スキンケア大学 メンズスキンケア大学

チゲ鍋の気になるカロリーとは?

立原瑞穂

この記事の監修者

野菜ソムリエ上級プロ・栄養士・アスリートフードマイスター

立原瑞穂

  • クリップ(0)

チゲ鍋

ビビンバやナムル、プルコギなど韓国料理が若い女性に人気ですが、キムチ鍋をはじめとするチゲ、スンドゥブなどの鍋ものも美容によいと注目を集めていますよね。

今回は、チゲに注目して、ダイエットの関係についてご紹介したいと思います。

そもそも「チゲ」ってどういう言葉なの?

皆さんは、韓国語で「チゲ」とは何を意味しているのかご存知でしょうか?
巷では「チゲ鍋」という呼び方をしていますが、実はこの言葉は誤った使い方なのです。

元々、韓国語で「チゲ」は「鍋」のことを意味しており、正確には「チゲ鍋」と呼ばないのが普通ですが、いつの間にか日本では「チゲ鍋」という言葉が一人歩きしてしまった経緯があり、辛味噌仕立ての鍋料理のことを指しているようです。

チゲのカロリーはどのくらい?

韓国では代表的な家庭料理でもある「チゲ」は、肉や魚、野菜、豆腐などに唐辛子や味噌を入れ、濃いスープで煮た鍋のことを指し、辛さがあるものが多いのが特徴です。

「チゲ」は鍋の中に入れる具材の種類によってカロリーも変わるので、一概には言えませんが、チゲの代表であるキムチチゲは一人前で約570kcalなのに対し、豆腐がメインのスンドゥブチゲだと一人前で700kcal以上もあるのです。

ダイエットを目指している方は食べ方に注意

チゲにはいずれも唐辛子や野菜がふんだんに使われていることから、脂肪の燃焼効果やヘルシーさが期待できるとはいえ、意外にカロリーが高いのは驚きですよね。

また、カロリーが低い豆腐が入っているスンドゥブでさえ、これだけのカロリーがあるため、やはり鍋の中にどんな食材を入れるかということが大きく関係してきます。
肉や卵などカロリーが高い食材が入れば、当然のことながらカロリーも高くなります。

最近、鍋ブームが再来していますが、実は多くの女性が最後にご飯やめん類などを入れて最後のシメを楽しんでいます。もともとカロリーが高いチゲにシメをプラスするのは、ダイエットを意識している方には要注意です。

できるだけカロリーが多くなる食べ方は避け、スープの味わいや野菜のうま味を楽しむ方がよさそうです。

美肌レシピ

ダイエットについての他の記事

おすすめのスキンケア講座記事

セルフチェックで自分を知る!

美肌講座カテゴリー一覧

新着記事

今週のピックアップレシピ

特集

レシピを探す

美肌レシピ