スキンケア大学 メンズスキンケア大学

免疫力を高めるみかんの栄養

北川みゆき

この記事の監修者

管理栄養士

北川みゆき

  • クリップ(0)

日本の代表的な果物として、多くの方に愛されているみかんですが、もちろん私たちに嬉しい栄養もたくさん備わっています。今回はその一部をご紹介したいと思います。

最近やウイルスと戦う成分とは?

みかんに含まれる代表的な栄養素といえばビタミンCです。ビタミンCには、メラニンの生成に働きかけ、シミなどの予防をしたり、血液成分の白血球に含まれる好中球を活性化させ、からだの中に侵入してきた細菌やウィルスを殺す作用があります。
しかも、白血球の働きを助けるだけでなく、ビタミンC自身にも細菌やウィルスと闘う力が備わっているのです!

なかでも、温州みかんの皮に含まれるシネフィリンや、はっさくや夏みかんに多く含まれているオーラブテンという成分に、免疫力を高め、風邪の予防への効果が期待されています。

また、私たちは鼻や喉、呼吸器などの粘膜が脆弱化すると、感染症にかかりやすくなってしまいますが、みかんに含まれるβ-カロテンには、皮膚や粘膜を丈夫にする働きがあるため、積極的に取り入れましょう。
免疫力を高めるビタミンCとβ-カロテンの相乗効果で免疫力アップが期待できるため、風邪の兆候を感じたらみかんを食べるようにするとよいかもしれませんね。

みかん一日三個でビタミンCはOK

みかんには、免疫を高める作用だけでなく、さまざまな効果があります。
美白効果のあるビタミンC、むくみを解消するカリウム、そしてみかんの皮に含まれるヘスペリジンという成分には、血液をサラサラにする働きもあります。また、便秘によいとされる食物繊維、疲労回復によいとされるクエン酸なども豊富に含まれています。

一日三個食べれば、一日のビタミンC必要摂取量をまかなえますので、積極的に食べてみてはいかがでしょうか?

美肌レシピ

その他の果物についての他の記事

おすすめのスキンケア講座記事

セルフチェックで自分を知る!

美肌講座カテゴリー一覧

新着記事

今週のピックアップレシピ

特集

レシピを探す

美肌レシピ