main_erika_shinohara

管理栄養士もオススメ!簡単なデトックス方法とは?

管理栄養士として、野菜ソムリエとして数多くの講師を務め、食に関わる活動を幅広く行っている篠原絵里佳さん。その豊富な知識と経験をもとに、どのようなライフスタイルを送っているのか、どんなことに気遣っているのか、参考になるデトックス方法も併せて伺いました。

健康な心と体に宿るインナービューティー

健康な心と体には、内面から湧き上がる美しさ“インナービューティー”が宿ります。この健康な心と体を支えるために必要なのは食と睡眠です。このふたつを軸に、日本抗加齢(アンチエイジング)医学会認定指導士の管理栄養士として活動をしています。

活動内容は、テレビ・ラジオのメディア出演をはじめ、新聞、webでのコラム連載、雑誌の料理連載や取材対応、書籍の監修、さらには日本全国での講演会やセミナー等、「食と健康」「食と美容」に関わる情報を幅広く発信しています。

その一方で、ベジフルビューティーアドバイザー養成講座の講師として、インナービューティーアドバイザーの養成に力を注ぐほか、医療機関での勤務経験を活かしながら、食に留まらず、睡眠改善インストラクター、アロマコーディネータとして、ライフスタイル全般を視野に入れた美容・健康のアドバイザーとしての活動を広げています。

毎日の工夫で食事バランスを調整

「栄養バランスの良い食事」がインナービューティーの土台となっており、バランスの良い食事があってこそ、健康も美しさも手に入れることができるのです。

しかし、出張が続いたり、講演会の差し入れでの仕出し弁当、クライアントさんとの飲み会…と、食事のバランスが乱れることもあります。そんな時は、2~3日で調整するように意識しています。

あらかじめ食事の乱れが予想できるときには、野菜や果物を持ち歩いたり、外食で不足しがちなビタミン・ミネラル・食物繊維が補えるハーブティーをタンブラーに入れて持ち歩いたり、アーモンドやくるみ、ダークチョコレート、ドライプルーンを持ち歩いておやつにいただくなどの工夫をしています。

また、朝のフレッシュなベジフルジュースを毎日の日課にしています。もちろん、健康や美容には運動も大切。名古屋ウィメンズマラソンへの出場は毎年の恒例行事にして、ランニングライフも楽しんでいます。

My Favorite「みらいのエステ」

美容と健康に良い栄養成分を効果的にとり入れるためにも、デトックスはとても大切です。幼少のころから腸の調子が悪くて便秘がちだった私は、肌も酷く荒れていました。デトックスが上手にできるようになってからは、肌荒れとは無縁。勿論、便秘とも無縁の生活を送っています。

最近は、外出時もタンブラーにハーブティーや「みらいのエステ」を入れて持ち歩き、デトックスを心がけています。自宅でいただくときは、透明なグラスに入れて飲むのがお気に入り。ラッキーカラーがピンクの私は、このピンクの色がテンションを上げてくれます。

生姜も入っているので体もポカポカ。疲れた時には“はちみつ”を加えて、ミネラル豊富な天然の甘みをプラスして、1日1杯の美味しいエステにすっかりはまっています。

みらいのエステ
(販売元:タマチャンショップ)

プロフィール紹介
prof_erika_shinohara-02

篠原 絵里佳さん

管理栄養士・日本抗加齢医学会認定指導士

総合病院、腎臓・内科クリニック勤務を経て独立。医療機関での勤務経験とアンチエイジング医学の活動を通して「医×美×食」を融合させた、体の内側から美を作る食を見出し幅広く発信している。睡眠改善インストラクターとしても、食と睡眠の観点から健康と美容にアプローチする「睡食健美」を提唱中。医療機関にて栄養相談・睡眠相談も担当している。

総合病院、腎臓・内科クリニック勤務を経て独立。医療機関での勤務経験とアンチエイジング医学の活動を通して「医×美×食」を融合させた、体の内側から美を作る食を見出し幅広く発信している。睡眠改善インストラクターとしても、食と睡眠の観点から健康と美容にアプローチする「睡食健美」を提唱中。医療機関にて栄養相談・睡眠相談も担当している。

提供元:有限会社九南サービス 掲載日:2021/02/17