main_yukie_isomura

さつまいもを使った簡単スウィーツレシピ

シンプルで美味しいレシピを数々提案している管理栄養士の資格をお持ちの料理家磯村優貴恵さん。今回は、さつまいもを使った簡単で美味しいスイーツレシピを教えていただきました。

料理人としての経験を活かし、シンプルで美味しいレシピを提案

以前はダイエット専門のサロンで食事指導をしていましたが、その際、より具体的なメニュー提案の必要性を感じて、日本料理やカフェで約3年間ほど料理の修行を行いました。現在は、料理人としての経験を活かして、企業の新商品開発やレシピ提案、コラム執筆などを行っています。

レシピを考える際には、さまざまな「テーマ」があるのですが、どんなテーマの時でもシンプルで美味しい、また作りたい!と思っていただけるレシピになるように心がけています。

今後は、マンネリ化しやすい食材を使ったレシピを増やしていくことや、疎遠になりつつある和の伝統食材も積極的に食卓へ上がるよう広めていきたいと思います。そして、食卓を囲んだ時に会話が弾むような空間づくりのお手伝いができたらと思っています。

カラダが喜ぶ旬の食べ物

食に関しては、「シンプル」「伝統」「色彩」を大切にしています。たとえば、旬の食材を使って醤油、味噌、出汁などの伝統的な調味料で簡単に調理をすること、食材本来の持ち味や色を活かして食卓を彩ること…。

当たり前のことのように思われるかもしれませんが、旬の食べ物は栄養価も高く、色も香りも良い状態です。だからこそ五感をしっかりと使いますし、体が一番喜ぶメニューになっているのだと思います。

私自身は、体の「内側」へ意識を向けるようにしており、数年前からピラティスを始めたり、ヒールのある靴を履くことで綺麗な姿勢維持を心掛けたりしています。

せっかく体に良いものを食べても、体のメンテナンスができていないと消化や吸収の効率も悪くなり、もったいないですからね。

My Favorite「さつまいも」

秋冬が旬のさつまいも。ふっくらと優しい見た目が、そのまま味にも出ています。ガツンとした甘さとは違い、あとからほんのり口に広がる柔らかい甘さは、おかずとしてもおやつとしても◎です。

そして、ゆっくりと加熱することで、旨味と甘味が増すだけでなく、見た目にも透き通るようなきれいな黄色になりますよ。

さつまいもとりんごの甘煮
材料
2人分
  • さつま芋 1/2本(125g)
  • りんご 1/4個
  • バター 10g
  • (A)水 1/2カップ
  • (A)きび砂糖 大さじ1
  • (B)塩 ひとつまみ
  • (B)レモン汁 1/2個分
  • シナモンパウダー 少々
作り方
  1. さつま芋は1㎝幅の輪切りもしくは半月切りにして5分ほど水にさらし、りんごは種を取り皮ごと1㎝幅に切る。
  2. 鍋にバターを入れて火にかけ、さつまいもとりんごを軽く炒める。
  3. (A)を加えて沸騰したら極弱火にし、途中全体を混ぜ合わせながら10分ほど煮る。
  4. (B)を加えてひと混ぜし、味を調える。シナモンパウダーはお好みでかける。
プロフィール紹介
prof_yukie_isomura

磯村 優貴恵さん

管理栄養士・料理家

大手痩身専門のサロンにて管理栄養士としてお客様の体をサポート。具体的な料理提案の必要性を感じ、飲食店の厨房にて約3年間の料理修行を行う。特定保健指導を経て独立。現在は、子供から大人まで家族みんながおいしく食べられて健康になれるよう、茶道教室の茶事講座にて茶懐石の献立提案~調理を行うほか、レシピ・商品開発や執筆、食育講演など幅広く活動中。

大手痩身専門のサロンにて管理栄養士としてお客様の体をサポート。具体的な料理提案の必要性を感じ、飲食店の厨房にて約3年間の料理修行を行う。特定保健指導を経て独立。現在は、子供から大人まで家族みんながおいしく食べられて健康になれるよう、茶道教室の茶事講座にて茶懐石の献立提案~調理を行うほか、レシピ・商品開発や執筆、食育講演など幅広く活動中。

提供元:有限会社九南サービス 掲載日:2021/03/25