スキンケア大学 メンズスキンケア大学

牛乳でアレルギー症状が出る原因

北川みゆき

この記事の監修者

管理栄養士

北川みゆき

  • クリップ(0)

牛乳

近年、食物に対するアレルギーを起こす方が非常に多く、特に先進国を中心に増え続ける傾向にあります。食物アレルギーはその原因物質も多種多様ですが、中でも牛乳に対してアレルギーをお持ちの方も少なくありません。今回は、牛乳アレルギーの原因や対応策についてご紹介したいと思います。

牛乳アレルギーの原因とは?

牛乳アレルギーの原因は、牛乳に含まれる「カゼイン」などのタンパク質です。元々人の身体の中にはIgE抗体とよばれる物質が存在しており、異物を排除する働きを持っているのですが、その働きが強すぎるとアレルギーという異常反応となって現れます。

ですから、牛乳アレルギーの方は、牛乳の成分であるタンパク質を異物と認識し、じんましんやかゆみなどの症状が出現するだけでなく、重症となる場合は、アナフィラキシー症状とよばれ、生命に危険なショック症状を起こすこともあります。

牛乳アレルギーへの対応策

一番安全で確実な方法は、牛乳や乳製品を摂らないようにすることですが、牛乳には健康維持に必要な三大栄養素である炭水化物、タンパク質、脂質をはじめ、特に乳幼児や小児の場合は発育に必要なカルシウムなどのミネラルやビタミン類がバランスよく含まれています。

特にカルシウムに関しては小魚などで代用を試みても、必要量を満たすためには相当な量を食べる必要があります。

牛乳にアレルギーのある乳児の場合、厚生労働省の認可を受けている「タンパク加水分解乳」や、アレルギーがある子どもでも飲める「特殊ミルク」があるので、使用を検討するのもよいでしょう。

また、乳酸や乳化剤などの「乳」という名のつく成分に関しては、牛乳とは直接的には関係ないのですが、乳糖に関してはわずかですが、アレルギーの原因となる牛乳タンパクが入っている場合がありますので注意が必要です。

また、加工食品には牛乳タンパクが使用されているものが非常に多く、医薬品にも含まれている場合があるため、原材料などが書かれている成分表をしっかりと確認することが大切です。

現在の医療機関では、アレルギーによるアナフィラキシーショックに伴う生命の危険を回避するための治療として、アレルギーの原因となる牛乳を少量ずつ摂取することで、徐々に慣らしていく減感作療法という治療法もありますので、医療機関に相談するのもよいでしょう。

美肌レシピ

花粉症・アレルギーについての他の記事

セルフチェックで自分を知る!

美肌講座カテゴリー一覧

新着記事

今週のピックアップレシピ

特集

レシピを探す

美肌レシピ