奮を鎮め、リラックスする作用があります。

■虫歯を防ぐ働きがある
意外に思われるかもしれませんが、チョコレートに含まれるカカオパウダーには歯周病予防や抗菌作用があり、虫歯ができにくくなる作用があるのです!最近では寝る前に食べるチョコレートも販売されています。
ただし、市販のチョコレートを食べても虫歯ができないわけではありませんので注意してください。

上手にチョコレートを取り入れましょう

チョコレートは、日常生活のさまざまなシーンで役立ちます。
例えば、チョコレートの香りは精神活動を高める働きがあるため、仕事での集中力や記憶力を高めたい時に食べるとよいでしょう。ここぞという時の1時間前に、板チョコを1/4~1/2程度を目安に食べることをオススメします。
また、チョコレートは糖分が高いため、お腹が空いた時に少しだけ食べると空腹感がやわらぎます。ダイエットが気になる方は、糖質、脂質が控えめのビターチョコレートを食べるとよいかもしれませんね。ポリフェノールの含有量の高いものを選ぶとより抗酸化作用が期待できます。

美肌レシピ

甘いものと美容効果についての他の記事

おすすめのスキンケア講座記事

セルフチェックで自分を知る!

美肌講座カテゴリー一覧

新着記事

今週のピックアップレシピ

特集

レシピを探す

美肌レシピ