スキンケア大学 ヘルスケア大学 メンズスキンケア大学

大地を守る会

インタビュー

「安心・安全」を当たり前にするために

(スキンケア大学)  衣・食・住とライフスタイルを取りまく幅広い商材を扱われていますが、「大地を守る会」とはどのような会社なのでしょうか。

(栗本様)  現在の形に至るまで、事業としては1975年のNGOから始まります。
当時は大量生産・大量消費という時代の流れがあり、農薬や化学肥料を使用して効率化は図れたものの、同時に土壌汚染や生産者の農薬使用によるリスク(農薬公害)が問題視されるようになり、食の安全が強く叫ばれていました。

弊社代表が、安心して野菜を食べたいと考える方のため、そして手をかけて無農薬野菜を育てる生産者のため、取り扱ってくれるお店を探してみましたが、通常の野菜よりも2〜5割増という価格面がネックとなり、販路はなかなか拡大しませんでした。
そこで、自らが流通させないといけないと立ち上がり、団地の引き売りから始め株式会社を設立し、現在の宅配・ウェブストアなど形を変えながら現在に至っています。

わたしたちが社会的な課題を解決するためにミッションを3つ掲げています。
「日本の第一次産業を守る」「人々の生命と健康を守る」「持続可能な社会の創造」です。

そのためにも、農家と共に技術を高める努力を続け、できる限り農薬に頼らず作った野菜をお届けしています。また、加工食品も添加物不使用、畜産物の飼料も遺伝子組み換え不使用というような、安心できる食材を提供しております。

野菜づくりにおいては、土壌消毒を禁止、除草剤も基本不使用にし、国で許可されている農薬でも毒性の強いものは禁止するなど独自基準を定めています。これを毎年農家のみなさんと共有することで、安全性が担保できています。取り扱い商品のうち、野菜は約75%が農薬不使用のものを提供できているのも、提携する農家のみなさまの努力のおかげです。

(スキンケア大学)  現在ではどのような方がご利用されていますか?

(栗本様)  出産前後になりますと、食の安心・安全への関心高まる時期ですので、会員の方は30~40代が最も多く、続いて50〜60代の方で、食材へのこだわりや生産者を応援したいということでご利用いただいております。
現在、宅配会員が9万7千人、ウェブストアもあわせると19万4千人の利用者の方がいらっしゃいます。(平成25年12月現在)

食品から化粧品、そして住宅事業へ

(スキンケア大学)  雑貨類のなかで興味深いのがオリジナルの化粧品「ubusuna」です。こちらについて詳しく教えてください。

(栗本)  もともとは、「オリザレート」という日本酒を原料にした、自然素材のオリジナル化粧品を扱っていました。しかし、アルコールを使用していることで、使い心地がさっぱりとしており、もう少ししっとりしたものが欲しいというご要望が多くありました。

そのような会員のみなさまの声をきっかけに、新たな商品を開発することになりました。その際、キュウリやショウガ、トマト、ニンジンなど、大地を守る会の契約生産者の作った自然由来の原料を主原料に使用することにしたのです。

会員のみなさまからは、しっとり系と言いつつ、そこまでべとつかないところが好評なようですし、安全面でも信頼していただいております。

(スキンケア大学)  また、住宅事業も行っているそうですが、どのようなものなのでしょうか?

(栗本)  衣食住といわれるように、住宅にもきちんと取り組みたいとう思いから、安心できる素材を使った住宅を販売することになりました。
しかし、「自然住宅」という言葉の国の基準がないため、私たちでは安全な住宅を提供するために、いくつかこだわりを持って取り組んでいます。

木材には、集成材や合板は使用せず、防腐、防カビ処理をしていない国産の無垢材100%で作るようにしました。もちろん断熱材、塗り壁、畳も全て自然素材にこだわっています。
住む人の安心・安全はもちろん、国内の林業を守りたいと考えています。

2013年までの累計で、一戸建てが100棟以上建設されましたが、それ以外にもリフォームの事例も増えています。壁紙の張り替えなど簡単なリフォームから行っています。
基本的には宅配会員の方向けに営業をしているのですが、シックハウスなどの健康被害に悩まれているケースもありますので、とても興味をもっていただいております。

価値のある食事をわたしたち自身がつくり出す

(スキンケア大学)  食材宅配のなかで、女性に人気が高くオススメのものがあれば教えてください。

(栗本)  週替わりで、定期便というものをつくっているのですが、そのなかでもスムージーコースは若い女性の方に多くご利用いただいております。スムージーをつくる際、皮の部分を使うことも多いので、農薬に頼らず育てた当社の野菜ならば安心して作ることができるのだと思います。

現在、予防医療コンサルタント 細川モモさんとコラボレーションをして、食生活の崩壊が懸念されている中で食事や栄養の話について情報配信をしています。

(スキンケア大学)  みなさまにメッセージをお願いします。

(栗本)  有機野菜や無添加の安全な食材が、現在非常に注目されています。もちろん健康のためには、良いものを選ぶことは大切なことですね。
私たちは、良いものを作るだけではなく、生産者と一緒に環境にも配慮したものづくりに取り組んできましたし、これからも続けていきたいと考えております。
生産者が、地球のためにこだわって育てたものを選ぶということも、みなさんにとって価値のある食事になると思います。
食べることでも、生産者の応援になりますので、ぜひご利用いただきたいと思います。

大地を守る会 企業情報

自然環境と調和した、生命を大切にする社会の実現をめざし、1975年に設立のソーシャルビジネス(社会的企業)。安全・安心とおいしさにこだわった農・畜・水産物、加工食品、雑貨等をお届けする宅配サービス他を運営しています。
現在、利用者数は約19万4千人、生産者会員は全国に2,500人(2013年12月末現在)。
2013年3月に株式会社ローソンと提携し、ナチュラルローソン等での野菜販売を展開中。
2013年12月には「日本の原風景・里山の棚田米」がフード・アクション・ニッポン アワード2013商品部門最優秀賞を受賞するなど、社会的企業として事業に取り組む。

大地を守る会のサイトへ

大地を守る会

ビューティーサポーターズ

ビューティーサポーターズニュース

更に最新記事を見る

閉じる

参加企業