main_hikaru_kawamura

美容コンサルタント 川村ひかる流黒酢の飲み方

働く女性が増えている現代。健康や美容が気になるけれど、食生活に気を遣っている余裕が無い…という方も多いのではないでしょうか?

そんな働く女性に向けて、食事のアドバイスやライフスタイルの提案をしている川村さんに、川村さんおすすめの黒酢や、黒酢に期待できる効果やおすすめの飲み方を伺いました。

働く女性のための食育活動を目指したい

グラビア活動を経て、現在は美容コンサルタントとして活動をしており、賢い食事で健やかに美しくということで、『賢食健美』をモットーに、働く女性を対象にした美しくなる為の食事のアドバイスや、お料理教室を開催しています。

女性もアグレッシブに働く現代ですから、外食などで栄養バランスの偏りがちな女性が増えているように思います。今後は、そういった働く女性に向けた食育・妊活をサポート出来る活動をしていきたいと考えています。

はまっているのは身体を柔らかくする運動と発酵食品

最近一番気をつけていることは、身体のゆがみを改善することです。身体のゆがみは、身体の堅い部分に影響を与え、痛みや炎症を招いてしまいます。ストレッチやヨガなど、身体を柔らかくする運動を取り入れ、しなやかな身体を目指しています。

食生活ではぬか床にはまっており、自宅で漬物をつけたり、お味噌・醤油なども手作りをしたりして楽しんでいます。もともと発酵食品が大好きで、子供の頃から塩辛をご飯のあてにしておかわりする程でした。

My Favorite「福山玄米黒酢」

最近、積極的に取り入れているのが黒酢です。お酢を体内に取り入れる事で身体がアルカリ性になり、新陳代謝があがって血行が良くなるので、生活習慣病の予防にも。

また、黒酢特有の酸味と香りが口や胃の中で消化液を増やしてくれるので、消化吸収の働きを助けてくれるといった効果も。

お酢に含まれるクエン酸には、疲労物質である乳酸の蓄積を防ぐ働きがあるので、疲れを溜めないように黒酢を毎日飲んでいます。

サラダのドレッシングなどで使うこともありますが、食事前に飲めば食後の血糖値の上昇を抑えてくれるので、たくさん食べたい時にはドリンクとして飲んでいます。炭酸水と混ぜてサワーにしたり、野菜スムージーに混ぜても黒酢特有の旨味が活きて美味しくいただけます。

お料理では、さきほども言ったようにドレッシングにしたり、ピクルスにしたり、揚げ物にさっとかけるといった取り入れ方がおすすめです。美味しい上に、脂の吸収も抑えてくれるのでおすすめです。

プロフィール紹介
prof_hikaru_kawamura

川村 ひかるさん

美容コンサルタント

1979年10月18日生まれ。東京都出身。グラビアでの活躍を経てJAAアロマコーディネーター、健康管理士、野菜ソムリエジュニアマイスター、発酵プロフェッショナルなどの資格を取得。数々の資格を活かし健康やダイエット、アンチエイジングについて講演やセミナー、個別コンサルタントとして複数の企業のPRを携わりながら2016年第一子となる男の子を出産し母になる。産後の不調から分子栄養学に出会いオーソモレキュラー栄養療法によって体調が回復し、2018年には栄養アドバイザーとしてオーソモレキュラー・ニュートリション・エキスパート(ONE)を取得。現在は自身の経験を元に妊活マイスターの講師を務める他、お弁当教室を開催。幻冬舎より川村ひかる「発酵美人」を出版。

1979年10月18日生まれ。東京都出身。グラビアでの活躍を経てJAAアロマコーディネーター、健康管理士、野菜ソムリエジュニアマイスター、発酵プロフェッショナルなどの資格を取得。数々の資格を活かし健康やダイエット、アンチエイジングについて講演やセミナー、個別コンサルタントとして複数の企業のPRを携わりながら2016年第一子となる男の子を出産し母になる。産後の不調から分子栄養学に出会いオーソモレキュラー栄養療法によって体調が回復し、2018年には栄養アドバイザーとしてオーソモレキュラー・ニュートリション・エキスパート(ONE)を取得。現在は自身の経験を元に妊活マイスターの講師を務める他、お弁当教室を開催。幻冬舎より川村ひかる「発酵美人」を出版。

提供元:有限会社九南サービス 掲載日:2021/02/17