スキンケア大学 ヘルスケア大学 メンズスキンケア大学

食べ順ダイエットの方法

北川みゆき

この記事の監修者

管理栄養士

北川みゆき

  • クリップ(0)

食べ順ダイエット

食べ順ダイエットは「食べる順番を工夫するだけでダイエット効果が期待できる方法」としてテレビや雑誌などのメディアで非常に話題になりましたが、ダイエットに関心のある方なら既にご存知のダイエット方法かもしれません。しかし中には食べる順番など、方法を間違って覚えている方も少なくないようです。

今回は、食べ順ダイエットの正しい方法や注意点についてご紹介します。

食べ順ダイエットの方法とは?

■ポイント.1 最初に食物繊維を多く含む食品から摂る

食事を摂ると体内の血糖値が上昇しますが、急激な血糖の上昇は肥満へとつながるため、ゆっくりと血糖値を上げる食べ方がベスト。

食物繊維を含んでいる野菜や海藻、きのこ類を食事の最初に食べれば、糖の吸収を遅らせる働きがあるので、急激に血糖値が上がるのを防ぐ役割を果たします。また、野菜や海草、きのこ類は噛みごたえのあるものが多く、自然とゆっくり食べることになるので早食いの防止にもつながります。

また、調理方法は生でも加熱してもかまいませんが、生だけや加熱したものだけ等、どちらかに偏らないようにバランスよく摂りましょう。野菜の場合は1日に350gを摂ることを目標に。

■ポイント.2 肉・魚・大豆製品・卵なども普通に摂る

痩せるためにはカロリーの少ない野菜や海藻類だけを食べる方がよいのでは?と思いがちですが、たんぱく質が不足している状態だと、筋肉量が減少して基礎代謝が落ちてしまい、逆に太りやすい体質になる場合があります。

■ポイント.3 炭水化物は最後に摂取する

これまで、ゆっくりと味わいながら食べ続けると、ごはんなどの炭水化物にたどりついた時にはそれほど食欲がましていることはないはずです。そのため、ごはんの量も必然的に食べる量が減ることとなります。

しかし、ここで食べるのを止めてしまうのも実はあまりよくありません。確かに糖質は摂り過ぎると体脂肪の原因にはなりますが、炭水化物を極端に減らすと、体内のたんぱく質や脂質からエネルギーを捻出することになり、栄養バランスが崩れ不健康になる恐れがあります。少量でも炭水化物はしっかりと摂るようにしましょう。

美肌レシピ

ダイエットについての他の記事

おすすめのスキンケア講座記事

セルフチェックで自分を知る!

美肌講座カテゴリー一覧

新着記事

今週のピックアップレシピ

特集

レシピを探す

美肌レシピ