スキンケア大学 メンズスキンケア大学

生理前症候群(PMS)と月経前不快気分障害(PMDD)の違い

北川みゆき

この記事の監修者

管理栄養士

北川みゆき

  • クリップ(0)

PMS(月経前症候群)という言葉はみなさんも一度は耳にしたことがあるかもしれませんが、似たような症状にPMDD(月経前不快気分障害)というものがあります。この2つは、いずれも女性ホルモンのバランスが崩れることによって起こるとされていますが、その症状は似ているようで異なっています。それぞれの特徴について、詳しく解説します。

PMS(月経前症候群)とは

下腹部痛や頭痛、肩こり、乳房の痛み、肌荒れ、むくみなどの身体的症状をはじめ、イライラや注意力の低下、不眠、精神不安定などの精神的症状など、生理前に起こるさまざまな不快症状のことをPMS(月経前症候群)と言います。

日本産科婦人科学会では、PMSを「月経前3~10日の間続く精神的あるいは身体的症状で、月経の発来とともに減退ないしは消失するもの」という定義づけをしており、ある調査によると、女性の9割以上が生理前になるとPMSを発症することがわかったそうです。

PMSは、一般的には生理の1~2週間前から症状が現れ、ほとんどの場合、生理が始まると軽快(あるいは消失)するとされています。ただし、人によっては2~3日前から症状が現れる人もおり、個人差が大きいのが特徴です。

PMDD(月経前不快気分障害)とは

PMDD(月経前不快気分障害)とは、月経がある女性の約5%に見られる症状で、PMS(月経前症候群)における症状の中でも特に精神的な症状が非常に強く、日常生活に支障が出るほどの状態を指します。

PMSとのもっとも大きな違いは、PMSよりも気分の悪化が著しく、日常生活が困難な状態に陥るという点です。主な症状として、自己卑下、やる気の消失、重度の抑うつ状態、絶望感などが見られますが、月経がはじまってから数日後には消失し、普段と変わらない精神状態に戻るのが特徴です。

具体的な症状としては、自分の感情の制御ができなくなり、涙が止まらなくなったり、他人に対しての言動が攻撃的になることを例としてあげられます。これにより、相手に不快感を与えるだけでなく、自分自身も後悔や自責の念にかられてしまい、より一層抑うつ感が増すこともあるため、PMDDが疑われる方は早めに対策するようにしましょう。

PMS、PMDDの症状が強い場合の対処法

PMSやPMDDが起こる確かな原因は未だにわかっていませんが、女性ホルモンバランスの乱れが影響していることは間違いないと考えられています。よって、PMSやPMDDの症状を緩和させるには、女性ホルモンのバランスを整える作用を持つ、イソフラボンやビタミンB6、亜鉛などのミネラル類を意識的に摂取することがすすめられています。

特に、イソフラボンが体内で代謝されると「エクオール」という物質に変換されるのですが、このエクオールという成分は女性ホルモンの乱れによるさまざまな症状の緩和に有効であることがわかっています。

エクオールを作れている女性と作れていない女性を比較したところ、作れていた女性の方がPMSの症状が軽かったというデータもあることからPMSにも有効ではないかと期待されています。しかしながら、イソフラボンを体内でエクオールに変換できるのは、日本人の2人に1というデータが出ていることから、より確実にその効果を得るには、エクオールが配合されたサプリメントの摂取をおすすめします。

このような対処を行ってもツラい症状がなくならない場合は、一人で抱えこまず、すぐに婦人科などの専門機関を受診するようにしましょう。

美肌レシピ

ホルモンバランスについての他の記事

おすすめのスキンケア講座記事

セルフチェックで自分を知る!

美肌講座カテゴリー一覧

新着記事

今週のピックアップレシピ

特集

レシピを探す

美肌レシピ