体に悪い食べ物とは?

体に悪い食べ物とは?

食べるものに事欠かない日本。豊富な食べ物の中にも、体に良いとされる食べ物と、逆に体に悪いとされる食べ物があります。今回は、体に悪い食べ物とはどのような物があるのか、ご紹介していきましょう。

どんな食品が体に悪いの?これらの成分は要注意!

トランス脂肪酸

トランス脂肪酸とは、マーガリンをはじめ、一部のパンや菓子類、業務用油脂などに含まれている成分です。

腸内の悪玉コレステロールを増加させ、善玉(HDL)コレステロールを減少させる働きがあることから、トランス脂肪酸を多く含んだ食品を日常的に摂り過ぎている場合は、心筋梗塞などといった心疾患のリスクが高まると言われています。

現在、欧米諸国ではトランス脂肪酸の規制が進んでいますが、日本ではまだその動きはありません。日本人はトランス脂肪酸の摂取量がそもそも少ないことで問題視はされていないのです。

脂質に偏った食事を摂っている人は、まずは脂質を控えることが大事だと考えられています。

また、トランス脂肪酸はマーガリンやショートニングに多く含まれているので、市販のお菓子やパンなどを購入する際に気になるようであれば、裏の食品表示を確認して入っていないものを選ぶようにするとよいでしょう。

リノール酸

リノール酸は健康によいとされ、多く摂ることが推奨されていた時期もありました。しかし、リノール酸は加工品に多く含まれており、近年ではリノール酸の過剰摂取に伴う健康への影響が懸念されています。

リノール酸は必須脂肪酸ではありますが、摂りすぎると血中に蓄積したコレステロールを回収する働きを持つ善玉コレステロールを減らしてしまい、動脈硬化などの疾患の原因になる可能性があります。

また、リノール酸から生成されるアラキドン酸には、アレルギー症状を強める作用があるため、リノール酸の摂取によってアレルギー疾患を引き起こされる可能性もあるようです。

リノール酸はひまわり油やコーン油、グレープシードオイル、大豆油などに含まれているので、料理に使う油や加工品を食べる頻度を見直してみるのもよいかもしれません。

プロフィール紹介
prof_yumi_katamura

片村 優美さん

管理栄養士

病院で栄養指導や給食管理に従事したのち、フリーランスに転身。webサイトや商品の監修、コラム執筆を主に行っている。地域の活動として、食育講座や地域食材を使ったレシピサイトの運営、短期大学の非常勤講師などを務め、身体のことだけではなく、心の健康も大切にした「無理しない健康づくり」を推奨している。

病院で栄養指導や給食管理に従事したのち、フリーランスに転身。webサイトや商品の監修、コラム執筆を主に行っている。地域の活動として、食育講座や地域食材を使ったレシピサイトの運営、短期大学の非常勤講師などを務め、身体のことだけではなく、心の健康も大切にした「無理しない健康づくり」を推奨している。

提供元:有限会社九南サービス 掲載日:2021/06/29