スキンケア大学 メンズスキンケア大学

葉酸が妊婦に必要な理由

北川みゆき

この記事の監修者

管理栄養士

北川みゆき

  • クリップ(0)

妊婦

葉酸は、妊婦が積極的に摂る必要のある栄養素として注目されていますが、なぜ葉酸は妊婦にオススメなのでしょうか?
今回は、葉酸と妊婦の関係性についてご紹介していきたいと思います。

葉酸の働きとは?

葉酸は「赤ちゃんのビタミン」と呼ばれるほど重要な栄養素であり、葉酸が不足すると、貧血だけではなく流産や胎盤早期剥離、先天性異常の二分脊椎のリスクが高くなります。
葉酸は、臓器の正常な形成や細胞増殖に深く関与しており、赤ちゃんの脳や神経を作る大切な栄養素のひとつであるため、お腹の中ですくすくと成長する時期には、葉酸の需要量が高くなります。

妊婦にとって葉酸にはどんな効果がある?

妊娠をしていない方や、通常の規則正しい食生活を送っていれば不足することは無いと言われていますが、妊婦の方は、食事から葉酸を摂取しても1日の必要量に達しないことが多く、特に妊娠初期の場合、つわりなどもあるため、ますます食事から葉酸を摂るのが難しくなります。

■先天性異常を予防する
葉酸を摂取することにより、脳や神経の先天性異常である二分脊椎、無脳症、神経管閉鎖障害のリスクを軽減する働きがあります。

■貧血防止
赤ちゃんはお母さんの血液から鉄分を始め、さまざまな栄養成分をもらいながら成長していくため、妊娠していない時よりも貧血になりやすくなります。葉酸は赤血球を造り、貧血を予防する働きがあります。

■母乳の出をよくする
葉酸は、血液成分からできている母乳からも、赤ちゃんに必要な栄養分を、供給する重要な役割を担っており、母乳の出もよくする働きがあると言われています。葉酸はビタミンB12とともに造血に関わっている重要なビタミンです。

サプリメントも積極的に併用しましょう。

葉酸は水溶性ビタミンの一種であり、必要以上に摂ったとしても、尿中に排泄されるため過剰症による影響や副作用の心配は特にないと言われています。

自然食品に含まれている葉酸は、体に消化吸収された後、全体の約5割が有効に作用しますが、化学合成された葉酸は、全体の約8割が有効作用されています。

また、厚生労働省は、葉酸の推奨量に達している妊婦の方は全体の約1割程度であるため、化学合成されたサプリメントの摂取を併用することを勧めています。

美肌レシピ

妊娠中の食事についてについての他の記事

セルフチェックで自分を知る!

美肌講座カテゴリー一覧

新着記事

今週のピックアップレシピ

特集

レシピを探す

美肌レシピ