main_eriko_tajima

栄養たっぷり黒豆の楽しみ方

美容や健康によい栄養素がたっぷり詰まった黒豆。子どもも喜んで食べる、黒豆をおいしくいただくレシピを、教育、住宅、食事、美容など、さまざまな分野のライティングで活躍する田島さんが教えてくれました。

美容、健康、インテリアなど幅広く執筆

編集&ライターとして、雑誌・書籍・フリーペーパー・WEB記事などの編集やライティングの仕事をメインに活動しています。料理、インテリアや教育など、女性実用とされる分野全般を扱っていますが、特に得意とするのが、美容・健康や食に関する記事です。

私自身が昔、不規則な生活が原因で体調を崩したことがきっかけで、心身の健康の大切さに気づきました。そういった気づきを多くの女性に伝えたいと思いながら、日々の仕事をしています。取材などを通じて常にいろいろな情報が入ってくるので、勉強にもなっています。

基本は一汁三菜、ストックで時短も

子どもがいるので、家族の健康を守るためにも毎日の食生活を最も大切にしています。基本は一汁三菜をイメージした和食。伝統的な製造方法で作られた調味料やオイルを使ったり、材料の選び方にも気をつけたりしています。

とは言っても、ワーキングマザーなので、毎日の調理にそれほど手をかけてはいられないので、簡単に料理が完成できるように、手作りのたれを作ってストックしています。少しだけにんにくと甘みをきかせたゴマだれや、お醤油と酢にネギなどの香りのある野菜を刻んでつけたたれ…、だしもストックしています。

ベースとなるたれを作っておけば、オイルを加えてドレッシングにアレンジしたり、切る、ゆでる、蒸す、焼く、などの基本的な調理と組み合わせるだけで、簡単に味が決まるので重宝しています。

My Favorite「国産 煎り黒豆」

なんといっても、子どもたちはおやつが大好き!おいしくて健康的なおやつを与えたいと思って、ロースイーツなどを手作りすることもありますが、さすがにしょっちゅうというわけにはいきません。

そこで、行き当たったのがこちらの煎り黒豆です。甘さと香ばしさが口の中に広がり、さくさくと歯ごたえもあるので満足感も十分。子どもたちは取り合って食べています。毎日食べるのにも価格がリーズナブルな点が嬉しいですね。

少し甘めのおやつが食べたい時には、てんさい糖と若干の水を混ぜながら鍋に熱して、ふつふつとしてきたところに豆を入れて混ぜれば、甘い衣をまとったお豆ができあがります。焦げやすいので、豆を入れたらすぐに火を止めて、手早くよく混ぜるのがポイント。

他にも、お塩や昆布と一緒にご飯に炊き込んだ黒豆ご飯もおいしいのでおすすめです。

国産 しあわせ煎り黒豆
(販売元:タマチャンショップ)

プロフィール紹介
prof_eriko_tajima

田島 えり子さん

編集・ライター

会社員として2度の出産と職場復帰を経て独立。教育、住宅、食事、美容など、さまざまな分野の編集・ライティングを手掛けている。男の子2人のママ。

会社員として2度の出産と職場復帰を経て独立。教育、住宅、食事、美容など、さまざまな分野の編集・ライティングを手掛けている。男の子2人のママ。

提供元:有限会社九南サービス 掲載日:2021/02/17